目的に合わせたベストが見つかる!
ピントルの双眼鏡専門ページ

よく読まれるページはコチラ
双眼鏡の選び方
双眼鏡
選び方
コンサートにおすすめな双眼鏡
ライブ向け
おすすめ
スポーツ観戦におすすめな双眼鏡
スポーツ観戦
おすすめ
バードウォッチングにおすすめな双眼鏡
野鳥観察
おすすめ
天体観測におすすめな双眼鏡
天体観測
おすすめ

双眼鏡ケースのおすすめランキングと上手な選び方

おすすめ双眼鏡ケース

双眼鏡を買ったらまず用意したいのが双眼鏡を収める双眼鏡ケースなのですが、デザイン性と機能性を兼ね備え、自分のスタイルに合った双眼鏡ケースってなかなか見つからないですよね。

品数も少ないなかでおすすめしたい双眼鏡ケースと、その選び方について紹介していきますので参考になさってください。

スポンサーリンク

双眼鏡ケースを選ぶポイント

双眼鏡ケースを選ぶポイント

双眼鏡には付属のケースがついていることもありますが、別売りなことも多いです。そこで今回は双眼鏡を選ぶポイントを6つ挙げます。

  • デザイン
  • 双眼鏡ケースのタイプ
  • 全体のサイズ感、容量
  • 取り出しやすさ
  • 雨の対策
  • 耐久性

デザイン

やはりデザインはこだわるべきところでしょう。双眼鏡はバッグにしまうこともできますが、ベルトに装着することもできます。そうなるとデザインは自分好みでオシャレな物を選びたいですね。素材については革もあればストレッチする素材もあります。

双眼鏡ケースのタイプ

双眼鏡ケースにはハードタイプとソフトタイプがあります。大型の双眼鏡ではハードケースが多いですが、小型の持ち歩く双眼鏡に関してはソフトケースで、できればベルトに通せるものが良いでしょう。

全体のサイズ感、容量

双眼鏡は各機種で大きさが異なります。できれば双眼鏡にフィットしたサイズを選んだ方が良いです。カメラのように付属品は多くないのでコンパクトな物を選びます。

取り出しやすさ

双眼鏡は瞬時に取り出せた方が良いです。バードウォッチングでは珍しい野鳥が急に現れることがあります。そんな時に取り出せないとせっかくのチャンスを逃してしまうので取り出しやすさは重要です。

雨の対策

雨の日は防水でない双眼鏡は絶対に濡らしてはいけません。防水タイプの密閉性が高いケースなら急な雨でも安心です。

耐久性

長く使えた方が良いのはもちろんですが、落としてしまってもなるべく衝撃を吸収してくれるケースならなお安心できます。

双眼鏡ケースおすすめランキング:TOP5

上記を踏まえておすすめの双眼鏡ケースを5つピックアップしてランキングにしましたので選ぶ際の参考になさってください。

第1位:ニコン(Nikon) / CSSTB

現在の価格はコチラ

ニコンの14x40/12x32/16/32に付属している双眼鏡ケースです。タイプはソフトケースで持ち手があって大きめな双眼鏡の持ち運びにも便利です。

第2位:ヴァンガード(VANGUARD) / Endeavor400

現在の価格はコチラ

直接の双眼鏡ケースではありませんが、バードウォッチングなどに持って行きたいバッグです。レインカバーもついているので突然の雨にも対応できて安心です。

第3位:ニコン(Nikon) / CS8X42HGL

現在の価格はコチラ

ニコンの 8x42/10x42に付属しているケースです。こちらもタイプはソフトケースですが、持ち手はないのでバッグなどと併用しましょう。

第4位:ニコン(Nikon) / CH7x50

現在の価格はコチラ

大きささえ合えば使い勝手の良いハードケースです。肩掛けベルトなどは無いので持ち運ぶのには不便ですが、ケースは車の中に置いて中身だけ持ち運ぶと良いです。

第5位:ニコン(Nikon) / CSHG5X15D

現在の価格はコチラ

ニコンのHG7X15D/HG5X15D に付属しているケースです。観劇やコンサート用のコンパクトな双眼鏡を入れるのに便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
双眼鏡の選び方
双眼鏡
選び方
コンサートにおすすめな双眼鏡
ライブ向け
おすすめ
スポーツ観戦におすすめな双眼鏡
スポーツ観戦
おすすめ
バードウォッチングにおすすめな双眼鏡
野鳥観察
おすすめ
天体観測におすすめな双眼鏡
天体観測
おすすめ