最高のマイダーツが見つかる!
ピントルのダーツ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初めてのマイダーツ!初心者向けダーツセットの選び方
初心者向け
ダーツセット
初心者必見!長さや規格で違うダーツチップの種類と選び方
ダーツチップ
選び方
初心者必見!素材や形状で違うバレルの種類と選び方
バレル
選び方
初心者必見!素材や長さで違うシャフトの種類と選び方
シャフト
選び方
初心者必見!面積や形状で違うフライトの種類と選び方
フライト
選び方

ダーツボードまでの距離や高さとスローイングライン

ダーツボードまでの距離と高さ

ダーツをお店でプレイする際には、すでに筐体がセットされスローイングラインも設置されている状態なので具体的な距離や高さはあまり気にすることがないかもしれません。しかし、自宅に練習用で筐体をセットするときやダーツをプレイする際の基礎知識として、正確な距離や高さを知っておくと何かと役に立ちます。

そこで今回はダーツにおける正しい距離や高さ、筐体ごとの設置方法などを紹介していくので参考にしてみてください。

>>その他のダーツの基礎知識やルールについて詳しくはコチラ

>>ダーツボードのおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

ダーツボードまでの距離

ダーツボードまでの距離

ダーツの公式ルールにおいて設定されているスローイングラインの後端からダーツボードまでの距離(ダーツボードから床に向かって引いた垂直線までの距離)は以下の通りです。

  • ソフトダーツ:距離 244cm 
  • ハードダーツ:距離 237cm 

距離の許容誤差は±1.5cmです。

スローイングラインって踏んでも良いの?

スローイングラインは踏んでも大丈夫ですが、踏み越えてはいけません。ただし、上半身がラインよりも前に出るのは大丈夫です。

スローイングラインはダーツボードに対して平行で、最低でもライン自体の幅を61cm以上は用意します。足で確認できるようにオキ・ホッケイといった1段高い仕切り板を置くことができ、これの高さは3.8cm以上で長さは61cm以上、オキの後端がスローイングラインの後端と一致するように設置します。

筐体別の距離一覧

ダーツの筐体を設置する際は、ステップまたは壁からスローイングラインの距離が目安になります。

ダーツライブ
機種名 ステップからの距離(cm)
DARTSLIVE2 EX 211cm
DARTSLIVE2 DX 212cm
DARTSLIVE2 CVT-KIT 206cm

ダーツライブの場合はステップからの距離になります。

フェニックス
機種名 壁からの距離(cm)
VSPHOENIX S 248.6cm
VSPHOENIX 257.0cm

フェニックスの場合は壁からの距離になります。

ダーツボードまでの高さ

ダーツボードまでの高さ

ダーツの公式ルールにおいてダーツボードまでの高さは以下のように設定されています。

  • ソフトダーツ:高さ 173cm
  • ハードダーツ:高さ 173cm

高さは床からダーツボードの中心までを測るようにします。こちらも許容誤差は±1.5cmです。

身長による投げ方の違い

ブルの高さが173cmと決まっているので、180cmを超えるプレイヤーはブルへの目線が低い位置になり、直線的にダーツを投げることができます。

一方で身長が173cmより低い場合は、上へ向かって投げるイメージになります。ブルや20を狙う場合は山なりにダーツを投げる必要があるなど、身長によって適したフォームには違いがあると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初めてのマイダーツ!初心者向けダーツセットの選び方
初心者向け
ダーツセット
初心者必見!長さや規格で違うダーツチップの種類と選び方
ダーツチップ
選び方
初心者必見!素材や形状で違うバレルの種類と選び方
バレル
選び方
初心者必見!素材や長さで違うシャフトの種類と選び方
シャフト
選び方
初心者必見!面積や形状で違うフライトの種類と選び方
フライト
選び方