キャンプやアウトドア好きは必見
ピントルのテント専門ページ

>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備

一人用テントの上手で賢い選び方

一人用テントの選び方

キャンプにハマった人なら完全なる自由を手に入れられるソロキャンプに挑戦したい人は多いでしょう、そこで今回は一人用テントの上手で賢い選び方を紹介していきます、一人用テント選びで失敗しないためにも選び方で注意すべきポイントをおさえて、自分にぴったりの一人用テントを手に入れてください。

一人用テントといってもその種類やタイプは様々で、コンパクトで軽量なものを選ぶべき人や、むしろ重量があってもサイズの大きなテントを一人用として選ぶべき人もいますので、使用する場面や状況に合わせたおすすめの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

一人用テントの選び方の種類

一人用テントの選び方の種類

ソロキャンプで一人用に使用するテントを選ぶときには3つの要素でどこを強めるのかがポイントとなります、その3つのポイントというのは「居住性」「軽量性」「操作性」であり、この3つのどれかの部分を強めることで自分のキャンプスタイルに適した一人用テントを見つけることができます。

そこで、ソロキャンプ向けな一人用テントを選び方に分けて詳しく解説したいと思います。

居住性でテントを選ぶ

車を使用してキャンプ場などへ向かい、日常から離れたアウトドアの空間で一人優雅で気ままなキャンプライフを楽しみたい、そんな人は一人用テントを居住性にフォーカスして選ぶのが重要となります。

居住性で一人用のテントを選ぶとなると大きめに使えるテントが良いわけですが、オートキャンプであればテントの重量は重くても構いませんので、「大きくて軽いテント」のような高価なテントである必要性もないでしょう、重要になってくるのは一人で組み立てられる仕組みを持った大きなテントである事です。

もちろん、ただ闇雲に大きければ良いというわけではありません、8人入れる巨大なロッジドーム型テントを立てたところで持て余してしまう場合もありますが、テントは基本的に「大は小を兼ねる」です、自分の使える範囲で大きいテントを選ぶと良いでしょう。

重量や収納サイズでテントを選ぶ

自転車でのツーリングや登山、ハイキングなどのレジャーにおいてソロキャンプをするなら一人用テントは重量や収納時のサイズで選ぶのがポイントとなります。

ここでポイントとなるのは「自分の力でテントを運ぶ必要があるのかどうか」という部分、自分でテントを運ぶとなると軽量性はとても重要ですし、自転車に搭載するとしても収納時のサイズが大きいのは困りものです。

そういった場面で使用する一人用テントを選ぶという人は、最低限必要な居住性を選んだ後に、同じ形状のテントで最も重量が軽くコンパクトに収納できる一人用テントを選ぶのが良いでしょう。

バイクでのツーリングに使う一人用テントであれば重量はさほど気にしなくて良いでしょう。

設営や撤収の速さでテント選ぶ

長距離を移動したのちに使用する一人用テントであれば、居住性や重量に加えて設営の容易さや撤収の早さも重要となります、やっとの思いでテントを張れる場所へたどり着いてヘトヘトな状態から、さらにテント設営で大変な思いをするなんて、かなりストレスが溜まります。

1人用テントを選ぶときに注意したいポイント

1人用テントを選ぶときに注意したいポイント

一人用のテントを選ぶとき、理想的なのは設置がしやすくて、軽量で、耐久性が高くて広々とした居住空間があることですが、その全てを叶えるようなテントはこの世に存在していないため、そのどれかを犠牲にして選ぶ必要があります。

そうなると、自分がどのようなソロキャンプを行うのかに合わせて最適な一人用テントを選ぶことが賢い選択となりますから、テントに泊まることが目的なのか、テントに泊まるのは目的のための過程なのか、こういった部分に注目することで自分のスタイルに合った一人用テントが選べるでしょう。

例えば、キャンプ場でテントを張って泊まるという行為を楽しみたいのであれば、少々サイズが大きくて設置が面倒なテントでも楽しく設営することができますが、テントを張って野営しなければならないという状態の時は体力が残ってない段階でテントの設営を始めるわけですから、できる限り楽に設営できるテントを選ぶのが良いでしょう。

つまり一人用のテントを上手に選ぶなら、どのような場面でどのようにテントを使用するのか、ということに注意してテントを選ぶのがポイントとなるということです。

スポンサーリンク

初心者におすすめしたい代表的な一人用テント

では、今年からソロキャンプに挑戦するぞ!という初心者のために、快適な1人オートキャンプから、自分でテントを運ぶ必要のあるキャンプまで、多くの人から愛されている代表的な一人用テントを紹介していきます。

3タイプに分けて定番とされている一人用テントを紹介していますので、ソロキャンプ用テント選びに迷っている人はこの中から自分に合ったテントを選ぶか、同じ系統のテントをえらべば失敗することは少ないでしょう。

モンベル(mont-bell)/ムーンライトテント 1型

現在の価格はコチラ
収容人数
1〜2人
平均重量
2.3kg
収納時サイズ
40cm×直径15cm

コンパクトなサイズ、手軽な重量、単純で簡単な設営、安心の耐久性、適度な居住性、どれもバランス良く作られている汎用性の高いソロキャンプ向け一人用テントの代表格といえば、今も昔もモンベルのムーンライトテントでしょう。

ムーンライトテントという名前の由来は「月明かりの中でも設営できる単純なテント」ということであり、光のない場所で急遽テント泊を余儀なくされたとしても組み立てられる構造と、1人で寝るなら広く感じるくらいの居住性をを持った定番の一人用テントです。

ソロキャンプをしたいけど、どのテントを選べば良いのかわからない!という人であれば、とりあえずムーンライトテントの1型、もしくはそれよりサイズの大きい2型3型を、重量と見比べながら選べば間違いありません。

>>モンベル(mont-bell)のテントについて詳しくはコチラ

小川キャンパル/ポルヴェーラ34

現在の価格はコチラ
収容人数
3〜4人
平均重量
8.4kg
収納時サイズ
W68×D25×H25(cm)

居住性の高さに振り切ったテントを選ぶなら、収容人数が1人のテントを選ぶだけではなく、大型のツールーム(ロッジドーム)テントを選択肢に入れるという考え方もできます。

一人でも慣れれば10分程度で設営が可能な大型テントであり、寝室となるインナーテントと、スクリーンテント(タープ)の部分に分かれているためリビングが広く、雨が降ったとしてもアウトドア料理を楽しめて、狭苦しい思いをせずに済みますので、車を使って週末ソロキャンプを楽しみたい!という人におすすめといえるでしょう。

>>小川キャンパル(Ogawa-Campal)のテントについて詳しくはコチラ
>>ツールームテントのおすすめ人気ランキングはコチラ

ケシュア(Quechua)/2 SECONDS XL AIR III

現在の価格はコチラ
収容人数
3人
平均重量
5.5kg
収納時サイズ
直径89cm

とにかく設営に時間をかけたくない、雨風凌げる寝床があれば十分だ!というソロキャンパーなら性能の良いポップアップ式テントも一人用テントの選び方としておすすめと言えるでしょう。

ケシュアの2 SECONDS XL AIRは大人3人が収容できるほどの居住空間を持ちながらも、ケースから出して広げたら2秒で設営完了というとんでもないテントです。キャンプ場へたどり着くころには疲れ果てているから、とにかくテントの設営に力を使いたくないという人におすすめな一人用テントと言えます。

前室部分もありますし、室内も3人用ですから荷物を入れることも可能、雨が降っても快適に過ごせますし、急に雨が降り始めてもあっという間に設営できるので、とにかく使い勝手で一人用テントを選びたいという初心者におすすめです。

>>ケシュア(Quechua)のテントについて詳しくはコチラ
>>ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> テントの選び方やランキングが一目瞭然! <<
キャンプ用テントってどんな種類があるの? キャンプ用の
テントの種類
キャンプ用テントで人気のメーカーまとめ テントの
メーカー一覧
ワンタッチテントおすすめ人気ランキング ワンタッチテント
人気ランキング
ツーリングテントおすすめ人気ランキング ツーリングテント
人気ランキング
キャンプに必要なテント泊の装備まとめ キャンプに必要な
テント装備