寝袋の選び方から手入れ方法までご紹介
ピントルの寝袋(シュラフ)専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方

快適さ重視!封筒型寝袋のおすすめランキング

封筒型寝袋おすすめランキング

もしかしたら、寝袋の中でも一番人気があると思われる封筒型寝袋。種類も豊富で、選ぶときには悩んでしまう人もいることでしょう。

そこで、寝袋の中でも一番スタンダードな封筒型寝袋のメリットとデメリットを紹介していきます。おすすめの封筒型寝袋もランキング形式で発表するので、特に初心者の人は参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

封筒型寝袋を選ぶ際のポイント

封筒型寝袋を選ぶ際のポイント

封筒型寝袋は、ゆったりした寝心地が特徴の寝袋です。見た目は同じに見えますが、備わっている機能や保温性などに違いがあります。

見た目が同じだからといってどれも同じとは思わず、封筒型寝袋を求めている人はメリット・デメリットのほかに、選ぶポイントも併せて把握しておきましょう。

>>初心者必見!寝袋選びの基本はコチラ

メリット デメリット
価格が安い
圧迫感が少ない
使用感が布団に近い
丸洗い可能なタイプもある
連結タイプもあり大人数での使用も可能
重い
保温性が低い
収納サイズが大きい

>>寝袋の形状の種類と特徴

封筒型寝袋の大きさ

どの寝袋でも同じことがいえますが、大きさは封筒型寝袋を選ぶときのポイントになります。というのも、適応身長というものがあるので、これに合った寝袋を選ばなければなりません。

小柄なのに大き過ぎたり、大柄なのに小さ過ぎる寝袋は使っていても快適ではありません。買うときには、自分の身長や体格よりも多少は大きいものを選んだ方が無難です。

機能で選ぶ封筒型寝袋

寝袋において機能は大切です。便利な機能が多ければ多いほど快適に過ごせるといっても良いです。中でも、封筒型寝袋で多い機能が連結機能です。

同じタイプの寝袋であれば連結して使用できるため、2人一緒に寝ることもできます。小さな子供がいる人は重宝する機能です。

ほかの機能で面白いのが、中綿量の違った封筒型寝袋が一緒になっているものです。色々な季節に使用でき、温度に応じて中綿をチェンジできるので、快適に過ごせます。

封筒型寝袋を考えているのであれば、備わっている機能の多さを考えるようにしましょう。

使用可能温度で選ぶ封筒型寝袋

封筒型寝袋は総じて保温性が低いです。マミー型寝袋と比べるとその差は歴然です。このことから、封筒型寝袋を選ぶときには、使用する季節と寝袋の使用可能温度のことも考えなければなりません。

寝袋に記載されている使用可能温度に、何℃かプラスしてから封筒型寝袋を使うようにしないと、寒くて寝れないといった事態を引き起こす可能性もあります。

他の方法としては、暖かい衣類を身に着けて寝ることでも快適性をアップさせることができます。

封筒型寝袋はマミー型寝袋とは違い、身体と寝袋との密着度が低いです。そのため、封筒型寝袋を使うときにはこのような対策を取る必要があります。

使用用途に応じてコンパクトさも考える

封筒型寝袋は収納時にかさばってしまうものが多いです。ほとんどが車での移動で、歩く時間が短ければ苦にならないかもしれませんが、歩く時間が長いのにかさばってしまえば、それだけで疲れてしまいます。

自分がどのようなシーンで封筒型寝袋を使いたいのか?行く場所や歩く時間のことも頭に入れ、寝袋のコンパクトさのことも考えるようにしましょう。

封筒型寝袋おすすめランキングTOP5

封筒型寝袋おすすめランキングTOP5

種類の多い封筒型寝袋を選ぶときには、悩んでしまう人も多くいることでしょう。悩んでしまう人のために、おすすめの封筒型寝袋を紹介します。

ここで紹介する封筒型寝袋のほかにも、良い寝袋はたくさんありますが、購入したときの失敗を避けるため、どのようなものがあるのかだけでも把握しておきましょう。

>>キャンプに人気の寝袋おすすめランキングはコチラ

第1位:キャプテンスタッグ / フォルノ封筒型シュラフ800

現在の価格はコチラ

表地に撥水加工を施した封筒型寝袋です。裏地に使われるポリエステルマイクロファイバーは、肌触りが良くて保温性に優れているのが特徴です。

主に夏向けの寝袋になるため、夏キャンプでの使用や、安価な封筒型寝袋を探している人にはおすすめです。

暑い時期の温度調節、片寄のずれを防止するキルト縫製など、細かいところに気を配っている寝袋です。必要な機能が備わり、誰もが納得の価格ということを考慮し、封筒型寝袋部門第1位です!

>>キャプテンスタッグの寝袋の特徴や評判

第2位:スナグパック / ナビゲーター

現在の価格はコチラ

濡れても温かく、保温性に優れた「isofibre」を中綿に使用した封筒型寝袋です。洗濯機で丸洗いできるところもポイントです。

生地噛み込み防止、連結、インナーポケットなど、多彩な機能が備わり、さらには最低使用温度が-7℃というクオリティの高さです。そのため、暖かくて機能の多い封筒型寝袋を求めている人にはおすすめです。

封筒型寝袋としては保温性に優れ、透湿性と速乾性に優れたナビゲーターは、快適性も十分です。このことから、第2位よりも下はあり得ないでしょう。

>>スナグパックの寝袋の特徴や評判

第3位:ホワイトシーク / 封筒型シュラフ

現在の価格はコチラ

春夏向けの封筒型寝袋です。頭の部分の形状は、保温性がアップするトンネルフードになっています。

丸洗いができてメンテナンスが楽なほか、寝袋を広げればレジャーシートや布団としても活用できます。そのため、色々な用途で活用したい人や、いつまでも寝袋を清潔に保ちたい人にはおすすめです。

価格、口コミは文句なし。さらに扱っている色が多く12色から選べます。寝袋以外の楽しみもあって遊び心が魅力的なこの寝袋は、第3位にランクインです!

第4位:ドッペルギャンガー / マトリョーシカスリーピングバッグ

現在の価格はコチラ

夏から冬までオールシーズン対応型の封筒型寝袋です。中綿量の異なる寝袋がセットになっているため、キャンプ場の温度が読めないときには重宝します。

また、3WAY構造になっており、重ねる、繋げる、別々に使うといった複数の使い方ができます。特に外の温度のことが良く分からない初心者の人には、おすすめの寝袋です。

中綿量の異なる寝袋がセットになっていて、気温によって臨機応変に対応できます。低価格でも機能が多いマトリョーシカスリーピングバッグは、上位でもおかしくはない実力の寝袋です。

>>ドッペルギャンガーアウトドアの寝袋の特徴や評判

第5位:コールマン / アドベンチャーススリーピングバッグ

現在の価格はコチラ

3シーズン対応の寝袋です。ワイドなサイズは圧迫感なく睡眠することが可能です。また、上下を分割することにより、2人別々に寝ることもできます。

大きなサイズの封筒型寝袋を探している人や、小さな子供とのキャンプや車中泊などで使用したい人には、おすすめの寝袋です。

春夏秋でのキャンプや車中など、使いどころを選ばないところや、上下分割可能で用途も多彩なところを考慮しても、第5位以下はない寝袋です!

>>コールマンの寝袋の特徴や評判

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方