人気ブランドから初心者向けの選び方まで
ピントルのヨガマット専門ページ

>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方

知っておきたいヨガマットの人気ブランド一覧

ヨガマットの人気ブランド一覧

ところで、ヨガマットってどんなブランドから出てるの?と疑問を持つ人は多いでしょう、日本でスタートしたヨガマットのブランドはもちろん、世界的に有名なヨガマットのブランドもあるため、ヨガマットを選ぶならヨガマットのブランドについては詳しくなっておいて損はないでしょう!

そこで今回はヨガマットのブランドの中でも特に人気の高い注目のブランドをピックアップし、ブランド一覧として紹介していきますので、どのブランドのヨガマットを買おうか迷っている人は必見です!

スポンサーリンク

スリア(Suria)のヨガマット

現在の価格はコチラ

最も検索数の多い注目されているヨガマットのブランドといえば株式会社インターテックのヨガ専門ブランドであるスリア(Suria)でしょう。現在では 銀座や吉祥寺といった一等地に直営店を構えるほどに成長したブランドで、TPE素材などのエコロジカルなヨガマットでありつつ、しっかりしたグリップ力が 特徴です。

>>スリア(Suria)のヨガマットの特徴

プラナ(Prana)のヨガマット

現在の価格はコチラ

サンスクリット語で生命や呼吸を意味するプラナはアメリカのカルフォルニア州で生まれたブランド、元々はクライミング用のウェアを作るブランドとして登場していましたが、現在では再生可能な素材を利用したヨガマットで人気を獲得しており、特にプラナはリバーシブルのヨガマットを作ることで知られています。

>>プラナ(Prana)のヨガマットの特徴

スポンサーリンク

ジェイドヨガ(Jade Yoga)のヨガマット

現在の価格はコチラ

天然ゴムの良質なヨガマットを生み出すブランドとして知られているジェイドヨガは、もともと絨毯の滑り止めマットを製造するブランドであったところをアイアンガーヨガの生みの親であるアイアンガーに見出され、2002年にヨガマットの製造を始めて今や世界中に愛用者のいるブランドへと成長しています。

>>ジェイドヨガ(Jade Yoga)のヨガマットの特徴

マンドゥカ(Manduka)のヨガマット

現在の価格はコチラ

一流のヨガインストラクター達がこぞって愛用しているヨガマットのブランドといえばマンドゥカでしょう、今や最高級のヨガマットとされている「ブラック マット」を生み出したブランドであり、マンドゥカの生み出す高い機能性と耐久性を両立させたヨガマットは、一生モノのヨガマットと称される逸品です。

>>マンドゥカ(Manduka)のヨガマットの特徴

ワイラナ(Wai Lana)のヨガマット

現在の価格はコチラ

ヨガの愛好者なら知らない人はいないカリスマインストラクターであるワイラナの名を冠したブランド、リゾート感のあるデザインを中心に展開しており、リラックスしてヨガを楽しめるヨガマットなどオシャレな仕上がりが人気を獲得しています、また比較的リーズナブルな価格で販売されているのも人気の理由といえるでしょう。

>>ワイラナ(Wai Lana)のヨガマットの特徴

スポンサーリンク

ハガーマガー(Hugger Mugger)のヨガマット

現在の価格はコチラ

アメリカ生まれのヨガブランドで、元々は熟練の木工職人がヨガに出会ったことでスタートさせたヨガの専門メーカーです。オーガニック素材やTPE素材など環境に配慮した製品開発と共に、多くのヨガインストラクターによるテストを重ねた高品質で耐久性に優れたヨガマットが人気を獲得しているブランドです。

>>ハガーマガー(Hugger Mugger)のヨガマットの特徴

ヨガワークス(Yoga Works)のヨガマット

現在の価格はコチラ

日本でヨガを始めたなら聞いたことのない人を探す方が難しいほど、日本国内では定番中の定番といえるヨガマットのブランドがヨガワークス、数多くのヨガスタジオで貸し出し用のヨガマットとして使用されているほか、百貨店や東急ハンズといった場所でも取り扱われている最も知名度のあるブランドです。

>>ヨガワークス(Yoga Works)のヨガマットの特徴

ナイキ(NIKE)のヨガマット

現在の価格はコチラ

一般的なヨガ愛好者から一流のインストラクターまで幅広い層に愛用されているナイキ、あらゆるジャンルのスポーツ用品を展開しているため、ヨガマットを展開しているブランドの中でも飛び抜けて知名度の高いブランドといえるでしょう、スタイリッシュでスポーティーなデザインが特徴です。

>>ナイキ(NIKE)のヨガマットの特徴

スポンサーリンク

リアルストーン(Real Stone)のヨガマット

現在の価格はコチラ

ヨガを楽しむ全ての女性たちに、美しく可愛らしいオシャレなヨガライフのためのヨガウェアを提案しているリアルストーンは、ファッショナブルかつ他のブランドにはない絶妙な色使いのヨガマットが人気を獲得しており、初心者から楽しめる低価格さとクオリティの高さが評価されています。

>>リアルストーン(Real Stone)のヨガマットの特徴

ヴァナフ(Vanaph)のヨガマット

現在Amazonでの取扱いはありません

雑誌とのタイアップから始まったブランドで、ヨガマット以外にもバランスボールやエクササイズチューブなど女性向けのフィットネスグッズを展開しているブランドです。スポーツショップとして全国的に有名なゼビオのオリジナルブランドとして展開しており、低価格で品質の良い製品作りが人気を獲得しています。

>>ヴァナフ(Vanaph)のヨガマットの特徴

ガイアム(GAIAM)のヨガマット

現在の価格はコチラ

全米を代表するロハス系のブランドといえばガイアム、オーガニック素材を使用した様々なアイテムを展開しており、ヨガマットはもちろんのこと家具なども扱っており、地球環境に配慮した商品開発を行っているブランドです。とくにヨガ関連のグッズは充実しており、オシャレでナチュラルなデザインが人気を獲得しています。

>>ガイアム(GAIAM)のヨガマットの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 自分に合ったヨガマットの選び方についてはコチラ <<
売れ筋ヨガマット人気ランキング最新版 ヨガマット
人気ランキング
ヨガマットのサイズの選び方 ヨガマットの
サイズの選び方
ヨガマットの厚さの選び方 ヨガマットの
厚さの選び方
ヨガマットの素材の選び方 ヨガマットの
素材の選び方
ヨガマットの色の選び方 ヨガマットの
色の選び方