ダイエットからトレーニングまで!
ピントルのエアロバイク専門ページ

よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング

ALINCO発電エコバイクの魅力や特徴と評価評判

ALINCOのエコバイクAFB7012について

室内の運動には便利なエアロバイクですが、様々な性能を持った商品が販売されています。その中でもエコタイプの性能を持つエアロバイクがあることをご存知でしょうか。

最近、自家発電できるエコタイプのエアロバイクが注目を集めています。そこでこちらではアルインコのエコタイプである発電エアロバイクの魅力や特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

ALINCO(アルインコ) / エコバイクAFB7012とは?

ALINCO(アルインコ) / エコバイクAFB7012とは?

アルインコのエコバイクAFB7012は先述通り発電エアロバイクと呼ばれる商品になります。詳しい特徴は後述させていただきますが、電源が要らないのに電子的な機能を使用することが出来るようになっています。

エコ重視だけではなく、通常のエアロバイクと同様のトレーニングが出来る商品となっています。

サドルのピッチも80.5~103.0cmとかなり幅広い変更が可能となっており、3cmごとに9段階変更ができます。そのためアップライトタイプをお求めの一般的なユーザーの人にも使いやすい商品です。

現在の価格はコチラ

エコバイクAFB7012の特徴

この商品の名称ともなっていますが、先述した通り発電エアロバイクであるため、電源を必要とせずエコなエアロバイクとなっています。

運動で発生したエネルギーを電力に変換し、内部にある充電池に蓄電します。普段であればただ発散されてしまうエネルギーですが、こちらは無駄にせず利用できるところがまさにエコと言えます。

そのため場所を選ばず運動でき、モニター等の電子機器の電池の心配をする必要がなくなります。またメーター裏側にはUSBコネクターが付いており、携帯電話の充電も可能となっています。

充電用のコードは別途必要になりますが、暇つぶしなどに利用できるスマホの電池残量が気になった場合にはこちらで充電しながら使うことが出来るので便利です。

エコバイクAFB7012のメリット

やはりメリットは何といっても電源を必要とせず、場所を選ばずにトレーニングが出来るところになります。この商品の売りとしているところはしっかりとメリットになっています。

エコバイクAFB7012のメリット

このバイクのデメリットは連続使用時間が30分であるということです。同じような価格帯の中では短いと言わざるを得ません。

これは内部の充電機構により、熱が溜まりやすく、その熱でベルトの劣化が早まってしまうなどの不具合があるためです。充電機構はメリットであると同時にデメリットも生んでしまっています。

>>エアロバイクの連続使用時間について

エコバイクAFB7012の性能

エコバイクAFB7012の性能

それではAFB7012の基本的な性能を見ていきましょう。

サドルについては先述しましたが、各3cmの9段階ピッチで80.5~103.0cmとなっています。それに加え前後の位置調整も可能となっています。

>>エアロバイクのサイズ選びについて

ハンドルは角度調節がついており、身体に負担のかからないポジションに設定変更できます。また心拍センサーも付いており、ハンドルを握ることで心拍計を利用することができます。

モニターは見やすい大きさとなっており、内臓のトレーニングメニューもマニュアルやプログラム、ハートレートコントロールなど充実しています。ワットコントロール機能も付いているので、ペダル負荷を自動調整してくれる設定もあります。

負荷段階自体は16段階の調整が可能なマグネット負荷方式を採用しています。

エコバイクAFB7012の音

先述通り、マグネット負荷方式を採用しているため静音性は高いと言えます。口コミでも駆動音が気になると言う声は挙がっておらず、静かだと言う評価を得ています。

僅かですが、公式から組み立ての際にペダルのボルトの締めが悪いと、ペダルを漕ぐときに異音を感じることがあるというアナウンスがあるので注意が必要です。

>>音が静かなエアロバイクおすすめ10選

エコバイクAFB7012の重さ

重量は26.5kgとなっており一般的なマグネット負荷方式のアップライトタイプと同程度の重さとなっています。それでも電磁負荷方式よりは圧倒的に軽くなっているため、移動も比較的しやすくなっています。

>>軽量コンパクトなエアロバイクおすすめ10選

エコバイクAFB7012の発電性

さて携帯の充電が出来るということで、エネループなどの充電池も充電することが可能となっています。そうなると気になるのは充電効率ですが、エネループ5本を完全に充電するには約200分の運動が必要となっています。

1本あたりの換算だと単純計算で40分かかるということになります。AFB7012は連続使用時間が30分となっているので、1本充電するにしても2回は漕がなければいけません。5本ともなれば7回は必要です。

そうなると充電効率がいいとは言えません。あくまでも副次的な効果程度に思っておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

エコバイクAFB7012の評価や評判

エコバイクAFB7012の評価や評判

発電エアロバイクということでエコな部分への評価もありますが、それ以外でも様々な声が挙がっています。

全体的には満足しているという高い評価を得ていることが多いですが、やはり良い意見、悪い意見と分かれているのでそれぞれ見ていきましょう。

エコバイクAFB7012に対する良い意見

やはり電源コードが要らないため場所を取らないところが評価を得ているようです。また音が静かであることや、充実したトレーニングメニューも満足の声が挙がっています。

ジムにおいてある業務用のエアロバイクと比べてもあまり差がないという意見も挙がっており、コストパフォーマンスとしても不満はないということです。

エコバイクAFB7012に対する悪い意見

エアロバイクは大抵組み立てが必要なのですが、AFB7012も例に漏れず最初に組み立てをしなければいけません。

評価がやや下がってしまった意見としてこの組み立てが面倒、時間がかかってしまうという声がありました。説明書はあるのですが、組み立てに慣れていない人には少々辛いようです。

またこれは個人差により賛否両論ですが、サドルの硬さが気に入らないという方もみえました。

>>エアロバイクでお尻が痛い原因

エコバイクAFB7012はどんな人におすすめ?

エコバイクAFB7012はどんな人におすすめ?

連続使用時間が30分というネックがあるため、長時間のトレーニングを目的としている人には向いていないエアロバイクになります。

この時間内で行える目的となると、運動不足解消には向いています。スマホを充電しながら暇つぶしをすれば30分などあっという間です。プログラム機能で負荷を設定しておけば途中で変えると言う手間もかかりません。

少々使いづらいですが、1日に何回か30分の運動を行えばダイエット目的にも使用できます。ダイエットに必要な心拍数の測定もできるので、使い方によっては目的を達せられるエアロバイクとなっています。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング