人気ブランドや上級者向けまで
ピントルのクロスバイク専門ページ

>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello

超おすすめ!コスパ最強の業界最安値クロスバイク

業界最安コスパ最強クロスバイク

有名ブランドのクロスバイクを買おうとすると予算をオーバーしてしまって困ると言う人。実は一流ブランドのパーツを使用していながらも、超低価格のクロスバイクがあるのです。そんな初心者に超おすすめなコスパ最強の業界最安値クロスバイクをこっそり紹介します。

スポンサーリンク

通常価格から56%オフの業界最安値クロスバイクとは?

通常価格から56%オフの業界最安値クロスバイクとは?

一般的には「安いクロスバイクは質が悪い」なんて言われたりもしますが、クロスバイクのフレームの価格と言うのは1gを削っただけで1万円近く値段が変わります

レースに出るのであれば、その1gの軽量化が勝敗の分かれ目となる事もありますが、通勤に使用するクロスバイクであれば、フレームの重量は平均点をクリアしていればOK。

そこで我々はクロスバイクに使用されているパーツや乗り心地を中心に調査した結果、業界最安値クラスの低価格でありながら、素晴らしいクロスバイクを発見しました。

そんなクロスバイクの専門サイトである当サイトが初心者に最もおすすめするのは、【DREADNOUGHTのDN8001】と呼ばれる高品質で低価格なクロスバイクです。

低価格でも高品質なクロスバイクの条件とは?

低価格でも高品質なクロスバイクの条件とは?

コスパの高いクロスバイクの条件というのは、通勤に特化されたクオリティーである事。有名ブランドのクロスバイクというのは自転車レース等のノウハウが流用されていますが、田舎から都会まで日本の路面や歩道の走行について考えられたクロスバイクではありません。そのため、通勤や通学で快適なクロスバイクとなると良いクロスバイクの条件が変わります。

低価格クロスバイクはアルミフレームである事が重要

安くて質の悪いクロスバイクの多くはクロモリ(クローム・モリブデン)フレームです。つまり”鉄”で出来たフレームなのですが、これは非常に重量が重くて快適ではないのです。しかし、粗悪な自転車メーカーは「しなやかな乗り心地が魅力的」なんて宣伝しています。

たしかに、クロモリフレームはしなやかなため、デイリーユースなロードバイクに使われますが信号待ちでストップ&ゴーなどの漕ぎ出しが多い通勤通学ユーザーが使用するとなれば、クロスバイクは少しでも軽い方が良いため、アルミフレームである事は絶対条件です。

アルミフレームのクロスバイクとクロモリフレームのクロスバイクでは、フレームの重量だけでも2倍近く変化してしまうため、低価格でもアルミなのは魅力です。

低価格クロスバイクはフロントのサスペンションが重要

レースシーンのノウハウや、海外の街中事情から作られている有名ブランドのクロスバイク。そうなると必然的に「自転車は車道を走るもの」というのが当たり前となっています。しかし日本では、まだ車道だけでなく歩道をクロスバイクで走ると言う事も多々あるでしょう。

段差だらけの日本の街を快適に走るにはクロスバイクにフロントのサスペンションが重要です。低価格なクロスバイクにも関わらずフロントサスペンションを搭載しているのは、自転車業界でもこのクロスバイクだけと言っても過言ではありません。

低価格クロスバイクは700C×25Cのサイズのタイヤが重要

自転車の速度に最も大きな変化を与えるパーツというのは、実はタイヤだったりします。タイヤが大きくて細ければ、ママチャリとは比べ物にならない速度が出るのです。

クロスバイクに使われるタイヤは大きく分けてMTB用のタイヤとロード用のタイヤがあり、粗悪な低価格クロスバイクには、ママチャリに使われるタイヤを流用する場合もあります。

その中で、業界最安値クラスの価格でありながらロードタイヤ(700C×25Cサイズ)を使用し、ロードレーサーの様な高速巡航を可能にしているこのクロスバイクは非常に優秀です。

スポンサーリンク

低価格で高品質なクロスバイクはDN8001だけ!

低価格で高品質なクロスバイクはDN8001だけ!

クロスバイクとして必要な機能は全て備えていながらも35,000円を切る価格で手にはいる。そんなクロスバイクは世界広しといえども自転車通販専門店マルスマートだけでしょう。

他にもこのクロスバイクがおすすめなポイントは、名門シマノのコンポーネントを使用していたり、今流行のカラーリムを使っていて非常に格好よかったりと様々な部分があるのですが、DN8001の詳しいスペックについては、専用のサイトを見る事がおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello