ダイエットからトレーニングまで!
ピントルのエアロバイク専門ページ

よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング

人気のリカンベント型エアロバイクおすすめランキング

おすすめリカンベント型エアロバイク

高齢者やリハビリを目的とする方に効果的なエアロバイクがリカンベントタイプのものになります。しかしいざ買おうとなるとどれを選んだらいいのか分からないことが多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは人気のリカンベント型エアロバイクおすすめランキングをご紹介したいと思います。

>>リカンベント型エアロバイクの選び方

スポンサーリンク

第1位:ダイコー / DK-8604R

現在の価格はコチラ

マグネット負荷方式を採用したエアロバイクになります。そのため静かでトレーニングもしやすくなっています。ハンドグリップ式心拍測定機能なので、簡単に心拍を測定しながら運動が出来るのも特徴です。

簡易温度計も付いているため現在の体調を見ながら運動でき、特に体調に変化の出やすい高齢者には嬉しい機能となっています。

なによりも価格が安く、高額になりやすいリカンベントの中では低価格の商品となっています。コストパフォーマンス、実用性を加味したうえで1位とさせていただきました。

>>ダイコーの特徴や評判

第2位:ダイコー / DK-8718RP

現在の価格はコチラ

ダイコー製の中でも性能の高いリカンベントタイプエアロバイクとなっています。自分で設定できる任意設定プログラムや、12個のランダム負荷プログラム・WATT・HRC・ユーザープログラムを装備し様々なパターンの運動を可能としています。

また時間・スピード・距離・カロリー・心拍数・WATT・負荷・RPMを表示と多くのデータを得られるのも特徴です。

ただ高性能なため価格も高めとなっており、コストパフォーマンスでDK-8604Rに劣るため2位に甘んじています。それでも性能だけなら十分に勝負できる商品です。

>>ダイコーの特徴や評判

スポンサーリンク

第3位:ホライズン / Comfort R

現在の価格はコチラ

足を大きく上げずに乗り降りできるステップスルー構造を採用しています。また背もたれが上半身をしっかりサポートし安定したぺダリングが可能となっているので高齢者やリハビリ目的の方にとても使いやすいエアロバイクとなっています。

電磁負荷方式を搭載しているので静音性も優れ、また12の運動プログラムが準備されており、自分にあったトレーニングが出来るリカンベントバイクとなっています。

ただこの性能ということもありサイズが大きく重量もあり、何よりもやや高額となってしまっているのでこの順位となっています。

>>ホライズンの特徴や評判

第4位:ダイヤコ / SR145-40

現在の価格はコチラ

こちらもステップスルー機構を搭載したリカンベントタイプのエアロバイクなので、脚を大きく上げずに乗り降りしやすいのが特徴です。フレームも丈夫で安定感があるため、安心して使用できます。

キャスター付きなので移動がしやすく、また使用中に動かないように固定できるため、どんな床でも微調整が可能で安定した使用ができます。

価格としては安い方なのですが、性能面ではComfort Rに劣るため、次点の4位となっています。

>>ダイヤコの特徴や評判

第5位:ダイコー(TUNTURI) / Go Bike R50

現在の価格はコチラ

ダイコーの提携会社TUNTURIのリカンベントタイプエアロバイクになります。性能が高い商品で、通常の心拍計などの他に簡易体脂肪計測機能、簡易リカバリー計測機能が付いており、運動しながら身体の状態も分かる様になっています。

マグネット負荷方式を採用し、32段の負荷調整が可能となっているので細かい修正が可能となっています。

ただ性能が高いと言うだけあって、価格もかなり高いです。しかしその価格に見合う高性能であることから、実用性を考慮してこの順位となりました。

>>ダイコーの特徴や評判

スポンサーリンク

第6位:ダイコー / DK-8304R

現在の価格はコチラ

こちらもダイコー製のリカンベントタイプになります。連続使用時間60分と長めの運動が可能となっており、マグネット負荷方式のおかげで静音性も高くなっています。

重量も23kgと軽めで、価格もかなり安くなっているのですが性能的にそれほど高くなく、コストパフォーマンスが良い程度なので6位となりました。

>>ダイコーの特徴や評判

第7位:ダイコー(TUNTURI) / Pure Bike R4.1

現在の価格はコチラ

TUNTURIの少しレトロなデザインのエアロバイクになります。こちらは簡易体脂肪計測機能、簡易リカバリー計測機能に加え、簡易BMI測定機能までついており、さらにデータ面では性能を上げています。

マグネット負荷方式なのは変わらず、連続使用時間は90分となっています。性能を上げてきたのは嬉しいのですが、値段がさらに上がってしまっているのは仕方ないことなのかもしれませんが、価格的な問題でこの順位です。

>>ダイコーの特徴や評判

第8位:リマーク / RM-560R

現在の価格はコチラ

本体重量が24kgとかなり軽いリカンベントタイプのエアロバイクとなっています。マグネット負荷方式のため静かで、電源を必要としないので場所を選びません。

負荷が8段階しか調整できないので、それほど高い運動はできませんが高齢者やライトユーザーには使いやすい商品となっています。

価格もそれほど高くないのでお求めやすいですが、これより上位の製品の方が性能が高いため実用性の面で8位となっています。

>>リマークの特徴や評判

スポンサーリンク

第9位:リマーク / FB-1300HP

現在の価格はコチラ

メタリック調の高級感が漂う最高級家庭用リカンベントバイクです。安定感のある本体と頑丈なフレームとハンドルバーなので力強い運動にも対応できます。

マグネット負荷方式のため静音性が高く、スムーズな回転で快適に運動できます。負荷は15段階と珍しい調整階になっています。

最高級というだけあって価格が高く、重量も58kgとかなり重くなっています。コストとしては高く場所を選びますが、実用性はあるためこの順位となっています。

>>リマークの特徴や評判

第10位:ヤマトヒューマン / YRB-3300

現在の価格はコチラ

9kgのフライホイールを採取し、スムーズなぺダリングが出来るリカンベントタイプエアロバイクとなります。電磁負荷方式の16段階負荷となっているため静音性に優れています。

また連続使用時間に制限がないため長時間運動できます。12種類の負荷プログラムと4種類の脈拍プログラムを搭載し、それぞれ負荷や脈拍に合わせて無理のないトレーニングが可能です。

性能的には悪くないのですがリカンベント特有で価格が高く、故障した時のメーカーの対応があまり良くない点など、総じてコストパフォーマンスが悪くなるため10位となりました。

>>ヤマトの特徴や評判

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング