最高のマイダーツが見つかる!
ピントルのダーツ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初めてのマイダーツ!初心者向けダーツセットの選び方
初心者向け
ダーツセット
初心者必見!長さや規格で違うダーツチップの種類と選び方
ダーツチップ
選び方
初心者必見!素材や形状で違うバレルの種類と選び方
バレル
選び方
初心者必見!素材や長さで違うシャフトの種類と選び方
シャフト
選び方
初心者必見!面積や形状で違うフライトの種類と選び方
フライト
選び方

壁の穴不要!ダーツボードスタンドのおすすめランキング

おすすめのダーツボードスタンド

ダーツの練習をするのにいつもダーツバーなどに足を運ぶのは面倒と思う方もいらっしゃるかもしれません。そんな時にはダーツボードを購入するのですが、これを普段プレイする高さに固定するためには壁に穴をあけるなどしなければならなくなります。

ダーツボードは自宅でダーツをプレイする上でも、決まった高さに無いといけません。その高さを得るためにダーツボードスタンドというアイテムが存在します。こちらではそのダーツボードスタンドのおすすめランキングをご紹介していきます。

>>ダーツボードの選び方や設置の手順について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

ダーツボードスタンドとは

ダーツボードスタンドとは

ダーツボードスタンドは名前の通りダーツボードを固定するためのスタンドになります。ダーツボードは基本的に規定の高さに無いといけませんが、自宅でその高さを取ろうと思うと壁に穴を開けなけなければいけなくなります

自宅でも躊躇うところですが、アパートやマンションだと壁に穴を開けるのは後々面倒です。そんな壁に穴を開けたくない方におすすめなのがこのスタンドなのです。高さもしっかり取れ、ダーツボードを固定してくれるので是非使うべき商品です。

ダーツボードスタンドの種類とメリット・デメリット

ダーツボードには以下の2タイプがあります。

  • 自立タイプ
  • 3脚/突っ張りタイプ

自立タイプは、文字通りそれ単体でしっかりと立ってダーツボードを固定できるタイプになります。自立している分、安定性があるのがメリットですが、安定性を生むために全体的に重量があるので移動させにくいのがネックです。

3脚/突っ張りタイプはカメラの3脚を大きくしたものをイメージしていただくといいでしょう。そのため設置が簡単であり、本体自体もコンパクトであるため狭い場所にも置けるというメリットがあります。しかし、その分安定性には欠けるというデメリットがあります。

つまり自分がどのようにダーツボードを使うかで選ぶべきタイプは違うという事です。スペースがあり片づけず、据え置きで安定性を求めるのであれば自立タイプを、スペースがなくその都度片づけるのであれば3脚/突っ張りタイプを選ぶと事になります。

タイプ メリット デメリット
自立タイプ 安定性に優れている 重い
3脚/突っ張りタイプ 設置が簡単で狭いスペースにも置ける 安定性がない

ダーツボードスタンドのおすすめランキングTOP5

ダーツボードスタンドのおすすめランキングTOP5

それではダーツスタンドの種類や特徴もわかったところで、ここからはおすすめのダーツスタンドのランキングをご紹介していきましょう。ダーツスタンドは、それほど多くの商品はありませんが、その中でもおすすめの5選をランキング形式でご紹介していきます。

第1位:マッキンリー(Mckinley) / LR900/K

現在の価格はコチラ

この商品は自立タイプのダーツボードスタンドです。しっかりとダーツボードを固定できるだけでなく、安定性を生みスタンドの揺れを解消するため裏面にはクッション材も付いています。ブルのセンター取り付け位置にシール付きとなっており、ダーツボード自体の取り付けも簡単になっています。

また高さも調節可能で、お子様でも安心して使えるのも有難いところです。また転倒防止器具も付いているのでうっかりぶつかって倒してしまう心配もありません。これで価格はそれなりに安い部類に入ることから使いやすさも含め、第1位になりました。

第2位:ディークラフト(D.craft) / アルテミス

現在の価格はコチラ

アルテミスは脚が折りたたみ式であるため、軽量でコンパクトに使えるダーツスタンドになっています。重さは12kgとなっているので脚さえたたんでしまえば、簡単に収納できるのもポイントです。

真ん中にはダーツホルダーも用意されており、9本まで収納可能となっています。バックボード自体は広めにとられているため、アウトボードしてしまっても壁に当たりにくい仕様となっています。安定性にはやや欠けるため第2位ですが、価格も考えるとなかなかお得な商品です。

第3位:トリニダード(TRiNiDAD) / マルチダーツスタンド

現在の価格はコチラ

3脚タイプのダーツスタンドです。組み立て式ですが作り方は2分で出来る簡単組み立てで、重さも2kgと業界最軽量となっています。3脚タイプの欠点であった安定性を高めており、さらに伸縮ポールでボードの揺れも防いでくれます。

収納、持ち運び共にしやすいため、スペースがないワンルームでも使いやすい商品となっています。どんなダーツボードでも取り付け可能となっており、便利なスタンドですが、価格がやや高めという事から第3位になりました。

第4位:グランダーツ(GRAN DARTS) / グランダーツ ダーツボードスタンド

現在の価格はコチラ

自立タイプと突っ張りタイプの2種類があるダーツボードスタンドです。木製で作られているため、インテリアとしても利用できるスタンドになっています。簡単に設置でき省スペースをコンセプトにしているために、設置の自由度も高いものとなっています。

自立タイプはもとより、突っ張りタイプも安定性を持たせているので、どちらも安心してダーツボードを取り付け、ダーツを楽しむことができます。それらの使いやすさも考え第4位になりました。

第5位:ダイナスティー(DYNASTY) / DY03

現在の価格はコチラ

メタルラックを有した自立タイプのダーツボードスタンドです。これだけでも安定性がありますが、メタルラックが荷物置きにも使えるため、インテリアとして使いつつさらに安定性を生み出すことができます。

組み立て方法もメタルラックと同じ感覚で出来るのも使いやすさに繋がっています。手間ですが、解体すればコンパクトにしまっておくこともできます。転倒防止用ベルトも付いているので、ぶつかって倒してしまう心配もありません。耐久性も高い作りとなっているので、長期間使うことも可能です。価格としてもダーツボードスタンドの中では安いので第5位にランクインしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初めてのマイダーツ!初心者向けダーツセットの選び方
初心者向け
ダーツセット
初心者必見!長さや規格で違うダーツチップの種類と選び方
ダーツチップ
選び方
初心者必見!素材や形状で違うバレルの種類と選び方
バレル
選び方
初心者必見!素材や長さで違うシャフトの種類と選び方
シャフト
選び方
初心者必見!面積や形状で違うフライトの種類と選び方
フライト
選び方