キャンプやアウトドア好きは必見
ピントルのテント専門ページ

>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備

キャンプ用テントのサイズと使用人数の目安

キャンプ用テントのサイズと使用人数の目安

キャンプ用のテントを購入する時に、皆さんはどのような基準を持っているでしょうか。値段や機能、形状など様々な基準があるかと思いますが、その中でもサイズを気にする方は多いのではないでしょうか。

このサイズでは大きすぎでは!?このサイズでみんなで横になって寝れるスペースはあるの!?そんな疑問にお答えすべく、ここではキャンプ用テントのサイズや使用人数の目安について紹介していきます。

スポンサーリンク

キャンプ用テントのサイズ選び

キャンプ用テントのサイズ選び

泊まりでのキャンプに欠かすことの出来ないテント。そんなテントを選ぶ際に迷ってしまうポイントの一つがどんなサイズのテントを選ぶかということでしょう。特に就寝スペースには気をつけなくてはいけません。

様々なサイズのテントがある中で、小さすぎるサイズのテントではゆったりと就寝できない、荷物が置けないなど様々な弊害が出てきてしまいます。人数に合わせたテント選びが重要となってくるでしょう。

では一体何を目安にテントのサイズを決めるようにすればよいのでしょうか。もちろん利用する方の体格によって一概に言えない部分はありますが、まず目安となる大きさについて紹介していきます。

メーカー記載の利用人数の決め方

まず一つの目安としてメーカーが記載している「~人用」というものがあります。これは、JIS企画に準拠したものとなっており、ドーム型テントにおいて一人が寝るためのスペースは「55cm×180cm」と決められています。

ではこの記載に従っていれば快適に就寝できるスペースを十分確保できるのかというと必ずしもそうではありません。快適利用人数は、「記載されている人数-1人」と考えておく方が良いでしょう。

使用人数によるサイズの目安

まずテントで就寝することを想定した時に必要となる長さ(身長側)ですが。単純に大人一人が足を曲げずに寝れるには200~210cmくらいあった方が荷物も置くスペースを考えた場合安心です。

ファミリーキャンプで使用するテントの場合、長さが200cm以下というのはなかなかありませんので一人でキャンプをする場合には一人用と記載のあるテントで間違いはありませんが、問題は複数人数でキャンプをする場合に使うテントです。

ここから重要となるのが長さに対するもう一辺(人の肩幅)、言葉にするのであれば幅といったところでしょうか。これはそこで使用する人の体格によってかなり差はありますが、基本的には一人60cm~65cm程度あれば概ね問題ないでしょう。

つまり、一般的な体格の方一人分のスペースは、210cm × 65cmあればある程度快適に就寝できると言ってもよいでしょう。60cm以下となるとかなり窮屈に感じるサイズとなるでしょう。

ちなみに実際に計ってもらうとお分かりいただけると思いますが、65cmは実際に自宅で当てはめるとかなり狭いです。あくまでもテント泊をイメージしていることをご了承ください。

テントのサイズと使用感

上記の目安を参考にしつつ、実際のテント居住スペースのサイズから、そのサイズのテントを使用した際の簡単な使用感について表にまとめたので、キャンプ用テントの購入をサイズで迷っている方は参考にしてみてください。

サイズ
目安
使用感
210×130(cm)
1~2人
1人なら余裕、2人だとピッタリ
210×180(cm)
2~3人
2人なら余裕、3人だとピッタリ
270×270(cm)
4~5人
3人だとかなり広い、4人だとちょうど、5人はキツイ
300×300(cm)
4~6人
4人で広々、6人ではちょっとキツイ。
420×300(cm)
8~10人
6人でもかなり広々、8人で丁度、

テント選びで迷うサイズ、270と300

テント選びで迷うサイズ、270と300

ネット上でも比較的検索されているテントにおけるサイズ感で迷っている人が多いのが、一辺の長さが270cmなのか300cmなのかという部分です。上記の表にもある通り、「270×270」と「300×300」はどちらも4人で使うには使えるサイズとなっています。

どちらを選べばよいのかという問いに対して、もっとも簡単な答えとしては300を買っておけば間違いないという答えでしょう。簡単に言えば「大は小をかねる」という言葉がある通り、特に温かい時期のファミリーキャンプにおいては300で間違いないでしょう。

ちなみに、テントにおいて大は小を兼ねない場合もあります。それは気温です。テントは小さい方が温度を温かくしておくことが容易なため、使用する季節によっては無駄にスペースを持たせない方が良い場合もあります。

つまり春や秋をメインにキャンプをする場合には、人数ピッタリでスペースに余裕を持たせないという選び方もあります。ただし寝袋や装備によって保温を確保すれば広いスペースを使うこともできるので、そこは好みになってくるでしょう。

>>プロが教えるテントの上手な選び方はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備