キャンプやアウトドア好きは必見
ピントルのテント専門ページ

>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備

ワンタッチテントおすすめ人気ランキング

ワンタッチテントおすすめランキング

簡易テントの中でも取り分け設営にかかる時間が短く、まるで折り畳み傘を開くかのように数十秒で設営可能なワンタッチテントやポップアップテントと呼ばれる種類、軽装備で済むことからお手軽キャンプやちょっとしたアウトドアで大活躍!

ここではそんなワンタッチテントやポップアップテントのおすすめ人気ランキングをトップ5まで紹介していきます、これからキャンプを始めよう!という初心者さんやワンタッチテント選びで迷ってるあなたに、おすすめなテントをランキングにして紹介しますので、ぜひ選び方の参考にしてください。

スポンサーリンク

おすすめワンタッチテント第1位:eSPORT/ALOT-001

現在の価格はコチラ
収容人数
3人
平均重量
2.8kg
収納時サイズ
W102×D17×H17(cm)
参考設営時間
15秒

価格の面でも機能の面でも、今販売されているワンタッチテントの中で最もおすすめなのがeSPORTのALOT-001、この価格で大人3人(子供2人なら4人家族)を収容できるサイズと、持ち運びしやすい3kgを切る重量は魅力的!

本体上部にとりつけられている独自機構のワンタッチシステムがあるので、テントの設営に慣れてない人でも15秒あれば簡単にテントが組み立てられますし、耐水圧1500mmの撥水加工素材によって急な雨でも安心して寝られます。

そして何よりポイントなのはワンタッチテントには珍しい大きめのフライシートが取り付けられているため、日陰に設営することができない場所や、海辺でのキャンプ、野外フェスなど、直射日光が避けられない場所にテントを張ってもサウナ状態になりづらく、テントの上部は蚊帳のようにメッシュで作られているため、夜はフライシートを外して使うことも可能。

テントの中で寝転びながら夜空を見るなんてキャンプの醍醐味も味わえます。

フライシートを組み立てるところまで入れても3分程度で出来るワンタッチテントであり、その構造はまるで大きな折り畳み傘のようなもの、友人とのキャンプだけでなく、子供達の前でササッとテントを設営してかっこいいところを見せたいパパにもおすすめな初心者向けワンタッチテントです。

おすすめワンタッチテント第2位:DOPPELGANGER OUTDOOR/T2-29

現在の価格はコチラ
収容人数
2人
平均重量
2.6kg
収納時サイズ
65cm×直径15cm
参考設営時間
15秒

野外フェスからキャンプまで幅広く活躍するワンタッチテントの代表格!初めてのキャンプに挑戦する人や、テントの設営に手間取ってかっこ悪い思いをしたくない人、準備や片付けに時間をかけたくない人など、とにかく手軽に割としっかりしたテントを設営したいという人にオススメなのがドッペルギャンガーアウトドアのT2-29です。

前室がないので本格的なキャンプには向きませんが、バーベキューなどの休憩所として使ったりツーリングでの野営など、まるで折り畳み傘を開くかのような簡単な設営方法で15秒程度あれば作れるのが魅力です。

収納時の幅が65cmと比較的大きめなので、持ち運ぶのは若干面倒かもしれませんが、キャンプする場所へ車で移動するという人であれば問題ありません。

このワンタッチテントはフライシートがないため直射日光を浴びるとサウナ化するという難点がありますが、換気のためのメッシュウインドウも取り付けられているので、夏の暑い日でも日陰に設営して無風状態でなければ快適に過ごせます。

>>ドッペルギャンガーアウトドア(DOPPELGANGER OUTDOOR)のテントについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

おすすめワンタッチテント第3位:EXELUX/NBBT-BG

現在の価格はコチラ
収容人数
2人
平均重量
2.6kg
収納時サイズ
直径68cm
参考設営時間
2秒

一般的なワンタッチテントですら設営が面倒だと感じる人なら、ポップアップテントと呼ばれるタイプのテントが良いでしょう、袋か出したら開くだけ、たった2秒でテントの設営ができる優れものです。

もちろん設営や撤収は女性一人でも簡単に行えるほどの手軽さで、専門的な知識がないキャンプ初心者でもあっという間に設営完了、収納時のサイズは直径68cmと大きめですが、厚みは10cmもいかないほどなので比較的コンパクトに持ち運べます。

そしてエグゼラックスのNBBT-BGは、一般的なワンタッチテントに使われるペグが4~6本なのに対して最大8本のペグを使用して地面に固定できますから、海辺でのキャンプなど強風に煽られた際もテントがつぶれにくく、キャンプする場所を選ばずに使えるため、初心者が初めて購入するワンタッチテントとしても非常におすすめです。

ただし生地が薄手なため、雨の強い日や夜露の多い時期との相性はイマイチです。
他のワンタッチテントと比べて風に強いので、釣りキャンプや海水浴キャンプにおすすめです。

おすすめワンタッチテント第4位:DOPPELGANGER OUTDOOR/T2-84

現在の価格はコチラ
収容人数
2人
平均重量
1.9kg
収納時サイズ
65×直径15(cm)
参考設営時間
15秒

登山やツーリングなどの荷物の量をできるだけ抑えたい時に魅力的な1.9kgという軽量性に加えて、ワンタッチテントでありながらもタフな環境下でも十分に使用できるダブルウォールタイプの本格派テントです。

ワンタッチテントの中ではそれなりに値が張るのは難点ですが、フライシートとインナーテントのダブルーウォール構造は、テント内部の結露や雨風の侵入を劇的に軽減させ、なおかつ直射日光によるサウナ状態も改善します、ワンタッチテントの便利さとテント使用時の快適性を両立したテントと言えるでしょう。

居住環境の良さを兼ね備えたワンタッチテントであればドッペルギャンガーアウトドアのT2-84は申し分ありませんが、軽量性をウリにしているのに収納時のコンパクトさはイマイチなのがマイナスポイント、バイクや自転車に積載するとなるとちょっと大きいですね。

それにインナーの底面部分が薄いので、芝生などのテントサイトであれば良いのですが、硬い場所だと寝苦しいためグランドシートなどは必須となります、とはいうもののワンタッチテントとしてはほぼ満点の性能です、これ以上の性能を求めるのであればワンタッチタイプは諦めるのが賢明な判断かもしれませんね。

ワンタッチテントの手軽さと居住性のどちらにもこだわりたいという人におすすめです。

>>ドッペルギャンガーアウトドア(DOPPELGANGER OUTDOOR)のテントについて詳しくはコチラ

おすすめワンタッチテント第5位:Quechua/2 SECONDS EASY 3

現在の価格はコチラ
収容人数
3人
平均重量
3.9kg
収納時サイズ
直径105cm
参考設営時間
2秒

ポップアップテントタイプなのでケースから取り出したらワンタッチで設営完了、テントの組み立て方を全く知らない初心者や、初めてテントを設営する子供でもあっという間に設営できます。

そしてポップアップテントとしては圧倒的な性能もおすすめポイントの1つ、防水性能や防風性能も高く、ワンタッチテントでありながら12時間近く雨に降られても浸水することなく快適に過ごせたという意見もありました。

ケシュアではテントの継ぎ目やジッパーなどにシャワーを当てて検証するテストをしており、一般的な防水テストよりも厳しく性能をチェックしているため、ワンタッチテントの中でも雨に強いテントと言えるのが魅力です。

ただし難点は重量が約4kgもあるところ、一人でもつと結構重く感じるでしょう、さすがに4kgともなると背負って持ち運ぶには大変かもしれません、車でキャンプ地まで移動できる人や、車からテントサイトまでが遠くないキャンプ場であれば問題ありませんが、荷物を持って歩かなければいけない場合は苦痛に感じる人もいるでしょう。

しかし居住空間の良さでいればワンタッチテントのなかでもトップクラスです。

せっかくの楽しいキャンプ、とくに初心者さんの場合はテントの快適性はキャンプの楽しさに直結しますから、女性と一緒に行くキャンプのためのテント選びなら居住性はかなり重要なポイントと言えます。

>>ケシュア(Quechua)のテントについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備