ダイエットからトレーニングまで!
ピントルのエアロバイク専門ページ

よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング

折りたたみエアロバイクの種類や特徴と上手な選び方

折りたたみエアロバイク(Xバイク)の選び方

室内の運動に便利なエアロバイクですが、それにはいくつかの形状があることをご存知でしょうか?実はこの形状について知っていないと、自分に合わないものを選んでしまうことになるのです。

そこでこちらでは形状の1つである折りたたみ式エアロバイクの種類や特徴と上手な選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

折りたたみ式エアロバイクの特徴

折りたたみ式エアロバイクの特徴

折りたたみ式エアロバイクは、本体支柱がクロスしており、そこを中心として折りたたみが可能なエアロバイクです。その見た目からXバイクという名称で呼ばれる事もあります。非常にシンプルな造りとなっており、使用する上で複雑な操作などはありません。

とにかくシンプルで、軽量なので場所を選ばず日常生活の邪魔にならないのが特徴で、他の形状にはない優れた点であると言えます。

>>エアロバイクの種類比較はコチラ

折りたたみタイプの魅力

先述通り、軽量・コンパクトなので省スペースで場所を選びません。また使用しないときにはコンパクトに収納が可能なのもメリットです。

またスタイリッシュなフォルムからデザイン性が優れているものも多いため、選びやすく安いものが多いため、お求め安くなっているのも魅力です。

折りたたみタイプのデメリット

他のエアロバイクよりサドル位置が高く、ピッチをあまり変えられないものが多いため、背が低い人が使うには不便です。またぺダルを漕ぐときの安静性は悪くなるのもデメリットです。

折りたたみ式エアロバイクを選ぶポイント

先述のデメリットでも挙げましたがサイズは重要です。ただサイズについては詳しく説明すると長くなるため、このサイトの関連ページを参考にしてください。

>>エアロバイクの正しいサイズの選び方

続いて負荷についてですが、負荷方式は後述するものの、選ぶときに負荷をかけられる幅はしっかりチェックする必要があります。

低価格帯のものは負荷が弱いものもあるため、どれだけ負荷がかけられるかも見て選ぶことでコストパフォーマンスも高くなります。

折りたたみ式エアロバイクの種類

折りたたみ式エアロバイクの種類

大きく分けて3種類の負荷方式があります。負荷方式の違いは負荷の幅もありますが、静音性やスムーズさに関係してきます。それだけでなく、価格にも影響を与えるため、こちらも選ぶポイントの1つとなります。

  • マグネット電動式
  • マグネット手動式
  • 電動負荷式

この3種類になります。それではそれぞれの負荷方式について詳しく見ていきましょう。

マグネット電動式の特徴

マグネット電動式はフライホイールに永久磁石を近づけたり遠くしたりすることで、負荷をかける方式になります。

マグネット電動式ではこの遠近を電子的に制御し、モニターについているボタンなどで負荷の調整を簡単に行えるのが特徴です。そのため背の高い折りたたみ式のエアロバイクには比較的向いている負荷方式といえます。

マグネット電動式のメリット

電子制御の為、ワットコントロールやハートレートプログラム機能に対応しており、目的に合わせたトレーニングをコンピューターに任せて行うことが出来るのがメリットとなっています。

そのためダイエットを目的にしている方に向いていると言えます。

マグネット電動式のデメリット

デメリットは電子制御であるため電源が必要な点です。一部商品には発電機能があるため、その商品の場合は電源を気にしなくてもいいですが、大半の商品は電源が必要となっています。

そのため使用できる場所にも制限が出てくるのが玉に瑕です。また多少重くなってしまうのも折りたたみ式からしたら考えものです。

マグネット手動式の特徴

手動式は電動式同様、フライホイールに永久磁石の遠近で負荷をかける方式です。

こちらは商品によって8段や16段と負荷の段階が決まっており、それを手動で切り替えることになります。あまり高い負荷がかけられないので、運動不足程度を解消するのであればこちらも使えます。

マグネット手動式のメリット

非接触型の為、静かなのがメリットです。機械音が全くないため電動式を含め他のどの負荷方式よりも静音性が高いと言えます。折りたたみ式で手軽に運動したい人にとって静音性が高いのはありがたいです。

マグネット手動式のデメリット

電動式と比べて手動式のほうは負荷の幅が狭くなっています。また電動式にも同様なことが言えますが、負荷が放射線状にかかるため、軽いと思ったら急に負荷が重くなるというデメリットもあります。

また負荷をかけるレバーの位置によっては折りたたみ式では少々使いづらくなる可能性もあります。

電磁負荷式の特徴

電磁磁石にかける電圧を変えることで負荷をかける仕組みです。マグネット負荷方式の永久電池が電磁磁石に変わっただけで、こちらも非接触型となっているため音はしません。

電磁負荷式のメリット

マグネット式などと比べて負荷の高低の幅が広いのがメリットです。また負荷が均等に変わるのも魅力的です。そのため自分に必要な負荷を選びやすく安定してトレーニングをすることができます

そのため運動不足解消やダイエットなど幅広く使用することができます。

電磁負荷式のデメリット

マグネット電動式同様、電源が必ず必要となるため使用できる場所に制限が出てきます。また静音性が高いですが、機械音が気になる人には少しうるさく感じる可能性もあります。

また折りたたみ式のメリットである軽量という特徴が失われてしまいます。電磁負荷式は機械の複雑さから通常より重くなってしまうので、これも折りたたみ式に限ってはデメリットです。

スポンサーリンク

折りたたみ式おすすめエアロバイク:厳選3種

折りたたみ式おすすめエアロバイク:厳選3種

ここまで折りたたみ式のエアロバイクの特徴などをご紹介させていただきました。しかしどれを買ったらいいのかわからない方もみえると思うので、ここからはおすすめの折りたたみ式エアロバイクを3種ご紹介させていただきます。

>>折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング

ラ・ヴィ / 折りたたみ式クロスバイクneo 3B-3631

現在の価格はコチラ

折りたたみ式特有のコンパクトなデザインで収納しやすいだけではなく、8段階の負荷調整機能を持ち、7段階のサドルの高さ調整ができるのが特徴です。

また消費カロリーや距離、時間を表示するモニターだけでなく、腰の負担を減らす背もたれハンドル付きのサドルが採用されているため折りたたみ式が苦手な人にもおすすめです。

イグニオ / フィットネスバイク FB-001

現在の価格はコチラ

新聞1枚分の収納スペースがコンセプトの折りたたみ式エアロバイクです。そのコンパクトでスタイリッシュなデザインは元より静音性が高く、とても静かな乗り心地が人気の商品です。

>>イグニオの特徴や評判

シャインウッド / 折りたたみ式フィットネスバイク MS006504

現在の価格はコチラ

折りたたみ式のエアロバイクには珍しく負荷は無段階調整となっています。デジタルメーターが付いているだけでなく、タブレットスタンドも付いていて、値段も他社のものより安くなっているのでコストパフォーマンスがいい商品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
エアロバイクの選び方
エアロバイク
選び方
アップライト型エアロバイクおすすめランキング
アップライト
ランキング
折りたたみ式エアロバイクおすすめランキング
折りたたみ式
ランキング
スピンバイクおすすめランキング
スピンバイク
ランキング
リカンベント型エアロバイクおすすめランキング
リカンベント
ランキング