人気ブランドから初心者向けの選び方まで
ピントルのヨガマット専門ページ

>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方

売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版

売れ筋ヨガマット人気ランキング

ヨガの上級者であればこだわりのヨガマットがあると思いますが、初心者の場合はどのヨガマットを選べばよいかわからない人も多いでしょう、ヨガマットの売れ筋人気ランキングはヨガ初心者さんたちが値段や品質を照らし合わせて購入していった足跡とも言えるため、ヨガマット選びの目安となる重要なポイントです。

そこで今回は、大手ショッピングサイトやヨガグッズ専門店の情報をもとに、売れ筋ヨガマットの人気ランキングを作成しましたので、ぜひともヨガマット選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ヨガマット人気ランキング第1位:PURE RISE(ピュアライズ) 8mm

PURE RISE(ピュアライズ) ヨガマット 8mm

横61cm×縦173cm×厚み8mmのPVC素材で作られたヨガマットです。
ちょっと大きめなサイズ感と、ヨガ初心者でも痛くなりにくい厚さが人気を獲得しランキング1位に登場!専用のバッグまでついて2000円を切る価格も人気を得ている理由といえるでしょう。

>>PVC素材って何?という人はコチラ

カラーバリエーションも非常に豊富でPVC素材特有のニオイも少ないのが特徴。

難点としては高価なヨガマットと比べて反発力が弱いため人によっては底付きを感じる場合があるのですが、同価格帯のヨガマットと比較すれば目立つような難点ではありません。

ヨガマット人気ランキング第2位:DABADA(ダバダ) 10mm

DABADA(ダバダ) 10mm

横61cm×縦183cm×厚み10mmのNBR素材で作られたヨガマットです。
格安ヨガマットの定番であるPVC素材の欠点を補うNBR素材を使用していながらも1500円前後で手に入るコスパの高いヨガマット、立位の多いヨガでは不安定になることもありますが、ヨガ以外にもピラティスや筋トレなど幅広い用途で使える10mm厚のヨガマットがこの価格で手に入るのは驚きです。

10mm厚で長さが180cmを超えて重量が800gというのは異常な軽さです。

カラーバリエーションが少ないながらも性能の面で評価を得ており、売れ筋ヨガマット人気ランキングでは堂々の2位を獲得!もちろん収納ケースとゴムバンドも付属しています。

スポンサーリンク

ヨガマット人気ランキング第3位:PURE RISE(ピュアライズ) 6mm

PURE RISE(ピュアライズ) ヨガマット 6mm

横61cm×縦173cm×厚み6mmのPVC素材で作られたヨガマットです。
10色を超える豊富なカラーバリエーションに、動的ヨガも静的ヨガもこなせる絶妙な厚さ、スタジオ通いなどで持ち運びの多いヨガユーザーたちからも人気の高い1.25kgのヨガマットで、専用ケースまでついて1500円前後で購入できるのも初心者から支持されている理由といえるでしょう。

価格が安いながらも綺麗な発色で、写真と遜色のない色なのも人気ランキング3位の実力です。

ヨガマット人気ランキング第4位:PURE RISE(ピュアライズ) 10mm

PURE RISE(ピュアライズ) ヨガマット10mm

横61cm×縦173cm×厚み10mmのPVC素材で作られたヨガマットです。
ヨガだけでなくピラティス筋トレ、自宅でのエクササイズなど幅広く使える10mm厚、2位のDABADA(ダバダ)と比べて若干価格は上がりますが、カラーバリエーションも豊富なため、ヨガマットは見た目も大切!と考える人からも人気となっており、PVC素材特有のニオイも軽減されているのもポイント!

10mm厚でありながら、持ち運び可能な1.8キロという軽量性も評価されています。

ヨガマット人気ランキング第5位:EGS(イージーエス) 超軽量 6mm

EGS(イージーエス) 超軽量 6mm

横60cm×縦173cm×厚み6mmのPVC素材で作られたヨガマットです。
超軽量と名のつく通り、安いだけが取り柄のPVC素材と173cmの一般的サイズで6mmと十分な厚みを持ちながらも重量はたったの600g!ヨガスタジオなどでレッスンを受ける予定のある初心者さんや、持ち運ぶ機会の多い人に人気を獲得しており、専用のケースも全面がメッシュで作られているため重量を増やしません。

1500円前後の激安ヨガマットでありながら超軽量という特徴が評価されヨガマットの人気ランキングで5位を獲得した逸品、ヨガ上級者の中にも持ち運び用として使用している人の多いヨガマットです。

スポンサーリンク

ヨガマット人気ランキング第6位:Yoga Works(ヨガワークス) スタンダード 6mm

ヨガワークス(Yogaworks)6mm

横61cm×縦173cm×厚み6mmのPVC素材で作られたヨガマットです。
PVC素材ですがカーボンオフセット商品なので環境には配慮されています、ヨガグッズのブランドとしてもド定番のヨガワークス、同様なPVC素材で作られたヨガマットの中では2倍近い金額ですが、有名なブランドのヨガマットの方が安心という人たちからはかなり人気が高く、ランキングでも6位に登場しています。

重量は1.3kgと6mm厚のヨガマットとしては平均的な重さ、口コミやレビューの中には「やっぱり安物とはグリップ力も質感も違う!」という声もあります。

>>ヨガワークス(Yoga Works)のヨガマットの特徴

ヨガマット人気ランキング第7位:SMILE(スマイル) ぷにぷにフィットネスマット 10mm

SMILE(スマイル) ぷにぷにフィットネスマット 10mm

横60cm×縦180cm×厚み10mmのNBR素材で作られたヨガマットです。
価格は2500円前後で重量は800g、同様のスペックである2位のDABADA(ダバダ)と比較すると若干高価なのがあって人気ランキングでは7位となっています、また専用のケースは付属せずキャリーストラップのみなのもマイナス点だったかもしれませんが人によっては違いを感じるようです。

反発力が低く立位では不安定になるとレビューしている人もおり、床からの痛みがツラいという人やヨガの中でも動作の多いヨガを行っている人にはおすすめといえるでしょう。

ヨガマット人気ランキング第8位:PURE RISE(ピュアライズ) 折りたたみ 4mm

PURE RISE(ピュアライズ) 4mm

横61cm×縦173cm×厚み4mmのPVC素材で作られたヨガマットです。
人気ランキングの上位トップ5にも幾度となく登場したピュアライズのヨガマットですが、トラベルサイズの4mm厚は折り目に合わせて折り畳んでカバンなどに収納できる800gの超軽量ヨガマット、折り目も25cm刻みの正方形になっているため、ヨガをするときには平行線として活用出来るのも人気のポイント!

部屋の片付けも持ち運びも簡単にできて、ポーズの平行も確認できるヨガマットです。

スポンサーリンク

ヨガマット人気ランキング第9位:Suria(スリア) HDエコマットプラス 4mm

Suria(スリア) HDエコマットプラス 4mm

横61cm×縦183cm×厚み4mmのTPE素材で作られたヨガマットです。
PVC素材にはない天然ゴムのような高いグリップ力で人気を獲得しているTPE素材を使用しているヨガ上級者からも支持されているヨガマット、今最も検索数の多い注目ブランドであるスリアはヨガマットにこだわりたい初心者さんからも人気を獲得しており売れ筋ランキングの9位に滑り込みました。

今回のランキングでは最も高額な5000円台ですが、ランキングに登場した他のヨガマットとは一線を画すグリップ力と耐久性の高さ、接着剤を使用していないため嫌なニオイも大幅に軽減されているのが特徴。

>>スリア(Suria)のヨガマットの特徴

ヨガマット人気ランキング第10位:Real Stone(リアルストーン) 6mm

Real Stone(リアルストーン) 6mm

横61cm×縦173cm×厚み6mmのPVC素材で作られたヨガマットです。
女性から人気の高いヨガウェアのブランドであるリアルストーン、ヨガマットの性能としては特別目立った点のないPVC素材で作られた6mm厚のマットといった感じですが、ヨガのウェアとロゴマークを合わせておしゃれにヨガを楽しみたいという人たちから人気となって売れ筋ランキング10位に登場。

>>リアルストーン(Real Stone)のヨガマットの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方