寝袋の選び方から手入れ方法までご紹介
ピントルの寝袋(シュラフ)専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方

スノーピークの特徴や評判とおすすめ寝袋

スノーピーク(snow peak)の寝袋

老舗ブランドの一つでもあるスノーピーク(snow peak)。アウトドアライフを送っている人にとって、欠かすことができないブランドですし、スノーピークに憧れてアウトドアを始める人も少なくありません。

そんなスノーピークのことを知っている人は、どれだけいることでしょう。ここでは、魅力的な商品を多数開発しているスノーピークの、歴史や扱っている寝袋を惜しみなく紹介していきます!

スポンサーリンク

スノーピーク(snow peak)とは?

スノーピークとは?

スノーピークは、アウトドア総合ブランドで、本社があるのは新潟県三条市です。高い商品力が強みで、「自らもユーザーという立場で考える」という姿勢を創業以来貫いてきました。

また、オートキャンプのスタイルを生んだ会社としても有名で、キャンプ用品も機能的でおしゃれな商品が多いのが特徴です。オートキャンプブームを牽引したスノーピークは、焚火台やソリッドステークなど、今までにない商品を生み出してきました

現代においてもその姿勢は変わらず生き続け、新商品の開発でも大きな期待が寄せられています。今後も、キャンパー憧れのブランドとして君臨し続けてくれることでしょう。

スノーピークの歴史

スノーピークは元々、1958年に立ち上げた山井幸雄商店という金物問屋でした。登山家でもあった幸雄氏は、当時の道具に満足していませんでした。そこで、「本当に欲しいものを自分でつくる」という志から、オリジナルの登山用品を開発していきました。

クォリティの高い登山用品は次第に注目を浴びるようになり、1963年には、スノーピークの名称を商標登録しました。その後1976年に自社工場を設立し、本格的に商品を開発していくことになります。

1986年に幸雄氏の息子でもある現社長の「山井太」氏が入社をすると、「家族の絆を深めるための豊かな時間」としてのキャンプを提唱します。

それがきっかけで、スノーピークがオートキャンプという新しいジャンルを切り拓くことになりました。スローガンでもある「人生に、野遊びを」は、家族の絆を深めるだけではなく、家族と共にいる時間をもっと長く…といっているようにも解釈できます。

子にとって、親と一緒に野遊びをしたことは、一生忘れられないくらい大切なことかもしれません。

スノーピークの寝袋の特徴

スノーピークの特徴として取り上げておきたいのが、オフトンシリーズです。快適な睡眠を欠かさずに、誰もがゆったりと眠れるように開発されています。このオフトンシリーズですが、保温性が非常に高いのが特徴です。

布団をヒントに開発されたオフトンシリーズは、掛け布団と敷き布団の分離が可能なところが特徴です。中綿にはバネのような形状をした素材の、アモノフォロファイバーを使用。

アモノフォロファイバーは、高性能保温素材であると共に、抗菌・消臭効果もあるので、生地を清潔に保ってくれます。また、シリコン加工により、収納時のコンパクト性にも優れています。

>>初心者必見!寝袋の選び方はコチラ

スノーピークの寝袋クリーニングと保証制度

スノーピークは、寝袋のクリーニングサービスを行っています。自宅での洗濯も可能ですが、寝袋を知り尽くしているメーカーに依頼をすれば、買ったときのふっくら感が戻るだけではなく、長持ちもします。

スノーピークは無保証というわけではなく、保証制度も充実しています。保証書が付属していませんが、製造上の欠陥があれば長期間、無償で修理してもらえます

補修に関しては完璧に仕上げてくれるらしいので、何か不具合があったらサポートに連絡してみるのが良いかもしれません。

スポンサーリンク

スノーピークの寝袋の口コミや評判

「本当に欲しいものを自分でつくる」という信念のもと、使いやすくて実用性のある寝袋を開発しているスノーピークは、評判も良いです。「寝心地が良い」「快適」「暖かい」など、寝袋にあって欲しい良さが詰め込まれているような口コミが多いです。

悪い評判としては、「収納時のサイズが大きい」という意見もありました。そういった人でもほかの性能や機能に関しては、概ね満足しているようで、酷評とはいい難いかもしれません。

スノーピークのおすすめ寝袋5選

スノーピークのおすすめ寝袋5選

スノーピークの寝袋は、マミー型かオフトンシリーズかに分かれます。どちらの寝袋も高機能で申し分ありません。自分が使うであろう用途とシーンに応じて、スノーピークの寝袋を使い分けましょう!

セパレートシュラフ オフトンワイド

現在の価格はコチラ

セパレートシュラフの標準モデルです。布団のように敷き・掛け布団が分離するのが特徴です。使用可能温度は5℃となっていますが、あまり着込まないでも平気なくらい保温力に優れています。

上下が分離することにより、シーンに応じて様々な形で使うことができます。そのため、複数の寝方に対応した寝袋を探している人にはおすすめです。

セパレートシュラフ オフトンワイドLX

現在の価格はコチラ

中綿のアモノフォロファイバーの封入量をアップした寝袋です。通常の寝袋に比べてワイド設計なので、ゆとりある空間を提供してくれます。

足元のターンオーバーシステムは、寝袋の気密性を高めてくれるので、寝袋の中を少しでも温かく保ちたいと思っている人にはおすすめです。

セパレートオフトンワイド1400

現在の価格はコチラ

ウォッシャブルダウンを1400g使用した、贅沢な寝袋です。ウォッシャブルダウンはダウン素材自体に防水加工を施してあるのが特徴です。水濡れに強くて洗えるため、いつでも寝袋を清潔に保つことができます。

ダウンの量が多いので、フカフカの寝心地が魅力的です。ほかの寝袋に比べると多少重くなっているため、持ち運びの時間が短かったり、重くても寝心地重視という人にはおすすめの寝袋です。

BACOO 200

現在の価格はコチラ

BACOOは、悪夢を食べてくれるバクから名づけられた寝袋です。防水透湿ハイブリッド素材の採用で、ダウンを結露から守ってくれるため、シュラフカバーは必要ありません。

暖かくて水濡れに強いだけではなく、シュラフカバーが不要なことによって、容量のかさみを防いでくれます。キャンプごとに結露が気になったり、荷物を少しでも少なくしたい人には、おすすめの寝袋です。

セパレートマミー 400

現在の価格はコチラ

中綿にウォッシャブルダウンを400g注入した、マミー型の寝袋です。ウォッシャブルダウンは、暖かい空気を保持するだけではなく、洗うことができる素材です。

ウォッシャブルダウン注入のオフトンシリーズに装備することもでき、複数の使い方が可能です。マミー型で、ダウン素材でも洗うことができる寝袋を求めている人にはおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方