人気ブランドや上級者向けまで
ピントルのクロスバイク専門ページ

>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello

クロスバイク用のおすすめサドルの選び方

クロスバイク用のおすすめサドル

クロスバイクに乗り始めて、すぐに感じる事が「お尻が痛い!」という事だったりします。普段乗っている自転車よりもサドルが硬いのもあり、サドルを変えたい人も多いでしょう。しかし何を基準にクロスバイクのサドルを選ぶべき?って事で、選び方を紹介します。

スポンサーリンク

お尻が痛い人向けクロスバイク用おすすめサドル

お尻が痛くならないクロスバイク用サドルならSELLE SMP一択!

現在の価格はコチラ

クロスバイクに乗っている際のお尻の痛みや、前立腺への圧迫等を極限まで減らし、人間工学に基づいたデザインで、サドル界の頂点を極めた人気の逸品です。

便利なクロスバイク用おすすめサドルポスト

サドルがクロスバイクの空気入れになっちゃう最新アイテム!

現在の価格はコチラ

上記のサドルと合わせて買っておきたい人気のタイヤポンプシートポストは、サドルを支えるシートポストがそのまま空気入れとなる非常に便利な逸品です。クロスバイクに使用すれば、家に空気入れを置いておく必要も無くなります。

スポンサーリンク

クロスバイク用のおすすめサスペンション付きサドルポスト

地面からの突き上げショックを吸収するサスペンション付きのサドルポストもおすすめ!

現在の価格はコチラ

地面の段差やマンホールといった、街乗りでも気になる地面からの衝撃と言うのは、いくら柔らかいサドルと言えどショックを吸収することは難しくなります。

そこで便利なのがサスペンション付きのポストをクロスバイクに取り付ける事で、お尻の痛みを大幅に軽減させる事が出来るため多くのクロスバイク乗りが愛用しています。

>>クロスバイクのメンテナンスに必要な物まとめ

正しいクロスバイク用サドルの選び方とは?

人間のお尻の形というのは千差万別なため、どの人にも相性抜群!というサドルはありません。先ほど紹介したサドルであれば、大抵の人は快適にクロスバイクを楽しむ事ができるのですが、自分にピッタリあったサドルと言うのは、サドルの選び方を知っておかなければ見つけられません。

そんなクロスバイク用サドルの選び方で重要なのが、サドルのサイズと、サドルの角度です。クロスバイクを快適に乗る為にも、まずはサドルの選び方について知っておきましょう。

>>クロスバイクで尻や股が痛いときの改善&対策方法

クロスバイク用サドルの選び方

クロスバイク向けサドルのサイズの選び方

のんびりとクロスバイクに乗っていて快適なサドルのサイズの言うのは幅広の物です。サドルのサイズが大きければ、それだけ体重がサドルの上で分散される為、お尻や股のあたりの一点だけに負荷がかかって痛いという事が少なくなります。

しかし幅が広くなれば、それだけクロスバイクを漕ぐ際にサドルが邪魔をするため、漕ぎ難くなったり、漕いでいるとサドルに足が当たって痛くなる場合があります。

クロスバイクに乗っていて、太ももの裏当たりが痛くなるという人は、使用しているサドルの幅が広い可能性があるため、幅の狭いサドルを選びましょう。

しかし一般的には、ハンドルとサドルが同じ程度の高さにくるクロスバイクの場合、ロードレーサー等と比べて幅広のサドルを選ぶことが適切とされています。

クロスバイク向けサドルの角度の選び方

快適にクロスバイクを乗る為に重要なサドルの角度と言うのは、上の画像のように、角度Aと角度Bの部分に注目する事が大切となります。サドルの角度Aが鋭角過ぎる場合、速い回転で漕げば足が接触し痛みの原因となります。

しかし、サドルにどっしり座ってクロスバイクを漕ぐなら、角度Aはキツい方が快適です。また角度Bが鋭角であれば、ペダルを漕ぐ際の足の動きを妨げないため快適に走れますが、体重が分散されにくいため、お尻や股のあたりが痛くなりやすいという事もあるでしょう。

>>クロスバイクの正しいサドルの高さや前後位置

クロスバイクのサドルの種類とは?

サドルというのはクロスバイクの乗り心地を左右する非常に重要なパーツと言えます。競技用自転車では、その競技に合わせて様々なサドルが開発されている事からも、クロスバイクとサドルの関係性は切っても切れない物と言う事が出来るでしょう。

サドルの種類というのも挙げ出したらキリが無い程の種類が存在していますが、ここではクロスバイクのサドル選びに重要な、おすすめの人気サドルを紹介します。

クロスバイクにおすすめのジェルサドル

最も一般的なクロスバイク用のサドルで、クロスバイクの定番と言えるサドルです。ウレタンなどの高分子化合物を使用したジェルが入ったサドルで、扱いやすい特徴があります。またクッション性も高いため、のんびりとクロスバイクに乗る人ならこのサドルがおすすめです。

現在の価格はコチラ

 

クロスバイクにおすすめのスプリットサドル

お尻を乗せる部分が二つに分割され、正面から見た時に『V』に見える形のサドルは、クロスバイクを漕ぐときの足の動きに連動してサドルが動くように作られている物です。

どちらかというと競技色が強いのですが、通勤などでしっかりペダルを漕ぐ人などは、クロスバイクにスプリットサドルを付けて乗っている人も多く非常に人気です。

現在の価格はコチラ

 

クロスバイクにおすすめのカットアウトサドル

長距離をクロスバイクでサイクリングしたりする人から、街乗りだけの人まで人気のサドルで、サドルの中心部分に穴があいているため、尿道や会陰を圧迫しにくく快適にのれるサドルです。

街乗り中心のマウンテンバイクユーザーから、サイクリング好きのクロスバイクユーザーまで、幅広い人に使用され、長時間の使用でも痛くなり難いという特徴をもったサドルです。

現在の価格はコチラ

 

クロスバイクにおすすめの女性向けサドル

骨盤から股にかけて男性と女性では大きく特徴が違うため、女性は専用サドルの使用が好まれます。男性と比べて大きな骨盤を支えやすい幅広構造に、会陰を圧迫しにくいように凹みが作られていて、また、可愛らしい色合いや模様が付いているというのも特徴です。クロスバイクに使用する場合は、街乗りに向いているカットアウト系のサドルが良いでしょう。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello