人気ブランドから初心者向けの選び方まで
ピントルのヨガマット専門ページ

>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方

ヨガマット徹底比較!

ヨガマット徹底比較!

ところで、自分の求めているヨガマットはどのブランドから出ているの?そんな疑問に答えるために、グリップ力や価格や厚みといったヨガマット選びに重要となるポイントをブランドごとに徹底比較してみました!

このブランド別ヨガマット比較表は実体験はもちろんのこと、そのブランドのヨガマットを愛用している人の意見やインターネットにおける評価レビュー、など様々なデータをもとに比較しておりますが、あくまで使用者の声でありますから、ヨガマットを選ぶ際の参考程度にしていただけたら良いなと思います。

スポンサーリンク

ヨガマットのグリップ力を比較

ヨガマットのグリップ力を比較

ブランド名
評価
グリップ力の比較結果
スリア
汗をかくと滑りやすくなるが表面の凹凸感も良く十分グリップする
プラナ
裏と表で異なるグリップ感も絶妙、吸い付くような感覚が素敵
ジェイドヨガ
グリップ力の高さで選ぶならコレ!天然ゴムの魅力にヤミつき!
マンドゥカ
特殊ドットの地面に対するグリップも良く、汗や水分でベタつかない
ワイラナ
他のブランドより滑るという意見もあるが、グリップ感はそこそこ良い
ハガーマガー
マットの沈み込みによる手足を包み込むようなグリップ感が絶妙!
ヨガワークス
価格と照らし合わせたら十分なグリップ力、問題なし
ナイキ
スポーツブランドという期待感もあってかイマイチな反応が多数
リアルストーン
価格帯的には合格点だが、比較するとなるとちょっと評価は低い
ヴァナフ
概ね問題ないレベル、汗をかくと滑るがこの価格帯で文句は言えない
ガイアム
安定してグリップする上に不快なベタつきも感じない、素晴らしい!

ヨガマットの価格帯を比較

ヨガマットの価格帯を比較

ブランド名
評価
コスパ
価格帯の比較結果
スリア
やや高
5,000円〜9,000円程度
プラナ
高価
定番商品が6,000円台
ジェイドヨガ
超高価
7,000円〜10,000円程度
マンドゥカ
超高価
人気商品は15,000円台
ワイラナ
安価
3,000円〜4,000円程度
ハガーマガー
やや高
4,000円〜20,000円程度
ヨガワークス
普通
4,000円〜15,000円程度
ナイキ
安価
2,000円〜4,000円程度
リアルストーン
安価
1,500円〜4,000円程度
ヴァナフ
超安価
1,000円〜3,000円程度
ガイアム
やや高
5,000円〜10,000円程度
スポンサーリンク

ヨガマットのデザインを比較

ヨガマットのデザインを比較

ブランド名
評価
デザインの比較結果
スリア
豊富なカラーバリエーションと、ヨガ感のあるナチュラルなロゴが良い
プラナ
色使いの良いリバーシブルデザインは素晴らしい、おしゃれ!
ジェイドヨガ
シンプルで無駄のないデザインなため個性は無く玄人好み
マンドゥカ
上品でスタイリッシュ、ロゴも可愛らしく洗練されている
ワイラナ
目を引く個性的なデザインのヨガマットが豊富、リゾート系
ハガーマガー
他のブランドにはない美しいグラデーションと繊細な色使いが魅力
ヨガワークス
デザインは豊富だが、定番の物が多すぎてセンスの良さは感じない
ナイキ
オーソドックスでシンプルだがスポーティーなルックスが良い
リアルストーン
繊細な色使いはこのブランドならでは!シンプルだが上品な仕上がり
ヴァナフ
シンプルで普遍的、デザイン性は高いと言えないが悪くはない
ガイアム
攻めたデザインも多くヨガマットを選ぶのが楽しいバリエーション

ヨガマットの厚みのバリエーションを比較

ヨガマットの厚みのバリエーションを比較

ブランド名
評価
厚みの比較結果
スリア
4mmと6mm
プラナ
5mmのみ
ジェイドヨガ
3.2mm、4.5mm、8mm
マンドゥカ
下は3mmから上は6.5mmまで様々
ワイラナ
3.5mm、6mm
ハガーマガー
2mm、3mm、5mm、6mm、10mm
ヨガワークス
3.5mm、4.2mm、6mm、7mm
ナイキ
3mm、5mm、8mm
リアルストーン
6mmのみ
ヴァナフ
4mm、6mm
ガイアム
1mm、2mm、3mm、4mm、5mm、8mm

ヨガマットのニオイを比較

ヨガマットのニオイを比較

ブランド名
評価
ニオイの比較結果
スリア
特有のニオイを発する接着剤を使ってないのでかなり少ない部類
プラナ
一度拭いて陰干しすれば、ほとんど気にならないレベル
ジェイドヨガ
天然ゴム特有のニオイがある、外に干すと改善するとの声も
マンドゥカ
天然ゴム特有のニオイがかなり強いので注意が必要
ワイラナ
PVC素材特有のプラスチック的な化学臭がきつい
ハガーマガー
多少ニオイが気になる程度、麻のヨガマットを選べば全然気にならない
ヨガワークス
多少PVC特有のニオイがあるが概ね問題ないレベル
ナイキ
合成ゴムのニオイはするが、他の素材に比べると少なく感じる
リアルストーン
PVC素材特有のニオイはあるが陰干しすればかなり改善する
ヴァナフ
ニオイはあまり感じない、しばらく使えば気にならなくなる
ガイアム
人によってはキツく感じる場合もあるが概ね問題ない
スポンサーリンク

ヨガマットの品揃えを比較

ヨガマットの品揃えを比較

ブランド名
評価
品揃えの比較結果
スリア
カラーバリーエーションは豊富だがマット自体は3種類
プラナ
4種類のヨガマットを展開、本国のみで販売されているのもある
ジェイドヨガ
全部で3種類、限定カラーなども展開されていて色は豊富
マンドゥカ
3つのシリーズがあり、キッズラインやプロ仕様など豊富な品揃え
ワイラナ
カラーバリエーションは豊富だがヨガマットの種類は少ない
ハガーマガー
カラバリ、素材に至るまでまとめきれない多様な種類がある
ヨガワークス
全部で6つのラインナップ、好みに合わせて選べる品揃え
ナイキ
品揃えはイマイチ、オーソドックスな仕様には強い
リアルストーン
1種類のみの展開、色に関してはそれなりに種類がある
ヴァナフ
3種類の展開、厚みの種類はツボを押さえたラインナップ
ガイアム
圧倒的な品揃えの良さ、柄も含めると50種類以上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方