人気ブランドや上級者向けまで
ピントルのクロスバイク専門ページ

>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello

激安おすすめクロスバイクと購入時の注意点

激安クロスバイクと注意点

クロスバイクを購入する際に注意したいのが、価格です。もちろん少しでも安く購入したいところですが、安い物にはそれなりの理由があります。ここでは、激安店のクロスバイクを購入する際や、通販、中古で購入する際の注意点をご説明します。安物買いの銭失いにならないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

激安クロスバイクには注意が必要!?

激安クロスバイクには注意が必要!?

激安店のクロスバイクはなぜ安いのか

量販店などで売られているクロスバイクは、非常に安価なものが多数あります。量販店のプライベートブランドの物や有名自動車メーカーの物などが代表的です。では、これらのクロスバイクがなぜ安いのかといいますと、各部品の性能が低いからです。

一流メーカーの部品は、高性能なブレーキや耐久力の強いタイヤ、頑丈な作りのステンレスリムなど、良質なパーツが使用されています。しかし、量販店で激安販売されているなんちゃってクロスバイク(ルック車)は、その値段ゆえに、素人では分かりにくい部分のコストを下げ、クオリティや耐久力の低いパーツで構成されています。

それゆえ、性能が低い代わりに安いというのが激安店のなんちゃってクロスバイクです。性能が低く、壊れやすいため、おススメは出来ません。安物買いの銭失いになりかねません。

もちろん、一流メーカーの在庫処分品などの良質で安いクロスバイクであれば問題ありません。どうして安いのかをしっかり見極めて購入しましょう。

クロスバイクの激安通販には注意!?

クロスバイクをインターネットで購入する際は、現行の車種であればほぼ手に入れりことが出来ます。価格も店頭で買うより安いことが多いため、メリットの大きい買い方の一つです。しかし、通販で購入する売位に注意しておきたいことは、送料が意外と高い点と、メンテナンスを自分でしなければならない点です。

中にはメンテナンスの相談を受け付けているショップもありますので、価格以外の点も考慮して選ぶようにしましょう。また、通販の最大の注意点は、組み立てです。通常、メーカーから販売店へ自転車が納品される際は、7割から9割程度組み立てられた状態で納品されます。そこから販売店が組み立て、購入者へ納車する仕組みです。

それゆえ、通販でクロスバイクを購入すると、自分で組み立てなければなりません。完成車を配送してくれるショップもありますが、やはり調整は必要ですので、組み立てや調整の自身が無い方は、店頭での購入をお勧めします。

激安クロスバイクの中古の注意点

クロスバイクを中古で購入する際に最も注意しなければならない点は、「メンテナンス状態」です。中古のクロスバイクを販売している業者のなかにも、きちんと仕入れたクロスバイクを整備・メンテナンスしてから販売する業者もあれば、仕入れた状態でそのまま販売するところもあります。

それに加え、前の所有者がどれだけメンテナンスを行っていたかによっても状態は変わってきます。クロスバイクのメンテナンスの基本は、磨いていたか(掃除)と注油です。この2点を怠っていたクロスバイクですと、どうしても状態が悪くなりますので、いくら安かろうと購入はお勧めできません。

また、フレームに目が行きやすいですが、ここは磨きやすく、すぐにキレイになるのであまり参考にはなりません。問題は、チェーンやカセットスプロケットのサビなどの細かい点です。

特に中古のクロスバイクをネット等の通販で購入しようとする際は、この細かい点まではチェックしずらい状況です。中古でクロスバイクを購入する際は、信頼できるお店での購入がおススメです。

激安だけど質の良いクロスバイクならコレ!

LIG(リグ)のCR-7006

通販で激安のクロスバイクをお探しならコチラのクロスバイクがおススメです。最初にお伝えしますが、通販のため組み立てと調整を自身で行う必要があります。煩わしいと感じる方は店頭での購入をお勧めします。

こちらのクロスバイクは、2万円ちょっとの価格でありながら、クロスバイクとして一定の性能を誇っています。重量も12キロと比較的軽量であり、シマノの変速機も搭載されています。低価格でクロスバイクを試してみたい方にはおススメです。

スポンサーリンク

このクロスバイクなら組み立ても簡単です!

 Doppel Ganger(ドッペルギャンガー)のSanctum(サンクタム)

通販でお勧めのクロスバイク2台目はコチラです。非常にスタイリッシュな見た目で軽快な走りを楽しめるクロスバイクです。軽量のアルミフレームとシマノの21段の変速機搭載で、スポーツ車らしく軽快に走れます。

また、LEDライト・鍵・スタンドが標準装備されているので、組み立て後すぐに乗り回せます。組み立ても比較的簡単なため、万人におススメできるクロスバイクです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 買う前に知っておきたいブランド別の特徴 <<
クロスバイク人気ブランド:ジャイアント(Giant)とは?
ジャイアント
Giant
クロスバイク人気ブランド:ビアンキ(Bianchi)とは?
ビアンキ
Bianchi
クロスバイク人気ブランド:アンカー(Anchor)とは?
アンカー
Anchor
クロスバイク人気ブランド:ルイガノ(Louis Garneau)とは?
ルイガノ
LouisGarneau
クロスバイク人気ブランド:トレック(Trek)とは?
トレック
Trek
クロスバイク人気ブランド:キャノンデール(Cannondale)とは?
キャノンデール
Cannondale
クロスバイク人気ブランド:マングース(Mongoose)とは?
マングース
Mongoose
クロスバイク人気ブランド:コルナゴ(Colnago)とは?
コルナゴ
Colnago
クロスバイク人気ブランド:スペシャライズド(Specialized)とは?
スペシャライズド
Specialized
クロスバイク人気ブランド:ピナレロ(Pinarello)とは?
ピナレロ
Pinarello