人気ブランドから初心者向けの選び方まで
ピントルのヨガマット専門ページ

>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方

プラナ(Prana)のヨガマットの特徴

プラナ(Prana)の特徴

アメリカ生まれのブランドであり、ヨガマット以外にもアパレルなどの商品を展開しているプラナ(Prana)。日本でもヨガマットやヨガウェアなどにおいては人気が高く、愛用している方も多いブランドと言えるでしょう。

オーガニックコットンやリサイクル素材を利用し地球環境に配慮した製品作りをしています。ここではそんなプラナ(Prana)から展開されているヨガマットの特徴や評判などを紹介していきます。

スポンサーリンク

プラナ(Prana)とは?

プラナ(Prana)とは?

プラナ(Prana)は1993年にアメリカ、カリフォルニア州カールスバッドにて、ビーバー・テオドサキスとその妻であるパムによって、クライミングウェアを製造販売するブランドとして誕生しました。

ブランド名の由来となっているのは、古代サンスクリット語で「生命」や「呼吸」などの生命の活力を意味する言葉となっており、アメリカでは非常に高い知名度を持ったブランドであると言えるでしょう。

オーガニックコットンやヘンプを使用したアパレルラインや、再生可能な素材を利用したヨガマットなど、環境に配慮した製品づくりがコンセプトとなっており、風力発電やフェアトレードなども取り入れています。

>>ヨガマットの人気ブランド一覧はコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットの特徴

フェアトレードを本格的に取り入れた北米でも最初の主要な企業となるなど、環境に配慮した製品づくりはもちろんヨガマットにも活かされています。ここでは、エコを意識しつつも非常に高い品質をもったプラナ(Prana)のヨガマットの特徴について紹介していきます。

プラナ(Prana)の売れ筋ヨガマットはコレ

現在の価格はコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットの中でも最も売れ筋となっているのがコチラ、「E.C.O ヨガマット」です。使用されている素材は100%TPEを使用したリサイクル可能なヨガマットとなっています。

またこちらのヨガマットの最大の特徴とも言うべきは、リバーシブルデザインであるという点でしょう。裏と表、どちらの面でも使用することが可能となっていることから、その日の気分に合わせて雰囲気を変えることが可能となっています。

耐久性も十分でありながら優れたクッション性能も持っているため、快適にヨガを楽しむことができるでしょう。非常に軽量であり持ち運びもしやすいことも人気の要因となっています。

>>売れ筋ヨガマット人気ランキングはコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットのグリップ力

多くのレビューでもグリップに対する評価は非常に高いブランドであると言えるでしょう。足や手にしっかりと吸いつくような感覚と評価するユーザーが多くいらっしゃるようにしっかりしたグリップ力のあるヨガマットとなっています。

表と裏で異なるグリップ感覚となっており、用途に応じて使い分けるのも良いのではないでしょうか。一番最初の使用時は一度水拭きをしてから陰干しして利用すると、最初の滑りも気にならなくなります。

>>ヨガマットの素材について詳しくはコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットの品揃え

プラナ(Prana)のヨガマットは現在、4種類の展開があります。一番人気の『E.C.O ヨガマット』、少しサイズが大きめの『ラージE.C.Oヨガマット』、表面の鮮やかなデザインが印象的な『ヘナE.C.Oヨガマット』、外ヨガで使いやすい軽くて薄めの『ノマドトラベルマット』となっています。

ただし大きめサイズの『ラージE.C.Oヨガマット』に関しては、日本ではなかなか販売されていないようで本国のプラナ(Prana)公式サイトで紹介されているのを確認しているのみです。

>>ヨガマットの種類について詳しくはコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットの価格帯

プラナ(Prana)のヨガマットの価格帯は、日本で購入可能なヨガマットの中でも最も高い部類に入ると言えるでしょう。最も人気の『E.C.Oヨガマット』に関しても6,000円台となっています。値段の安さを重視する方には向かないでしょう。

>>激安ヨガマットについて詳しくはコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットのデザイン

プラナ(Prana)のヨガマットのデザインは、売れ筋のところで紹介した通り、なんといってもリバーシブルなのが最大の特徴でしょう。裏と表で濃さの違う色合いにすることでその日のコーディネートや気分で雰囲気を変化させることができます。

カラーラインナップに関しては、一番人気の『E.C.Oヨガマット』で基本は4種類を展開しています。本国のサイトでは7種類の展開となっていますが、日本で購入可能な基本カラーは4色となっているようです。

>>ヨガマットの色の選び方について詳しくはコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットの厚み

プラナ(Prana)のヨガマットの厚みは、『ノマドトラベルマット』を除いてすべて5mmでの展開となっています。ある程度の厚みをもたせることでしっかりとしたクッション性をもっており快適にヨガを楽しむことができます。

ノマドトラベルマットに関しては、一般的なヨガをスタジオなどで楽しもうとした場合には若干薄すぎるかもしれません。その他の厚みの展開は今のところ行っておらず、ピラティスなどのためにさらに厚みのあるものを探している場合には他のブランドを選択する必要があります。

>>ヨガマットの厚さの選び方について詳しくはコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットのにおい

ヨガマットに見られる特有のいやなニオイ。コレに関してプラナ(Prana)のヨガマットはかなり少ないほうであると言えるでしょう。全くニオイがしないというわけではありませんが、一度拭いて陰干しすればほとんど気にいならなくなるでしょう。

>>ヨガマットのお手入れや洗濯の方法について詳しくはコチラ

プラナ(Prana)のヨガマットに関する口コミ・評価

  • 今まで使ったヨガマットの中でグリップは最高、まったく滑りがありません。
  • グリップ力が強いので、ヨガマット専用ケースにすごく入れにくい。
  • ホットヨガで汗をかくと若干滑るようになってしまう。
  • グリップ力が高く、ずっと探していた理想のヨガマットです。
  • 軽くて持ち運びがしやすい。
  • 質感が非常にソフトなため、ずっと丸めておくと端っこがそってしまう。
  • 色が凄くきれいで気に入っています。
  • 滑りもなく適度なクッション性で快適な使い心地。

>>さまざまなヨガマットを徹底比較したページはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方