キャンプやアウトドア好きは必見
ピントルのテント専門ページ

>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備

冬キャンプ用テントの上手で賢い選び方

冬キャンプ用テントの選び方

目が覚めたら一面が雪景色!キャンプの楽しさは夏だけのものではなく、冬のキャンプもまたキャンパー達を惹きつける季節ですが、冬のキャンプを快適に過ごすことのできるテントの上手な選び方というのはあるのでしょうか?そこで今回は冬キャンプ用テントの選び方にフォーカスして、初心者の人にもわかりやすく解説していきます。

初めての冬キャンプでも暖かく快適に過ごせるテントの選び方となっていますので、今年は冬のキャンプに挑戦しよう!という人から、初めてのキャンプが冬場になりそうな初心者さんまで必見です。

※冬キャンプ用テントの紹介なため、幕内でのストーブ使用についても記載しますがストーブの使用を推奨するものではありません、あくまでテント内部におけるストーブの使用は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

冬キャンプ用テントにおすすめの種類

冬キャンプ用テントにおすすめの種類

あらかじめ申し上げますと、特に「冬でも暖かいテント」というような意味での冬におすすめなテントというのは存在していません、なぜならテントというのは防寒設備はあっても暖房設備は存在しないからです。

つまり暖かく過ごすためにはテントの選び方も重要ですが、それ以上に寝袋やマット、さらにはダンボールを使って独自に寒さを対策することが重要となります、しかしそういった寒さ対策を行いやすいテントというものは存在しているので、今回はそういったテントを中心に冬のキャンプに向けたテントの種類の選び方を解説します。

ツールームテント(ロッジドームテント)

冬の寒さの中でキャンプを行うなら、テントとリビング部分は繋がっていた方が暖かく過ごせます、もちろんストーブなどを使用してテント内を温める場合も同じであり、テント内は暖かいけど食事をしたり団欒を楽しむリビングが寒すぎるというのでは冬のキャンプを十分に楽しめません。

スクリーンタイプのみのツールームテントでは意味がないため、冬キャンプ向けにテントを選ぶのであれば、しっかりと締め切れるパネルを持ったリビング構造のツールームテントを選ぶとよいでしょう。

ワンポールテント(モノポール/ティピー型)

ワンポールテントもサイズによっては寝室兼リビングとして使用できるため、1つのテントの中で全てを完結させることができ、寒空の中を移動しなくてもすむので冬場のキャンプにおすすめなテントと言えるでしょう。

上部から換気できるワンポールテントやベンチレーションのしっかりしたものであればストーブを使用して暖をとることもできますし、冬の寒い中で設営時間も短縮できるのでおすすめなタイプです。

ワンポールテントを冬キャンプに選ぶ場合は、アウターのレインフライの裾が地面まで届くタイプを選ばないと隙間風が入ってきて寒いため注意が必要です、インナーテントも完全なメッシュタイプは避けて選びましょう。

コットンテント

冬のテント選びで予算があるならコットン幕を使用したテントは魅力満載、なんといっても化学繊維で作られたテントと違ってある程度の熱に耐えられるため、テント内で薪ストーブを使いながらオシャレに暖をとれますから、冬キャンプの醍醐味を思う存分楽しめるテントと言えるでしょう。

特にコットン幕を使用したワンポールテントであれば雰囲気満点!しかし手入れや値段を考えると、あまり初心者におすすめなテントということはできないかもしれませんね、興味があれば選んでみてもよいでしょう。

冬キャンプ用テントを選ぶときに注意したいポイント

冬キャンプ用テントを選ぶときに注意したいポイント

ファミリーキャンプの上級者たちは、冬のキャンプでは石油ストーブや薪ストーブ、もしくは電気毛布などの暖房アイテムを使ってテント内を温めています、もちろん幕内でストーブを使うなら換気ができるテントなのは大前提。

また、これは当たり前のことですがテントが大きくなればなるほどストーブのききは悪くなりますし、人間がいることによる温度の上昇も望めなくなるため、テントの性能だけで冬キャンプを暖かく過ごそうと考えているのであれば、テントのメーカーが推奨する収容人数ギリギリでテントを使用し、なるべく天井の低いものを選ぶのがおすすめです。

とはいっても一般的なキャンプであれば食事などの場面でテントからタープへ移動することも多いと思います、そうなるとタープと連結することができるドームテントや、タープ一体型になっているツールームテントなども冬のテント選びでおさえておきたいポイントと言えるでしょう。

スポンサーリンク

初心者におすすめしたい代表的な冬キャンプ用テント

一般的に、「冬だから特別なテントを」と考えているキャンパーは少ないので、どんなテントでも対策次第で冬を楽しく快適に過ごせるテントになります、それを踏まえた上で、あえて冬場のキャンプにおける快適性や楽しさを重要視するのであれば、初心者にはこのテントがおすすめ!という3機種を紹介していきましょう。

小川キャンパル/ヴェレーロ5

現在の価格はコチラ
収容人数
5人
平均重量
29.4kg
収納時サイズ
W80×D38×H36(cm)

まずは、フルクローズ状態にできるツールームテント、小川キャンパルのヴェレーロ5、キャンパー達の間では開放感が少ないテントと評価されていますが、それはむしろ冬場のキャンプにおいては好都合です。

ただ解放できる幕の広さは優れているので、性能的に言うのなら冬は暖かく夏は涼しいテントということもできます、冬場のキャンプは基本的に幕内で引きこもりながら楽しむ!そんな人におすすめなテントです。

ドームテントとタープを結合するよりは隙間もできにくいためツールームテントは冬におすすめと言えます。

>>小川キャンパル(Ogawa-Campal)のテントについて詳しくはコチラ
>>ツールームテントのおすすめランキングはコチラ

ノースイーグル(North Eagle)/コットンワンポール

現在の価格はコチラ
収容人数
4人
平均重量
12.5kg
収納時サイズ
W71×D27×H27(cm)

手軽な価格でコットン幕のワンポールテントを楽しみたいならコレ一択、冬のキャンプを快適に過ごすテントというよりは、冬のテント泊を最大限に楽しむためのテント選びにおすすめな一台といったところです。

天井にはメッシュ窓があるため換気性能も高く、フライシートも地面に近い部分までおろせるため防寒には向いていますし、コットン幕のテントはポリエステルと比べて熱の移動が少なくなるため、冬はテント内部の熱を外に逃がしにくく、夏は外の熱を中に入れづらいという優れものです。

コットンのワンポールテントは吸湿性に優れているため冬に結露しにくいのもおすすめな理由です。

>>ワンポールテントのおすすめランキングはコチラ

スノーピーク(Snow Peak)/アメニティードームS

現在の価格はコチラ
収容人数
1〜2人
平均重量
4.9kg
収納時サイズ
W55×D22×H18(cm)

冬だから、というわけではありませんが、オールシーズン快適に使えるスノーピークのアメニティードームも冬場をそれなりに暖かく過ごし易いテントと言えます、ドームタイプのテントの中では格段に広い前室があるため、寒い冬のキャンプではコンパクトなテントでありながらも幕内に引きこもって過ごせます

>>スノーピーク(Snow Peak)のテントについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備