寝袋の選び方から手入れ方法までご紹介
ピントルの寝袋(シュラフ)専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方

実は快適?布団の代わりに寝袋で生活はアリ!?

布団代わりに寝袋生活

寝袋で寝ることができるのだから、自宅で寝袋を使って寝ても良いのでは?確かにその通りです。自宅で寝袋を使って寝ることは問題なくできてしまいます。ただ、快適性を考えると布団の方に軍配が上がります。

しかし、寝袋にも快適性をアップするための隠しアイテムが存在します。そこで、寝袋生活を快適にする方法や注意するポイントを、惜しみなく紹介していきます!

スポンサーリンク

布団の代わりに寝袋を使う際のポイント

布団の代わりに寝袋を使う歳のポイント

布団の代わりに寝袋を使うとなると、おすすめの形状は布団に近い封筒型でしょう。長方形で圧迫感も少なく、普通に生活する目的で使用しても問題ありません。

なるべくコンパクトに収納したいのであれば、マミー型もおすすめです。

>>寝袋の形状の種類について詳しくはコチラ

しかし、一番重要となるポイントは、寝袋を使用しても快適に寝れるのかどうかです。生活の一部として取り入れるのであれば、快適性は重視するべきです。

寝袋単体で使用してもそこまでの快適性は望めませんが、寝袋と併用することで、使用感も布団に近づけることができるアイテムもあります。それは寝袋マットです。

寝袋マットを敷くことで、寝袋であっても寝心地が良くなります。寝袋生活を試みるのであれば、できる限り快適に寝ることができるように、アイテムの使用も考えてみましょう。

実際に布団と寝袋どっちが快適!?

布団と寝袋の快適性を比較すると、布団の方が快適なのはいうまでもありません。ですが、寝袋も色々な素材があり、快適性をアップするアイテムもあります。

寝袋の素材がストレッチ素材のものであれば、ある程度は自由に動くことができますし、寝袋マットを敷けば布団と変わらない寝心地を手に入れることも可能です。

寝袋で生活をするときには、寝袋に施される特殊加工やアイテムのことも視野に入れれば、布団よりも良い面が多くあるかもしれません。

寝袋生活を少しでも快適にするためには?

寝袋生活を快適にするためには寝袋マットの使用は必要不可欠です。寝袋単体でも寝ることはできますが、そこまで快適とはいえないでしょう。

寝袋マットといっても色々な商品が存在します。その中でもおすすめの寝袋マットを紹介します!

キャプテンスタッグ / キャンプマット
現在の価格はコチラ

丸めて収納できる寝袋マットです。8mm厚の発砲ポリエチレンとアルミフィルム効果で、保温性と引張強度に優れているのが特徴です。コスパにも優れているため、安くて良いものを探している人にはおすすめです。

寝袋マット以外にも、レジャーシートやベンチの上に敷いて使うこともでき、使用用途も多いところが魅力です。

キャプテンスタッグ / EVAフォームマット ダブル
現在の価格はコチラ

形状が波型の寝袋マットです。表面の波型の凹み部分に暖気の層ができ、保温性が高いという特徴を持ちます。

また、厚さ1.5cmの波型の形状により、平面のマットに比べてクッション性が高く、寝心地も良くなっています。細長く半分に折りたたむことでマット厚も増えるため、寝心地にこだわりたい人にはおすすめです。

コールマン / キャンパーインフレーターマット
現在の価格はコチラ

寝袋の中でも上位に位置する、収納しやすいコールマン製の寝袋マットです。厚さ4cmのスポンジはクッション性も抜群で、布団で寝るのと変わらない空間を与えてくれます。

高額でも品質にこだわり、寝ているときに地面の凹凸を極力感じたくない人にはおすすめです。

布団の代わりに寝袋を使うメリットとは?

布団の代わりに寝袋を使うメリットとは?

布団があるのに、なぜ寝袋生活をするのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

一つ目は、寝袋であれば場所を取らないことです。布団を敷いた状態もそうですが、押し入れやクローゼットに布団を入れるとかなりかさばります。これが寝袋であれば、出すのも楽ですしコンパクトに収納できるため、忙しいときなどはとても楽です。

二つ目は、布団代わり以外でも使えることです。寒い日などは暖房を付けたりしますが、寝袋にくるまっていれば寒さが軽減されます。テレビを見ているときやゲームをしているときなど、部屋の中でじっとしていることが多い日などに寝袋があれば、離れられなくなります。

寝袋の良さを見極め、自分なりに工夫して生活に取り入れることができれば、快適に過ごすことができます。

寝袋生活の注意点

寝袋生活をする上での注意点は床です。寝袋を使って寝るときに、床がどのような材質なのかによって対応が変わってきます。というのも、フローリングのような固い床で寝袋だけを使って寝てしまうと、寒い時期には寒さが伝わってきますし、固いので体が痛くなります。寝袋生活ですから、それが毎日になります。

毎日痛い状態で寝ていれば腰痛などを発症してしまう可能性もありますし、冷たい床の温度が直に体に伝わってくれば風邪をひいてしまうことだってあるかもしれません。

フローリングではなく、畳やじゅうたんならばまだ良いのですが、なんの対策も立てないで毎日のように寝ていれば、体に負担をかけてしまいます。寝心地だけではなく自分の体のことも考えて、寝袋マットやマットレスを敷いて寝ることをおすすめします。

布団の代わりに使えるおすすめ寝袋3選

寝袋にも色々なタイプがあります。色々とある寝袋の中から、最も布団の代わりに使えると思われる寝袋を3つ紹介していきます!

キャプテンスタッグ / フォルノ 封筒型シュラフ800
現在の価格はコチラ

撥水加工生地を使用した封筒型の寝袋です。裏地には、保温性と速乾性に優れたポリエステルマイクロファイバーを使用しているのが特徴です。

携帯にも便利な収納バッグが付いているので、外泊時の持ち運びにも便利です。寝袋自体は、厚過ぎず薄過ぎずで、適度な寝心地を求めている人にはおすすめです。

>>キャプテンスタッグの寝袋の特徴や評判

ホワイトシーク / 封筒型シュラフ
現在の価格はコチラ

丸洗いができる封筒型の寝袋です。トンネルフードで保温性が高まり、ダブルファスナーで内側と外側のどちらからでも開閉できるのが特徴です。

専用ケース付きでコンパクトに収納できるので、しまうときにも場所を取りません。また、洗濯機で洗うことができるため、いつでも寝袋を清潔に保ちたい人にはおすすめです。

コールマン / アドベンチャースリーピングバッグ
現在の価格はコチラ

コールマン製で大きいサイズが特徴の寝袋です。大きいサイズのままではなく、2つに分割して使用できるため、別々に寝ることもできます。

洗濯機での丸洗いもokなことから、いつでも綺麗な状態で使用することが可能です。肌触りが良いので寝袋で寝ているときにも、普通の布団と同じような感覚で眠りたい人にはおすすめです。

>>コールマンの寝袋の特徴や評判

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!キャンプ初心者におすすめな寝袋の選び方
寝袋
選び方
初心者必見!キャンプに人気の寝袋おすすめランキング
寝袋
ランキング
シーズンオフにおすすめな寝袋の保管方法
寝袋
保管方法
洗濯機でOK!?寝袋の正しいお手入れや洗濯方法
寝袋
手入れと洗濯
初心者必見!寝袋の使い方や畳み方と上手な収納方法
寝袋
使い方