人気ブランドから初心者向けの選び方まで
ピントルのヨガマット専門ページ

>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方

ヨガマットの厚さの選び方

ヨガマットの厚さの選び方

ヨガマットの厚さというのは3mm程度の薄いものから9mm程度の厚いものまで様々な種類があります、一般的に厚いヨガマットは初心者向け、薄いヨガマットは上級者向けとされていますが、ヨガの本質を考えるとその限りではなく、ヨガの種類や使い方に合わせて自分にぴったりなヨガマットの厚みというのは変わってきます。

そこで今回は、ヨガマットの厚みによる使用感の違いや、ヨガの上級者たちの選び方を参考に、自分にあったヨガマットの厚さを選ぶ方法について詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

初心者向けなヨガマットの厚さの選び方

初心者向けなヨガマットの厚さの選び方

なぜヨガマットを使用するのかというと、一番の理由は「ヨガの姿勢で滑るのを防ぐため」です。
それに加えて初心者の場合は「床からくる痛みを軽減する」というのも重要となってくるでしょう。

つまり、ヨガ初心者に最も適しているのは5mm〜7mm程度の厚みのヨガマットです!

>>ヨガマットの必要性について詳しくはコチラ

ヨガマットの厚さによる特徴を比較

ヨガマットの厚さによる特徴を比較

ヨガマットの厚みというのは1mmというペラッペラなものから、12mmを超えるクッションのような厚さまで様々なものが販売されていますが、一般的には「3mm〜7mm」というのがヨガマットの主流です。

体に伝わる痛みを軽減するためだけであれば厚ければ厚いほど良いように感じますが、実はヨガの不安定な姿勢をキープするには薄いヨガマットの方がバランスを取りやすいなど薄いことによるメリットもあります。

極薄なヨガマットの特徴【1mm】

超上級者向けのヨガマット!?と思われるかもしれませんが、どちらかというとコンパクトに畳めるため旅行や出張といった場面でもヨガマットを持ち運びたいという人たちが愛用している厚さです。

もちろん地面からの刺激を強く感じたいという上級者や、立位の練習用として素足の感覚でヨガをしたい人などに選ばれることもありますが、一般的にはトラベル用として人気を得ている厚さです。

標準(薄)なヨガマットの特徴【3mm〜5mm】

立位の多いヨガを始める初心者にもおすすめの厚さ、持ち運びにも便利なためレッスンなどでヨガマットの貸し出しがない場所へ通っている人の愛用者も多く、最も使い勝手の良い厚さです。

標準(厚)なヨガマットの特徴【6mm〜9mm】

重いので持ち運びには不便ですが、座位や仰向けのポーズが多いヨガを始める初心者にもおすすめの厚さで、クッション性が高いため床からの痛みをかなり和らげてくれます、それでいてバランスのとりにくさもあまり感じさせません。しかしサイズによっては3kgを超えることもあるため自宅用として使うのが定番です。

極厚なヨガマットの特徴【10mm以上】

持ち運ぶのはかなり困難と言えます、座位や仰向けのポーズをメインに行う人や、ピラティスなどの動きの多いフィットネス、さらには筋トレにヨガマットを使いたいという人におすすめです。

床からくる痛みをどうしても我慢できないという人にもおすすめですが、立位などのバランスが必要なポーズが行いにくいというデメリットもあるため選ぶ際には注意が必要な厚さです。

折りたためるヨガマットの厚さとは?

一般的に折りたためるヨガマットの厚さは1mm〜2mmのものを指します。
3mmのヨガマットの場合、折りたたみ可能な製品にはあらかじめ折り目に溝が付けられており、折りたたみ用のヨガマット以外を折りたたむのは難しく、むしろ巻いた方がコンパクトに収納できます。

ヨガマットの厚さによる重量の変化

ヨガマットの重さは、厚さだけでなく素材の種類やサイズによっても変化するためあくまで参考程度に。

1mm厚のヨガマット:1kg以下
3mm〜5mmの厚さ:1kg〜2.5kg
6mm〜9mmの厚さ:2kg〜3.5kg
10mm以上のマット:2kg以上

 

スポンサーリンク

ヨガマットの厚さについて考える

ヨガマットの厚さについて考える

立位などのバランス感覚を必要とするヨガのポーズにおいて、そのポーズを成功させるためにはフワフワしたベッドの上よりも床の方がやりやすいでしょう、ヨガマットはここまで極端ではありませんがポーズを行うなら薄いマットの方がバランスを取りやすく、厚いマットの方がバランスを取りにくくなります。

しかし、バランス感覚を良くするためや身体強化を目的としているのであれば、厚さのあるヨガマット方が不安定なため、その上でポーズを行う方が効果的だという考え方もできます。

さらに言えば、特定の部位を刺激するようなポーズ(例:頭頂部を刺激する”うさぎのポーズ”)の場合、フカフカしたクッションの上で行っても効果が低いため薄いヨガマットが適していると言えます。

 

ヨガマットの厚さを賢く選ぶ!

ヨガマットの厚さを賢く選ぶ!

ヨガマットの厚さについては上で詳しく解説してきた通り、これからヨガを始めるという初心者、もしくはスタジオへ持ち運ぶヨガマットも自宅で使うヨガマットも1枚で兼用したい!そういう人は5mmの厚さのヨガマットを選ぶのが良いでしょう。

しかし裏技的な選び方として、金銭的な余裕がある人やお部屋に置いておけるスペースが多いという人なら、3mmの厚さのヨガマットを2枚買うのが最もおすすめです!

最も賢いヨガマットの厚さ選びは3mmを2枚買うこと!

ヨガのスタジオに通っている人やヨガ上級者の友人がいる人は教わったことがあるかもしれませんが、これからヨガを始めようという人や、どの厚みのヨガマットを買えば良いか迷っているという人にオススメされるのは、3mmの厚さのヨガマットを2枚購入することです。

座位や仰向けのポーズで体が痛いというときは2枚重ねて6mmの厚さのヨガマットとして使用し、立位のポーズをするときは1枚だけで3mmのヨガマットとして使用できるため、様々なヨガのスタイルに合わせて使用できるだけでなく、難しいポーズに挑戦するときにも有効な使い方が可能です。

しかもレッスンや外出先への持ち運びをする際は3mmのヨガマットを1枚持っていけば軽くて使い勝手も良く便利に活用できます、そのためヨガの上級者は3mmのヨガマットを2枚活用している人が多いのです。

>>【初心者向け】ヨガマットの自分に合った選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方