寝袋の選び方から手入れ方法までご紹介
ピントルの寝袋(シュラフ)専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方

夏キャンプにおすすめな夏用寝袋の選び方

インナーシュラフ(寝袋用インナー)の選び方

真夏はとても暑く、夏キャンプなんかすると汗だくになりそうです。そんな季節に寝袋なんか必要なのでしょうか?実は夏とはいえ、場所によって寝袋が必要となるケースも多々あります

そこで、夏キャンプでは、どのような場所で寝袋が必要になるのか?夏キャンプを快適に過ごすための使用可能温度は?夏キャンプを満喫するための情報を惜しみなく提供します!

スポンサーリンク

夏でも寝袋が必要となる場所とは?

夏でも寝袋が必要となる場所とは?

夏キャンプがメインの人であれば、極端なことをいえば寝袋はいりません。ただこれは、平地に近いキャンプ場での話です。平地に近ければ、寒くなっても毛布で寒さをしのぐことができるでしょう。

しかし、ちょっと山の上にあるキャンプ場は、日中温かくても夜は冷え込むことがほとんどです。平地に近いキャンプ場以外のキャンプ場に行く場合には、夏であっても、なるべく性能の良い寝袋を持参しましょう。

特に、雪国あたりの山の上は、夏であっても雪が残っていることがあります。雪が解けないということは、それだけ気温が低いということになりますから、「夏=暑い」ということではないことも覚えておきましょう。

夏キャンプで快適に使える寝袋の選び方

夏キャンプで快適に使える寝袋の選び方

真夏に自宅で寝るときには、暑くて布団なんかかけないで寝る人がたくさんいます。これがキャンプなどではどうなるのでしょうか?

真夏のキャンプ場は日中、暑いかもしれません。しかし、場所によっては夜冷え込むこともあるので、寝袋を持参するのは基本中の基本です

だからといって冬用の寝袋を持参するのもどうかと思います。夏には夏用の寝袋を使用し、状況に応じて3シーズン用やオールシーズン用を使うのが良いでしょう。

>>初心者向け!寝袋選びの基本はコチラ

形状で選ぶ夏用寝袋

夏用寝袋を選ぶときには、ある程度の性能があれば自分の好きな形状で問題ありません。あまりにも暑いキャンプ場であれば、温度調節が容易にできる封筒型がおすすめです。

封筒型であれば、布団のように寝ることができるので、暑ければ上にかかっている部分をはがして寝ることができます。

>>寝袋の形状の種類と特徴

素材で選ぶ夏用寝袋

夏用寝袋の素材は化学繊維のものが良いです。なぜならば、値段も手ごろでメンテナンスが楽だからです。ただ、これは夏に限ったことなので、ほかの季節で使う寝袋を選ぶときには話が違ってきます。

夏であっても、冷え込みが激しい場所でのキャンプの場合には、化学繊維ではなくダウンの方が安心です。ダウンでなくても、毛布やスエットなどの装備があれば日本なら問題ないでしょう。

>>寝袋の素材の種類と特徴

使用可能温度で選ぶ夏用寝袋

夏用寝袋の使用可能温度の目安は、限界使用可能温度が10℃以上のものになります。着用する衣類によっては、この温度に5~10℃プラスしなければ快適に過ごすことはできません。

また、これとは違い、快適睡眠温度というものがあります。この温度であれば快適に睡眠できますよという温度の目安ですが、この温度をそのまま鵜呑みにしてはいけません。

快適に睡眠するには、快適睡眠温度域の下限に5℃前後マイナスすれば、安心して寝袋を使うことができるといわれています。キャンプ場の最低気温が0℃の場合には、快適睡眠温度域の下限が-5℃くらいの寝袋を選ぶということになります。

メーカーによって使用可能温度の基準が違う!?

使用可能温度といっても、メーカーによって算出方法が異なります。そのため、違ったメーカーの寝袋を購入するときには、メーカーによっての使用可能温度を把握する必要があります。

大手メーカーでもある、モンベルイスカなどの高性能寝袋は、使用可能温度域で使った場合でも暑いという口コミがあります。

基本的に寝袋の使用可能温度は、何℃かプラスして快適に使用できるということになっています。このことから、大手メーカーの算出基準は厳しいと考えても良いでしょう。あまり知られていないメーカーの低価格の寝袋は、使用可能温度に何℃かプラスしての環境で使ったとしても、寒いという人がたくさんいます。

使用可能温度の算出はきちんとしているのかもしれませんが、大手と差が出るということは、算出基準が違うということが伺えます。しかしながら、これは人によって寒さや暑さの体感の問題もあります。口コミでそういっているから、必ずしも自分が同じになるとは限らないので注意してください。

3シーズン用やオールシーズン用でも夏キャンプを快適に過ごせるのか

夏キャンプを快適に過ごすためには、夏用の寝袋を使用するのが一般的ですが、キャンプをする場所によってはそうとも限りません。

キャンプをする場所が冷え込む可能性のある場所ならば、3シーズン用やオールシーズン用を使うのも手です。

仮に寝袋を使っていて暑かったとしても、ジッパーを開けて温度調節するなど対応することができるので、特に問題はないでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ夏用寝袋5選

夏用寝袋にも色々とあり、キャンプをする場所によって選ぶ寝袋も違ってきます。どのような場所でもある程度対応できるように、使用可能温度がバラバラの寝袋を選びました。

自分が使いたいシーンによって、寝袋を選ぶように心がけましょう!

また、ピントルの寝袋専門ページでは寝袋の素材や形状やメーカーごとに、寝袋の性能を徹底比較したページをご用意しておりますので、購入時の参考にしてただければと思います。

>>素材・形状・中綿!寝袋の性能を徹底比較

モンベル / ダウンハガー800♯3

現在の価格はコチラ

快適性と軽量性を両立させた寝袋です。夏の高山でも使用できるように設計されており、ある程度の寒さであっても使用可能です。

中綿にはグースダウンを使用し、800FPを誇ります。少量の綿でも高い保温力を発揮し、使用者の体を包み込んでくれます。

オールシーズン使用できるため、一年を通してキャンプに利用したい人には、おすすめの寝袋です。

>>モンベルの寝袋の特徴や評判

ナンガ / ダウンバック250STD

現在の価格はコチラ

高級といわれる650FPを誇る寝袋です。同じ650FPのほかの寝袋に比べて軽量なのが特徴です。ファスナーにはYKK5Cを採用。YKKの強度試験で、寝袋に最も最適であると判断されたファスナーです。

少し高額ですが、性能面ではとても信頼できます。夏用でも、性能を重視した寝袋を選びたい人にはおすすめです。

>>ナンガの寝袋の特徴や評判

コールマン / パフォーマー C15

現在の価格はコチラ

コールマン製の封筒型寝袋です。使用可能温度は10℃以上で、まさに夏キャンプ向けの寝袋といっても良いでしょう。

低価格でありながら、連結可能であったり丸洗い可能であったり、嬉しい機能が満載です。コスパに優れているので、低価格でもなるべく予算を抑えたい人には、おすすめの寝袋です。

>>コールマンの寝袋の特徴や評判

キャプテンスタッグ / フォルノ封筒型シュラフ800

現在の価格はコチラ

キャプテンスタッグ製の、夏向け封筒型シュラフです。中綿には中空ポリエステルを約800g使用しており、保温力に優れているのが特徴です。

また、表裏生地には、軽くて湿気に強いポリエステル生地に撥水加工を施しています。ファスナーを上下から開閉できるため、暑い夏キャンプにおいて快適に眠りたい人には、おすすめの寝袋です。

>>キャプテンスタッグの寝袋の特徴や評判

キャンパーズコレクション / ユニエアバッグ AIR-400

現在の価格はコチラ

通気性を高めた、キャンパーズコレクションの夏用寝袋です。サイドのユニエアジッパーを開けると、通気用のメッシュから風が抜けるしくみになっています。

また、上面と底面の中綿には異なる素材を使用。2つの異なる中綿を使用することで、寝心地も良くなっています。

夏用ではありますがコスパに優れているため、機能と価格の両方に納得する寝袋を探している人にはおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方