最高のマイダーツが見つかる!
ピントルのダーツ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初めてのマイダーツ!初心者向けダーツセットの選び方
初心者向け
ダーツセット
初心者必見!長さや規格で違うダーツチップの種類と選び方
ダーツチップ
選び方
初心者必見!素材や形状で違うバレルの種類と選び方
バレル
選び方
初心者必見!素材や長さで違うシャフトの種類と選び方
シャフト
選び方
初心者必見!面積や形状で違うフライトの種類と選び方
フライト
選び方

失敗しない!人気のダーツケースおすすめランキング

おすすめのダーツケース

ダーツをプレイするにはダーツバーなどにマイダーツを持っていくことになりますが、その持ち運びはそのまま持っていくわけにはありません。ダーツはどのパーツもデリケートなので、保管はもちろん持ち運びでもケースが必要となってきます。

ダーツを一式持ち歩けるダーツケースは、かなりの数があり買いに行くと目移りして迷ってしまう方もいらっしゃいます。そんな方々のために、失敗しない人気のダーツケースおすすめランキングをご紹介していきます。悩んでいらっしゃる方はこちらも参考にして選んでみてもらうのもいいかもしれません。

>>ダーツケースの種類や選び方について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第1位:グルーヴエイト(Grooveeight) / グルーヴハーツ シェル 70+シェイプ

現在の価格はコチラ

シンプルながらもファッション性があり、さらに収納容量が大きいダーツケースです。フライトをつけたままでも収納できる容量を持ちながら、さらに予備のバレルを6本とチップを入れることが可能で、携帯性に優れており、デニールナイロンによるデザインで耐久性も実現しています。

またメッシュポケットにはダーツカードなどを入れて置けるスペースも確保されています。まさにダーツケースの決定版のような便利な商品として第1位になりました。

第2位:カメオ(CAMEO) / ガーメント2 ウィズ ドロップスリーブ FDPS

現在の価格はコチラ

非常にファッション性の高いダーツケースが第2位に入りました。シンプルでベーシックなデザインですが、キレイ目からカジュアルまであらゆるスタイリングで使用できる商品となっています。

もちろん収納能力も高い商品であり、バレルやチップ、フライトなどダーツに必要なパーツをしっかり整頓しながら携帯することができます。さらにダーツ3本を、フライトをつけたまま収納し、さらに完全保護するハードケース「ドロップスリーブ2」も一体型となっています。これだけの性能を持っているため少し高いですが、これ1つあれば十分満足できるとして第2位になりました。

スポンサーリンク

第3位:モンスター(Monster) / ブースターウォレット

現在の価格はコチラ

合皮を利用して作られた縦長にコンパクトなダーツケースです。ダーツ本体はもちろんのこと、予備パーツも全て収納でき、まとめてくれます。蓋は誤って開いてしまわないように内蔵マグネットによってしっかりホールドしてくれるのもポイントです。

自分だけのオリジナリティを出すためにカスタマイズも自由自在となっており、ファッション性も併せ持つ商品として第3位に入りました。

第4位:カメオ(CAMEO) / ディメンション ブラック

現在の価格はコチラ

シンプルで大容量のダーツケースです。中はダーツを保護するクッションとパーツを収納するポケットのみになっているので、自由に使いまわすことができます。ただ整理整頓にはやや向かない構成ともなっているので好みに左右されます。

軽量になっているので携帯性も良く、さらにジッパーによって口を閉めるため誤って開いてしまうことがありません。ケース自体も中を衝撃から守られるように作られていますが、圧迫には弱いため注意が必要です。携帯性や自由度の高さから第4位になりました。

第5位:アルティマダーツ(Ultima Darts) / ガーディアンケース

現在の価格はコチラ

プロ仕様のダーツケースが第5位に入っています。中央の大きなポケットはダーツ本体を、外側の小さいポケットには予備のバレルやチップなどを収納できるように設計されています。ダーツ自体はフライトをカバーすることで変形を防ぎつつ、ポケットの中からダーツを取り出しやすいように工夫されています。

ケースを開けてすぐさまダーツを取り出せるようになっている設計はまさしくプロ仕様と言えるでしょう。その分だけ価格が少し高めという事もあり第5位となりました。しかしスタイリッシュで利便性の高いダーツケースをお求めならおすすめです。

スポンサーリンク

第6位:カメオ(CAMEO) / バミューダ ウィズ ドロップスリーブ FDPS

現在の価格はコチラ

第2位の商品のようにドロップスリーブ2をまるまる収納できる大きめの容量を持ったコンパクトケースです。しかしこちらは女性の化粧ポーチのような形状をしており、作り自体はシンプルです。ただその分だけ収納力は高いのも特徴です。

中は複数のポケットがあるだけなので使い方は自分次第で変えられますが、ダーツをそのまま入れておくと外部からの力で変形する可能性があるので注意が必要です。価格や自由度も含めて第6位になりました。

第7位:モア(more) / 全知全能

現在の価格はコチラ

モアから発売されているダーツケースはドロップインタイプのハードケースです。ダーツセットは2セット、ダーツカード4枚、チップ12本などコンパクトなのに大量に持ち運べるのも有難いです。徹底的に無駄を排除したデザインのおかげでこれだけの収納を可能にしつつ、衝撃や振動でダーツやパーツが破損するのを防いでくれる商品として第7位にランクインしています。

第8位:トリニダード(TRiNiDAD) / オールアルミケース スリム

現在の価格はコチラ

まるでジェラルミンケースのような外観のダーツケースです。ハードケースとなっているため、衝撃などに強いケースとなっており、中身をしっかり守ってくれます。収納の仕方は自由度が高いので、好きなようにパーツなどを配置することができますが、ダーツ本体やチップを固定できるポケットも完備されています。

アルミを使用しているため軽量で、バッグなどに入れていても重さをほとんど感じさせないことから携帯しやすい商品として第8位になりました。

スポンサーリンク

第9位:エルスタイル(L-style) / クリスタル ワン

現在の価格はコチラ

こちらはダーツ1セットのみを収納できるシンプルなケースとなっています。予備パーツなどは別のケースが必要になりますが、それ故に大会中などダーツだけを持ってでの移動などには便利となっています。さらにパーツを追加することで、他のものを収納できるようになるなど、自由度の高い商品として第9位に入っています。

第10位:トリニダード(TRiNiDAD) / ウイングチップ

現在の価格はコチラ

ダーツセットはもちろんのことパーツなども収納し、さらに財布としての収納スペースもあるためこれ1つでダーツバーなどに繰り出せる便利なケースとなっています。革製となっており、革片が翼のようなデザインになっていることからウイングチップと名付けられました。ダーツケースとコインケースを両立した高性能で便利な商品として第10位になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初めてのマイダーツ!初心者向けダーツセットの選び方
初心者向け
ダーツセット
初心者必見!長さや規格で違うダーツチップの種類と選び方
ダーツチップ
選び方
初心者必見!素材や形状で違うバレルの種類と選び方
バレル
選び方
初心者必見!素材や長さで違うシャフトの種類と選び方
シャフト
選び方
初心者必見!面積や形状で違うフライトの種類と選び方
フライト
選び方