目的に合わせたベストが見つかる!
ピントルの双眼鏡専門ページ

よく読まれるページはコチラ
双眼鏡の選び方
双眼鏡
選び方
コンサートにおすすめな双眼鏡
ライブ向け
おすすめ
スポーツ観戦におすすめな双眼鏡
スポーツ観戦
おすすめ
バードウォッチングにおすすめな双眼鏡
野鳥観察
おすすめ
天体観測におすすめな双眼鏡
天体観測
おすすめ

超軽量!コンパクトで高性能なおすすめ双眼鏡10選

コンパクト双眼鏡10選

双眼鏡は基本的に各スペックのバランスで性能が決まります。特に対物レンズの有効径が最も重要と言われるくらい大切ですが、対物レンズが大きい物は双眼鏡自体も大きいのが難点です。

オペラや観劇、ちょっとした散歩には大きさよりもポケットサイズが理想ですよね。そこで今回はコンパクトで軽量、スタイリッシュな双眼鏡を10個ピックアップしたので選ぶ際の参考になさってください。

スポンサーリンク

ニコン(Nikon) / 遊 (4X10D CF)

現在の価格はコチラ
  • 倍率:4倍
  • 対物レンズの有効径:10ミリ
  • 明るさ:6.3
  • 見掛け視界:38.6
  • 最短合焦距離:1.2メートル
  • 重量:65グラム
  • カラー:ホワイト、エボニーブラック、シャンパンゴールド、ワインレッド

コンパクト双眼鏡と言えばまず思い浮かべるのがニコンの遊でしょう。ニコン史上最軽量最薄となっており、視度調整機構を省いた作りのため細かな調整はできなくなっていますが、その分ピントと眼幅の調整のみで操作が簡単です。

明るさが少なめなので薄暗いところには向きませんが、ポケットに忍ばせておくには最適なサイズで、旅行や小規模のライブなどに最適です。最短合焦距離も短めなので美術鑑賞にもおすすめです。

>>ニコンの特徴や評判はコチラ

ニコン(Nikon) / ミクロン

現在の価格はコチラ
  • 倍率:6倍/7倍
  • 対物レンズの有効径:15ミリ
  • 明るさ:6.3/4.4
  • 見掛け視界:45.5/46.4
  • 最短合焦距離:2.0メートル
  • 重量:130グラム/135グラム
  • カラー:ノーマル、ブラック

デザイン性で他とは違う味を持つ有名なニコンのミクロンです。実用性よりはデザイン性を重視した作りとも言えます。では全然見えないのかと言うとそうではなく、そこはしっかりとしたメーカーのニコンなので安心できます。

こちらもポケットに忍ばせて旅行のお供や美術鑑賞などにおすすめです。

>>ニコンの特徴や評判はコチラ

スポンサーリンク

カールツァイス(Carl Zeiss) / Victory Compact 8×20

現在の価格はコチラ
  • 倍率:8倍
  • 対物レンズの有効径:20ミリ
  • 明るさ:6.25
  • 見掛け視界:―
  • 1000メートル視界:118メートル
  • 最短合焦距離:2.6メートル
  • 重量:225グラム

こちらはドイツのメーカー、カールツァイスの双眼鏡です。ポケットサイズの双眼鏡の中では高級な機種で、スワロフスキーと並ぶ有名機種です。対物レンズの有効径が20ミリなのにもかかわらず、かなり高性能なのも人気の理由です。

デザインも高級感あふれる作りで、まさにオシャレでコンパクトな双眼鏡の代名詞ともいえるでしょう。このスペックであれば明るい環境でのバードウォッチングやスポーツ観戦、旅行時にもおすすめです

スワロフスキー(SWAROVSKI OPTIK) / CL Pocket 8×25

現在の価格はコチラ
  • 倍率:8倍
  • 対物レンズの有効径:25ミリ
  • 明るさ:9.61
  • 見掛け視界:54.4°
  • 最短合焦距離:2.5メートル
  • 重量:345グラム

ポケット双眼鏡の最高峰とも言える双眼鏡で、そのスペックのバランスの良さを見てもまさに万能で、これ一つ持っていれば明るいところから薄暗いところの観察には困りません。

このスペックでコンパクトと言えるのは折りたたみが可能なためです。折りたたんだ状態はまさにコンパクトで、さらに防水機能も付いているので旅行やウォーキング、スポーツ観戦、バードウォッチングにもおすすめです。

>>スワロフスキーの特徴や評判はコチラ

ケンコー(Kenko) / プリアン 2.5×18

現在の価格はコチラ
  • 倍率:2.5倍
  • 対物レンズの有効径:18ミリ
  • 明るさ:51.84
  • 見掛け視界:15°
  • 最短合焦距離:1.5メートル
  • 重量:36グラム

ものすごく軽量で、とてつもなく安価なオペラグラスです。ガリレオ式の双眼鏡でプリズムが入っていないためここまで軽量になります。とても明るいので暗い会場の観劇でも肉眼と同じに見えますが、倍率が2.5倍なので用途は限られます。

安価なのでオペラグラスを使ってみたいという場合におすすめです。

>>ケンコーの特徴や評判はコチラ

スポンサーリンク

ビクセン(Vixen) / スケルトンオペラ 3×28

現在の価格はコチラ
  • 倍率:3倍
  • 対物レンズのサイズ(対角):28ミリ
  • 明るさ:―
  • 見掛け視界:―
  • 最短合焦距離:―
  • 重量:60グラム

こちらは折りたたみができる軽量コンパクト、安価なガリレオ式のオペラグラスです。性能はあまり期待できないですが、とにかく安価なのでオペラグラスを試してみたいという場合におすすめです。

>>ビクセンの特徴や評判はコチラ

ケンコー(Kenko) / Pliant 3x25

現在の価格はコチラ
  • 倍率:3倍
  • 対物レンズの有効径:25ミリ
  • 明るさ:―
  • 見掛け視界:―
  • 最短合焦距離:2メートル
  • 重量:59グラム

こちらも折りたたみができる安価なガリレオ式の双眼鏡です。とりあえずオペラグラスを試してみたい場合におすすめです。最短合焦距離も短いので美術館などにも使えるでしょう。

>>ケンコーの特徴や評判はコチラ

オリンパス(olympus) / 8×21 RC II

現在の価格はコチラ
  • 倍率:8倍
  • 対物レンズの有効径:21ミリ
  • 明るさ:6.8
  • 見掛け視界:50.4°
  • 最短合焦距離:3メートル
  • 重量:215グラム
  • カラー:ブルー、グリーン、マゼンダ

コンパクトで軽く、折りたたみができて防水機能もあるオリンパスの双眼鏡です。やや明るさが少ないですが、明るい環境で使えば問題ありません。コンパクトなわりには良いスペックなので、ポケットに忍ばせてウォーキングや簡単なバードウォッチング、スポーツ観戦におすすめです。

>>オリンパスの特徴や評判はコチラ

スポンサーリンク

ビクセン(Vixen) / ジョイフル H6×18

現在の価格はコチラ
  • 倍率:6倍
  • 対物レンズの有効径:18ミリ
  • 明るさ:9.0
  • 見掛け視界:48.0°
  • 最短合焦距離:2.5メートル
  • 重量:180グラム

こちらもコンパクトな双眼鏡です。大きくて重い双眼鏡には敵いませんが、コンパクト双眼鏡の安価な物の部類ではなかなかの見え応えです。薄暗くても見えるので歌舞伎や宝塚などの観劇におすすめです。持ち運びやすいので散歩や旅行のお供にも良いでしょう。

>>ビクセンの特徴や評判はコチラ

ミザールテック(MIZAR-TEC) / BOH-350

現在の価格はコチラ
  • 倍率:3倍
  • 対物レンズの有効径:25ミリ
  • 明るさ:69.4
  • 見掛け視界:―
  • 最短合焦距離:2.5メートル
  • 重量:185グラム

作りが少し弱いという意見が多いですが、デザイン性が他とは違い、ゴージャス感が溢れています。西洋のアンティークを思わせるその風貌は観劇中の手元を彩ってくれるでしょう。デザイン重視の方におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
双眼鏡の選び方
双眼鏡
選び方
コンサートにおすすめな双眼鏡
ライブ向け
おすすめ
スポーツ観戦におすすめな双眼鏡
スポーツ観戦
おすすめ
バードウォッチングにおすすめな双眼鏡
野鳥観察
おすすめ
天体観測におすすめな双眼鏡
天体観測
おすすめ