人気ブランドや上級者向けまで
ピントルのクロスバイク専門ページ

>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello

クロスバイクの購入に必要な予算の目安

クロスバイクの予算の目安

自転車と言えば安いママチャリで1万円以下、ちょっと高級な物で3万円。この程度が一般的な相場とされていますが、クロスバイクを探して見ると、高いもので50万円以上!?聞いた事のないブランドでも5万円近い金額。

価格の開きもあって、どの程度の予算を準備するべきなのか迷いますし、安物買いの銭失いとならないためにも、目安は知っておきたい所です。

スポンサーリンク

クロスバイクを買うなら予算は10万円が目安!

クロスバイクの予算

決して安い買い物ではないクロスバイクですから失敗しないためにも見た目、性能、所有欲、全てに満足出来る一台を購入したいところ。とはいっても、競技用の自転車を選んだ事の無い人からすれば、どの程度のクロスバイクを選べば良いのか困ってしまう事でしょう。

そこで、クロスバイクの本体価格で目安を付けるとするのであれば、10万円から6万円までの価格帯で、気に入った見た目の物を選びましょう。ブランドも、当サイトで紹介しているメーカーであれば大丈夫です。

10万円という予算が高いのか安いのかは人によって違うと思いますが、競技向けスペックの自転車であれば、かなり安い部類であります。しかし最低限の機能はしっかりと持っているのが6~10万円台なため、週末のサイクリングも、改造も、通勤通学も使える一台となります。

クロスバイク以外にも必要な物があるので注意!

予算は10万円!と言いましたが、コレはクロスバイク本体の予算です。実際に何も無い状態からクロスバイクを購入するという初心者なら、『空気入れ』『カギ』『ライト』『簡易的な工具』など必須の物から、人によっては、荷台や自転車のスタンドといった物まで必要なため、クロスバイクの予算10万円と付属品に3万円程度が必要となります。

クロスバイクはママチャリ用の空気入れが使用出来ない事と、ライトやスタンドが標準で搭載されていないため購入が必須ですし、盗難率はママチャリと比べると圧倒的に高いため、堅牢な鍵が必須。

クロスバイク購入時に合わせて買うべき定番品をまとめてあるので、コチラのページもチェックしておく事をおすすめします。

>>クロスバイクと一緒に買っておきたい定番グッズ

クロスバイクを購入した約70%の人が1年以内に2台目を所有

某サイクルショップに質問した所、クロスバイクを購入した人の70%が、そこから1年以内に何かしらの競技向け自転車を一台購入しています。

クロスバイクの購入によって自転車の楽しみを知る事で走る楽しさと、自転車をいじる楽しさにのめり込んでいく人が多く、20万円以上するロードレーサーを購入したりMTBを購入したりと、何かしら2台目の自転車を購入するという人が多いという結果が出てます。

”自転車”とひとくくりに言っても様々な種類が存在していますから、まずは10万円程度のクロスバイクで、自転車を楽しむのがおすすめです。

>>自転車の種類とその特徴

クロスバイクを買った人に多い『2台目はロード!』

先ほど、クロスバイク購入者の70%が1年以内に2台目を購入すると、紹介したのですが、そのうちの半数以上がロードを購入しています。その多くは「ロードレーサーに抜かれて悔しかった」という意見(笑)。確かにクロスバイクは速いですが、ロードレーサーとは雲泥の差です。

何せ、レースをする為に作られた自転車ですからそれもそのはず。『じゃあ最初からロードタイプを買うべき?』と思う人も居ますが、メンテナンスも大変ですし、気軽に乗る事も出来なくなってしまいます。

さらにロードレーサーは耐久性も低く、路面の段差にも弱いのです。歩道の段差でパンクしてしまうという事もあったりと面倒が多いので、まずはクロスバイクを購入するというのがおすすめと言えます。

>>クロスバイクとロードバイクの違いは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello