キャンプやアウトドア好きは必見
ピントルのテント専門ページ

スポンサーリンク

キャンプ用テントおすすめ人気ランキング最新版

キャンプ用テントの人気ランキング

初めてアウトドアやキャンプに挑戦する初心者から、テントの乗り換えを考えている中級者まで、今アウトドア好きから注目されているキャンプ用テントのおすすめ人気ランキングを紹介します。

大手ショッピングサイトやアウトドアショップの売れ筋ランキングなどを徹底調査し、今本当に売れている人気のテントをランキングしていますので、どのテントを購入しようか迷っている人や決めかねているという人は、是非人気ランキングをチェックして自分にぴったりのテントを見つけてください。

スポンサーリンク

最新キャンプ用テント人気ランキングTOP10

最新キャンプ用テント人気ランキングTOP10

人気ランキング上位のテントを徹底調査したところ、キャンプやアウトドア用として多くの人から注目されているテントは4人〜5人用のドーム型テントで、比較的前室のしっかりと作られたタイプであることが判明しました。

キャンプに初めて挑戦する初心者さんの場合は、人気ランキングのトップ10からテントを選ぶのも良いでしょうし、人気ランキングの傾向からスペックを選んで、自分好みのテントを見つけるという方法も良いでしょう。

では早速、アウトドア好きたちから注目されているおすすめテント人気ランキングを第1位から第10位まで、スペックや特徴を合わせて紹介していきますので、テント選びに困っているという人は必見です。

ランキング第1位: タフワイドドーム Ⅳ 300 / コールマン

現在の価格はコチラ
収容人数
4〜6人
平均重量
10.6kg
収納時サイズ
75cm×直径25cm

上級者キャンパー達の多くが、「初心者ならコレ買っておけば間違いないテント」としておすすめしているコールマンの大定番モデル、もうかれこれ数年おすすめ人気ランキングの1位を譲らない人気のテントで、ビギナー向けにインナーマットやグランドシートがセットになったパッケージも販売されていることから、タフワイドドームの人気ぶりが伺えます。

家族全員がゆったり過ごせるサイズ感は、ファミリーキャンプはもちろん友人同士でのオートキャンプなど様々な場面で活躍しますし、広々とした前室もあるため天候が悪化してもテント内を快適に使用できるとあって、初めてのキャンプから慣れてきてからの上級者的キャンプまで幅広く対応してくれます。

あまりの人気ぶりに、キャンパーの集まるテントサイトでは、右も左もコールマン!なんて現象も見かけます、そういった事を受け入れられるのであれば、おそらく初心者におすすめなテントでこれ以上の性能をもったものは無いと言っても過言ではありません。

>>コールマンのテントについて詳しくはコチラ

ランキング第2位:イーグルツーリングドームII NE165  / ノースイーグル

現在の価格はコチラ
収容人数
1人
平均重量
3.6kg
収納時サイズ
W38×D17×H17(cm)

テント泊ツーリングを目的とするキャンパー達から、低価格でありながら充実した内容が高く評価されており、多くの上級者達から初心者キャンパーにおすすめされる人気のテントがノースイーグルのNE165です。

非常に構造がシンプルなため初心者でも容易に設営できますし、耐水圧や開閉式の換気口、さらに小物を入れておけるポケットなどハイスペックモデルに匹敵する充実の機能を搭載しており、収納サイズも40cmに収まるためバイクや自転車に搭載するときも比較的好きな場所に乗せられます。

もちろんキャンプ場におけるソロキャンプでも十分使えますから、一人用のテント購入を検討している初心者であれば、とりあえずノースイーグルのNE165を選んでおけば問題無いでしょう。

ランキング第3位:スクリーンキャノピードーム 300 / コールマン

現在の価格はコチラ
収容人数
4〜6人
平均重量
16.7kg
収納時サイズ
75cm×直径24cm

ファミリーキャンプを広々と快適に楽しみたい、そんな初心者キャンパーにおすすめなのがコールマンのスクリーンキャノピードーム、4人家族がテント内で同時に着替えができるほどの居住性の高さに加えて、晴れていれば"ひさし"に、雨ならば"軒先"としてつかえるキャノピーを搭載しているのも人気のポイント。

初めてのキャンプで窮屈な思いをしたくない、だけど高価なテントや設営の面倒なテントは嫌だという人から人気を得ており、おすすめ人気ランキングでは比較的大型なテントでありながらランキング第3位に登場。

難点といえば大型なため重量があるところ、しかしオートキャンプなど車でテントを運べる場合は重量なんてさほど気にすることではありませんし、テント選びの基本は「大は小を兼ねる」ということです、冬キャンプの場合はテントが広いと室内が温まりにくいですが、他の3シーズンは広いに越したことはありません。

そのため、初めてのテントにどれを選べばよいかわからない、という人に最もおすすめなテントと言えるでしょう。

>>コールマンのテントについて詳しくはコチラ

ランキング第4位:アメニティドーム SDE-001 / スノーピーク

現在の価格はコチラ
収容人数
4〜5人
平均重量
8.9kg
収納時サイズ
W74×D22×H25(cm)

キャンパー達の憧れであるスノーピークのテント、そう言われると高額で手が届かないようなイメージもあるでしょうが、ビギナー向けに作られているアメニティードームはおすすめ人気ランキングで4位に登場するほどの売れ筋。

ツールームテントかと思うほどの広々した前室をもったアメニティードームは、あらゆるジャンルのキャンパーに最適で、初めてのキャンプに挑戦する初心者キャンパーから、ちょっとスペックの高いテントに乗り換えたい中級者キャンパーまでおすすめできます。

初心者の多くは「安いテントを買う悪天候のキャンプを経験するテントを買い換える」という流れになりがち、むしろテントを買い換えるくらいなら、初めからある程度のスペックをもったテントを買って初期投資を抑えたいという人におすすめなテントです。

>>スノーピークのテントについて詳しくはコチラ

ランキング第5位:クレセントドームテント M-3105 / キャプテンスタッグ

現在の価格はコチラ
収容人数
3人
平均重量
2.5kg
収納時サイズ
W66×D14×H14(cm)

とにかく初期投資を抑えたいという初心者キャンパー達から圧倒的な支持を獲得しているテントです、低価格でありながらもコンパクトなサイズと重量に、キャンプに必要なスペックは十分クリアしている点が自転車やバイクでツーリングしながらテント泊を繰り返すキャンパー達にも人気を得ています。

ベーシックなドーム型テントで、ポール2本をクロスさせて簡単に立ち上げることができ、高級なテントと同じようにレインフライを使うダブルウォール構造なので夏はサウナ状態になるのを防ぎ、冬は室内の温度を逃しません、もちろん悪天候な場面でも浸水しにくく快適にすごせます。

とにかく安くテントがほしい、でも性能的に不安なテントは選びたくない、そんな初心者におすすめです。

ランキング第6位:ティエラ5-ST / 小川キャンパル

現在の価格はコチラ
収容人数
5人
平均重量
16.6kg
収納時サイズ
W76×D30×H30(cm)

広々と使えるオールインワンタイプのツールームテント、4〜5人が広々と使えるリビングスペースはスクリーンテントとしてもタープとしても使えるため季節を問わず活用できますし、インナーテントを取り外せば全面をリビングとしても使えるため1台あるだけで、あらゆるキャンプスタイルに適応します。

一般的なツールームテントよりも解放面積が広く作られているため、暑い時期はメッシュを活用して快適に過ごせますし、寒い時期はタープ一体型テントとして使えるため寒空の中を移動する必要もありません。

リビング部分は3面開放が可能で広々と使えますし、インナーテントは吊り下げ式なためレインフライを組み立ててから作業可能で雨の日の設営でも快適に行えます、初めてツールームテントを買おうと思うけど失敗したくないという人にオススメの1台といえるでしょう。

>>小川キャンパルのテントについて詳しくはコチラ

ランキング第7位:イーグルミニドーム200II NE164 / ノースイーグル

現在の価格はコチラ
収容人数
2〜3人
平均重量
3.5kg
収納時サイズ
W57×D15×H15(cm)

低価格で高品質なテントを次々と生み出し初心者キャンパー達から人気を獲得しているノースイーグルの売れ筋ナンバー1テントといえば、イーグルミニドーム200Ⅱ、シンプルで無駄のないドーム型のテントで、フライシートには紫外線を90%カットする素材を使用するなど細かい点も人気のポイント!

前室部分を排除し全てを居住空間にすることで収容人数を増やし、インナーテントには開閉式のメッシュ窓を搭載したり、背面に大型の通気口を装備するなど、快適性の高さが支持されておすすめ人気ランキングで7位に登場!

メーカー設定の収容人数は最大3人となっていますが、大人2子供2という家族でもみんなで寝られるサイズであり、荷物を全てテントに入れる必要のないオートキャンプであれば大活躍してくるため、初めてのファミリーキャンプにもおすすめなテントといえます。

ランキング第8位:ワンタッチテント T2-29 / ドッペルギャンガーアウトドア

現在の価格はコチラ
収容人数
1〜2人
平均重量
2.6kg
収納時サイズ
65cm×直径15cm

キャンプ場に着いたら15秒で設営完了!アウトドア初心者な女性であっても圧倒的な速さで設営できることからキャンプ用としてだけでなく野外フェスなどに使用する人が急増して人気ランキング8位に輝いたワンタッチテントです。

近年人気が急上昇しているワンタッチテントですが、その名門と言えるメーカーがドッペルギャンガーアウトドアであり、最も人気の高いこのT2-29以外にも、軽量性を重視したタイプやダブルウォールで実用性重視のモデルなども存在しています、とにかく手軽な設営を求める初心者キャンパーにおすすめなテントです。

このT2-29はシングルウォールタイプと呼ばれる構造で、真夏日の炎天下や豪雨には耐えられないことがあるため、本格的なテントが欲しいという人は注意が必要です。

>>ドッペルギャンガーアウトドアのテントについて詳しくはコチラ

ランキング第9位:ウインズライトドーム 270Ⅱ / コールマン

現在の価格はコチラ
収容人数
4〜5人
平均重量
7.8kg
収納時サイズ
67cm×直径22cm

キャンプ場のテントサイトに行くと右も左もコールマンのテント、一面がミドリとベージュのコントラストで埋め尽くされているなんていう光景をよく見かけます、人と同じテントは嫌だな・・・と思いながらも低価格で高機能なコールマンを避けることはできない、という悩みを抱えた人から大人気なのがウインズライトドームです。

スペック的には1位に登場したワイドタフドームよりもテントの高さが低く、激しい暴風雨の中でも吹き飛ばされにくい設計になっており、重量自体も軽くなっているので、ゆるい系ファミリーキャンプ以外にも、本格的なアウトドアレジャーにも対応してくれる魅力的なテントです。

でも、人気ランキングの9位に登場した理由は、スペックだけでなくやはり「これコールマンのテントなの?」と言われるような配色とビジュアルでしょう、定番は避けたい派の人におすすめなテントです。

>>コールマンのテントについて詳しくはコチラ

ランキング第10位:neos PANELストリームドーム WXL / ロゴス

現在の価格はコチラ
収容人数
4〜5人
平均重量
11.2kg
収納時サイズ
W62×D44×H21(cm)

何と言ってもこのテントの魅力はパネルシステムと呼ばれるキャノピー、一般的な前室は巻き上げるタイプで開閉するため、雨の日にタープとして使用した場合に水が溜まりやすかったり、直線的に張られるため前室が狭くなりがちでしたが、パネルシステムではキャノピーにフレーム構造を使用するため全てを解決します。

もちろんしっかりとした作りですからタープとして使用した際にランタンをぶら下げたり、ドアのように開閉が可能で、一般的なテントよりも前室の快適性が良い点に評価が集まり人気ランキングで10位を獲得しました。

雨の日でも幕内に引きこもらずアウトドアを楽しみたいというキャンパーにおすすめです。

>>ロゴスのテントについて詳しくはコチラ

自分にとってピッタリのテントを見つけるには・・・

自分にとってピッタリのテントを見つけるには・・・

テントというのは一口に言っても様々な種類が存在しており、使用する環境や場面に合わせて多種多様な物が作られています、そのため自分にとって最適なテントを見つけるにはまず、テントの種類とそれぞれの特徴を詳しく理解することが大切となるでしょう。

たとえば、設営時間を優先するのか、持ち運びを優先するのか、居住性を優先するのか、こういったことでベストなテントというのは変化しますから、上手なテントの選び方を知ることで、自分にとって相性の良いテントが見つかるでしょう。

人気ランキングや定番のテントからイメージだけで選ぶのも良いですが、せっかくなら予算の許す限りベストな選択をしたいところです、まずは一度テントの選び方について正しく学んでみてはいかがでしょうか?

>>プロが教えるキャンプ用テントの上手な選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備