人気ブランドや上級者向けまで
ピントルのクロスバイク専門ページ

>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello

クロスバイクのチェーン交換や調整と洗浄方法

クロスバイクのチェーン交換

クロスバイクのメンテナンスで最も重要なことのひとつ「チェーン」。ここでは、チェーンの交換時期や交換方法、チェーンのメンテナンスについてご説明します。雨に濡れるだけでも簡単に錆びてしまうチェーンはこまめなメンテナンスが重要です。しっかりとチェーンに関する知識を覚えましょう。

スポンサーリンク

クロスバイクのチェーンの交換時期について

チェーンを交換する時期やタイミングはいつ頃?

クロスバイクのチェーンの交換時期を見極める方法は2つあります。ひとつは、「走行距離」です。一般的にチェーンの寿命は、5000kmといわれています。しかし、チェーンの太さ(細いほど寿命は短い)や乗り方にもよりますので3000km~5000kmと考えましょう。

チェーンは使用するほどに伸びていきますので、適切なタイミングで交換しなければ、スプロケットやチェーンリンクの摩耗に悪影響を与えてしまいますので、このくらいの距離を走行したら交換したほうが良いでしょう。

もうひとつのチェーンの交換時期を見極める方法は、「チェーンの伸び」を確認する方法です。まずチェーンをチェーンリングのアウターにひっかけ、時計の三時の場所にあるチェーンを掴み、水平に引っ張ります。この時、チェーンとチェーンリングの刃先の間にどの程度の隙間ができるかどうかで判断します。

向こう側が見えるほどに隙間ができていれば、伸びていますので交換が必要です。ただ、新品の状態でも少しの隙間はできますので、最初の状態を確認しておくと後々の判断がしやすいでしょう。

チェーンの交換の方法

ご自身でチェーン交換間を行う方法を簡単にご説明します。経験のない方は難しく感じるかもしれませんが、「チェーン外し」を使えば簡単に行えます。

チェーンはアウターリンクとインナーリンクで構成されており、切断は進行方向前側のチェーンのアウターリンクから、コネクティブピンを抜きます。「チェーン外し」をガイド部分にチェーンを載せ、バーを回転させながらチェーンピンを抜いていきます。ピンが抜けたらバーを逆回転させて工具をチェーンから抜き外します。これでチェーン切断は完了です。

次に、新品のチェーンと交換します。チェーン購入の際には「」にご注意ください。幅を間違えると装着することが出来ません。まずチェーンを使いたい長さにカットします。最適なチェーンの長さはディレーラー(変速機)の説明書に記載してありますのでご確認ください。

カットした後は、ディレーラー(変速機)にチェーンを通します。この時プーリーとケージの部分を通し忘れないよう注意してください。また、クランク側はインナーギアの内側にチェーンを落とすと結合に作業が楽になります。チェーンを通し終えたら、結合部分にチェーン付属のアンプルタイプコネクティクピンを差します。

ここでチェーン外しにチェーンをのせ、切断時と同様にピンを押し込みます。ピンを半分ほど押し込めたら、工具を外し、余分なピンを切断します。これでチェーン交換は完了です。

>>クロスバイクのメンテナンスに必要な物まとめ

お店でチェーンの交換をする値段(工賃)の目安

チェーン交換をお店に依頼すると、チェーン代金は別でだいたい1000円~2000円程度です。チェーン本体の価格はピンキリですので、メーカーや品質によって様々です。ご自身のクロスバイクにあったチェーンを選びましょう。末永くクロスバイクを乗り続けるのであれば、工具を揃えて自身でチェーン交換を行えるようになったほうが良いと思います。

クロスバイクのチェーンの調節と洗浄方法

チェーンの長い短いを調節する方法

チェーンの微調整は、車軸後部のチェーン引きナットを締めたり緩めたりすることによって行います。締めすぎた場合は、大きく緩めてからもう一度締めるように調整します。調整時には、水平フレームとリムの隙間を確認して、左右均等に調整します。

チェーンの洗浄はパーツクリーナーで!

チェーンの洗浄はクロスバイクのメンテナンスの重要項目です。洗浄にはいろいろな方法がありますが、「パーツクリーナー」が便利です。これは、車のコイン洗浄のように簡単にチェーンを洗浄することが可能です。ペダルを回すだけでたくさんのブラシがチェーンをひとつづつ中まで洗浄することが出来ます。

チェーンの注油方法と、おすすめオイル

クロスバイクのパーツで最も汚れるのがチェーンです。雨でぬれるだけですぐに錆びてしまいますので、洗浄と同時に注油も重要なメンテナンスです。洗浄をこまめに行えない方でも、注油だけはこまめに行うことをお勧めします。

注油方法はオイルの種類にもよりますが、ぼろ布にオイルを染み込ませてから、チェーンをなでるように、チェーンを回転させながらまんべんなくオイルを塗っていきます。

スプレータイプのオイルであれば、チェーンを回転させながらオイルをかけた後にボロ布で余分なオイルをふき取ります。これで注油は完了です。

スポンサーリンク

クロスバイクにチェーンカバーやチェーンガードは必要?

初心者にオススメのチェーンガード

チェーンへのズボンの裾巻き込み防止のために付ける部品を「チェーンガード」といいます。クロスバイクには標準装備されていることも少なくありません。

ズボンの裾の汚れ防止や、裾を巻き込んでチェーンが外れないようにするためにも、つけておいたほうが便利です。しかし、チェーンガードを付けたからと言って完全に裾の巻き込みを防止できるわけではありませんので、アンクルバンドを併用することをお勧めします。

初心者にオススメのチェーンカバー

チェーンカバーはチェーンガードより大きく、チェーン全体をカバーする部品です。チェーン全体を保護するため、チェーンガードよりも裾の巻き込み防止には役立ちますが、クロスバイク等のスポーツ自転車にはあまり付けられていません。

その理由は、スポーツ自転車は軽快な走行を目的として作られていますので、車体が重くなるような装備は敬遠されるためです。チェーンカバーを取り付けるのであれば、「チェーンガード」+「アンクルバンド」を併用する方がおススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello