人気ブランドや上級者向けまで
ピントルのクロスバイク専門ページ

>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello

クロスバイクの値段の違いとは?

クロスバイクの値段の違いとは?

一般的なママチャリなら1万円前後の値段で購入することが可能ですが、クロスバイクとなると5万円以上する車種が入門用とされていたり、高価なクロスバイクともなれば40万円~50万円なんて車種もありますし、ロードレーサーバイクだったら200万円近い物も当たり前に存在します。このクロスバイクの値段の差というのは、どこに出るのでしょうか?

スポンサーリンク

使われている素材がクロスバイクの価格差

使われている素材がクロスバイクの価格差

クロスバイクの金額の差に、最も影響を及ぼすのが使われている素材。フレーム(ボディ)やフォークといった部分の素材がかなり影響します。

>>クロスバイクに使われる素材について詳しくはコチラ

現在であれば、マグネシウムやカーボンは先進素材ですから高価です。もちろん、純金などで作ったりしたらさらに高価になるでしょう。実際の所クロスバイクには「軽くて柔らかくて剛性のある素材」という、ある種矛盾している素材が理想とされ、それに近い物が使用されます。

そこに、加工コストや、量産体勢や、輸送コストと言った物が加味され、高価なクロスバイクと安価なクロスバイクに別れてくる訳です。アルミのクロスバイクは3万円、カーボンは40万円、なんて差もつきます。

クロスバイクに搭載されているパーツの価格差

クロスバイクに搭載されているパーツの価格差

初心者は意外と知らないクロスバイクに搭載されるパーツの値段。ブレーキやギアと変速機、さらにペダルを繋ぐクランクやホイールは、それぞれにブランドやグレードがあり、これらが結構高額なのです。

超高額なレース用ロードバイクなどではボディだけの販売もしています。たとえばタイヤもペダルも全部込みで200万円近くするロードバイクをフレーム(ボディ)だけ購入しようとしたら60万円程度だったりもします。

つまり自転車の価格の約70%近くがパーツの値段と言う事になります。また低価格帯の自転車に取り付けられているブレーキレバーと、高価格帯の競技自転車向けプレーキレバーの価格差も4万円近くあり、その性能や安定感、そして使用感がクロスバイクの価格差に出るのです。

自転車のブランドはクロスバイクを組み立てているだけ!?

結構知らない人もおおいようですが、自転車のブランドというのは、基本的にフレーム(ボディ)の設計と販売を行っているだけです。クロスバイクに搭載されているブレーキもホイールもギアもほぼ全てのパーツは、クロスバイクのブランド以外の所が作ってます。

パーツで有名なブランドなら『シマノ』『カンパニョーロ』『スラム』。他にもハンドルやホイールなどに特化したブランドも存在しています。こういったパーツと自社のボディを組み合わせて販売しているのです。

今年の『ジャイアント エスケープ R3』を例にして解説

フレーム(ボディ)はもちろんジャイアントが制作しているアルミ製。しかしフロントフォークはクロモリ製と素材を変えています。変速機関係はシマノのブランドを使用しているのですが、クランクはプロウィールとあまり有名ではないブランドの物です。

ホイールはジャイアントが自社制作し、コストダウンを計っています。と、このようにしてユーザーに合わせたた性能と価格の自転車を様々なブランドのパーツを使用して組み立てて販売しています。

スポンサーリンク

値段の違うクロスバイクはそんなに変わるの?

クロスバイクの金額

変わります!高いクロスバイクというのはやっぱり違います!ですが、クロスバイクの違いを『どちらが速いのか』という観点でみていれば、ハッキリ言ってそれほど違いはありません。

エンジンの違いが速度の違い

F1のマシンと普通の車、どちらが速いかなんてのは一目瞭然。しかし「速度」だけならジェットエンジンを積めば市販車が勝ちます。そこにレギュレーションがあるからこそ、F1が高価なのは理解できます。

自転車の場合エンジンは自分自身になってきますから、1000万円の自転車にのった私と、1万円の自転車にのったプロレーサーが自転車レースで勝負したら大差で私が負けるでしょう(笑)。そう聞くと、果たして高い自転車にそこまでの価値があるの?となります。

しかし、競技の世界では実力が肉薄しているレーサー同士が戦います。そこでギリギリの戦いをする訳ですから、自転車の開発も接戦です。そんな最新鋭の技術が搭載されているからこそ、F1も自転車も、競技用車両というのは超高額な価格になってしまう訳です。

しかし逆に言えば、実際のレース車両が買えるというのは魅力です。F1マシンは約7億円です、買えませんし、乗れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello