ダイエットからトレーニングまで!
ピントルのエアロバイク専門ページ

よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング

小型で軽量コンパクトなエアロバイクおすすめ10選

軽量コンパクトなエアロバイク

室内にあれば手軽に有酸素運動ができるエアロバイク。しかし物によっては重く一度置いたらそのまま、という商品も少なくありません。限られたスペースで生活するのであればエアロバイクに陣取られるのは辛いですよね。

そこでこちらでは移動や収納がしやすい、小型で軽量コンパクトなエアロバイクをご紹介していきます。

スポンサーリンク

アルインコ / AFB4010

現在の価格はコチラ

アルインコ製のアップライトタイプエアロバイクとなっています。小型ともなると折りたたみ式と思われがちですが、こちらはコンパクトに収納することが可能で、サイズが幅42ccm×奥行73cm×高さ60cmまで小さくなります。

また重さも18kgと非常に軽く、まさしく小型で軽量コンパクトが売りのエアロバイクとなっています。

>>アルインコの特徴や評判

アルインコ / AFB4413

現在の価格はコチラ

こちらはアルインコ製の折りたたみ式エアロバイクとなっています。本体サイズは幅46cm×奥行83cm×高さ113.5cmとなっており、縦には長いものの幅と奥行きは非常に小さくまとまっています。

しかもこれは折りたたむ前なので、折りたためばさらに奥行きは小さくなります。部屋の片隅やクローゼットにも締まって置けるサイズとなっているので非常にコンパクトです。また重さも15kgとかなり軽いです。

>>アルインコの特徴や評判

スポンサーリンク

ラ・ヴィ / neo 3B-3631

現在の価格はコチラ

本体サイズは幅52cm×奥行93cm×高さ120cmとやや大きめですが、それでもコンパクトであることに変わりはありません。これはサドル部分がシートになっていることにより少し大きめになっています。

重さも17.4kgと上記の商品よりは少し重いですが、他のエアロバイクの事を考えれば非常に軽量となっています。

イグニオ / FB-001

現在の価格はコチラ

本体サイズは幅43×奥行72.5×高さ112.5cmとかなり小さいのに、折りたたみ後のサイズは幅43×奥行37.5×高さ129cmと驚異の奥行きを誇ります。もともと「新聞紙1枚分」のサイズをコンセプトに設計されているため、この小ささが実現しています。

重量も15kgと軽量で移動もしやすく、収納もしやすくなっています。デザイン性も高いため、部屋の片隅のインテリアとしても遜色ない商品です。

>>イグニオの特徴や評判

イグニオ / FB-002L

現在の価格はコチラ

こちらも上記のFB-001と同じく「新聞1枚分」の小ささをコンセプトに造られています。性能を向上させたグレードアップ版となっていますが、その分だけ少し奥行きをとるようになりした。

それでも折りたたみ時のサイズが幅45.5cm×奥行43cm×高さ130.5cmとなっているためコンパクトであることに変わりはありません。性能が高い方を選ぶのならこちらがおすすめです。

>>イグニオの特徴や評判

スポンサーリンク

シャインウッド / 折りたたみ式フィットネスバイク

現在の価格はコチラ

折りたたみ式としてはやや大きいですが、それでも本体サイズが幅42.5cm×奥行98cm×高さ117.5cmとなっており、折りたためば奥行はさらに小さくなります。重量も17kgと軽量となっています。

タブレットスタンドを搭載しているのが他製品との違いになりますが、収納時に邪魔になることは無く、安心して使える商品です。

リマーク/ FB-110HP

現在の価格はコチラ

折りたたみ式のサイズには劣りますが、全体としてはコンパクトにまとまったデザインとなっています。重さも18.5kgと折りたたみ式に引けを取らず、キャスターも付いているため移動が非常にしやすい商品になっています。

>>リマークの特徴や評判

ヤマトヒューマン / YAB-20470

現在の価格はコチラ

こちらもアップライトタイプのエアロバイクですが、縦に長く奥行きはそれほど大きくないためコンパクトなデザインとなっています。重量も19kgと上記よりは少し重いですが、軽量な部類に入ります。

>>ヤマトの特徴や評判

スポンサーリンク

ハイガー / HG-YX-5006

現在の価格はコチラ

スピンバイクなので重量としては26kgと少し重めですが、他のスピンバイクの中では軽量の部類に入ります。

また全体的に小型となっており、小さくコンパクトにまとめたデザインとなっています。この小ささと重量が相まって収納はしやすくなっています。またキャスターも付いているので無理なく移動をすることが可能となっています。

スピンバイクなので一般的なトレーニングにはやや向きませんが、自転車競技のトレーニングを目的としていて、場所に制限のある方にはおすすめです。

>>ハイガーの特徴や評判

アクセスジャパン / サイクルツイスタースリム

現在の価格はコチラ

全身運動が出来るアップライトタイプのエアロバイクとして人気の商品です。こちらもアップライトながら本体サイズが幅47cm×奥行99cm×高さ115cmとなっており折りたたみ式に遜色ないコンパクトなデザインとなっています。

また重量としても17kgと軽量で、優秀な部類のエアロバイクとなっています。移動もしやすく収納も楽にできるのがポイントとなっています。

ただでさえトレーニング効果が高いだけにコストパフォーマンスの面で考えても有能となっており、もしエアロバイクの購入を検討しているならこの商品は断トツでおすすめの逸品となっています。

>>サイクルツイスタースリムの魅力や特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング