縄跳びのコツから選び方までピントルの縄跳び専門ページ

よく読まれるページはコチラ
縄跳びのコツや練習方法と縄の選び方
縄跳び
上達のコツ
子供用縄跳びのおすすめランキング
子供用
縄跳び
大人用縄跳びのおすすめランキング
大人用
縄跳び
重い縄跳びおすすめランキング
トレーニング
縄跳び
エア縄跳びおすすめランキング
ダイエット
縄跳び

縄跳びダイエットで胸痩せする原因と対策方法

縄跳びダイエットと胸痩せ

ダイエットをするのは女性の方が多いですよね。しかし女性にとってダイエットで気になるのが、胸との兼ね合いです。効果も気になるでしょうが、胸が縮んだり垂れてしまうのも気になるところです。

今回はダイエットの中でも縄跳びダイエットとこの胸に対する影響について紹介していきます。

スポンサーリンク

縄跳びダイエットは胸に悪影響?

縄跳びダイエットは胸に悪影響?

まず結論から言いましょう。縄跳びダイエットは胸に対して悪影響を与えてしまいます

それは胸痩せのことを言っているのか、と言われればそれも入ります。そもそも縄跳びに限らず、ダイエットは有酸素運動により脂肪を燃焼します。

しかし脂肪そのものは内臓の保護や免疫を作るに必要な素材でもあるのです。そうなると運動をして燃焼したとき、体は燃焼しても支障が無いところから燃やしていきます。女性の場合はこれが胸の脂肪になるわけです。乳房はそのほとんどが脂肪でできています。真っ先に痩せてしまうのはこれが原因です。

また悪影響はそれだけではありません。縄跳びダイエットによって胸が垂れてしまうことがあるのです。それは縄跳びがジャンプをする運動であることが関係しているのですが、そのあたりもここから詳しく説明してきましょう。

>>縄跳びダイエットの効果的な方法

縄跳びダイエットで胸痩せする原因

まずダイエットによって胸痩せしてしまうことは先述しましたが、縄跳びダイエットはさらに胸痩せを促してしまいます。それはなぜなのでしょうか。

脂肪燃焼において有酸素運動をすることは大切ですが、実は脂肪を上下に揺らすことは脂肪燃焼効果を高めるのです。そのため縄跳びダイエットは脂肪を燃焼しやすいんですが...ここまでで気づいた方もみえるかもしれません。

そう、ジャンプをすれば例に漏れず胸も揺れるのです。それにより燃焼効果を高めてしまうのです。ただでさえ真っ先に脂肪が燃焼しだす場所なのに、揺れることによって相乗効果で痩せてしまうのです。

女性にとっては悲しい現実ですよね。胸が無いほうがいいという人は別ですが、やはり気にされる方が多いと思います。

縄跳びダイエットで胸が垂れる原因

さて、上述でジャンプにより胸が揺れることは分かっていますが、これが垂れる原因にもなるのです。

胸がしっかりと形を保てるのはクーパー靭帯というものが支えていることをご存知でしょうか。このクーパー靭帯はそれほど強いものではありません。ジャンプをすればこの靭帯が伸びてしまったり、激しい運動なら切れてしまう可能性もあるのです。

1度伸びたり切れたりすると元に戻ることはありません。これが垂れる原因となるのです。

縄跳びダイエットから胸を守る対策方法

縄跳びダイエットから胸を守る対策方法

さて胸痩せするのもクーパー靭帯が伸びたり切れたりするのも女性にとっては死活問題です。残念ながらダイエットをする以上胸痩せを防ぐことはなかなか難しいですが、クーパー靭帯を守る術はあります。

また脂肪は減ってしまいますが、バストアップをすることはできるので、そちらも説明します。胸を守りながら、大きくすれば、胸以外だけしっかり痩せるというダイエットも可能です。

バストの固定でクーパー靭帯を守る

現在の価格はコチラ

まず胸が垂れる防止をするため、クーパー靭帯を守ります。どのように守るかというと、ジャンプをしても胸が揺れないようにする必要があります。そのためにも運動時にはスポーツブラをしましょう。

スポーツブラは胸を締め付ける形で乳房を固定します。少し苦しいかもしれませんが、これにより胸が固定できるのでそれほど揺れません。揺れないのでクーパー靭帯が伸びることも切れることも防げます

完全に固定できないため、確実にとは行きませんがスポーツブラをすることで確実に揺れの大きさは少なくなります。スポーツブラとはもともとそのために開発されたものですから、効果は期待していいでしょう。

タンパク質中心の食事でバストアップ

ダイエットにおいて食事制限をする人が多いですが、バストを落とさず痩せたいのであればそれはオススメしません。脂肪としては消費してしまいますが、食べるものによってはバストを作る栄養素を摂ることで、バスとアップを狙えます。

それが肉や魚、大豆に多く含まれるタンパク質です。そのため、鶏ささみや大豆製品を積極的に摂りましょう。どちらも低カロリー高タンパクでヘルシーなため体重増加の心配はありません。

またタンパク質ではないですがキャベツも摂るといいです。キャベツはエストロゲンの分泌に必要なボロンが含まれているため、摂取することでエストロゲンの分泌を増やします。このエストロゲンが女性ホルモンの中で胸を大きくするホルモンなのです。

このようにバストアップに必要な食事を摂るといいです。

大胸筋トレーニングを取り入れてバストを守る

激しい揺れでクーパー靭帯が伸びたり切れたりするのは分かりました。スポーツブラで固定する方法もご紹介しましたが、実はもう1つ守る方法があります。

それが大胸筋トレーニングです。大胸筋を鍛えることでクーパー靭帯が支える力を補助することができるのです。大胸筋が付けば張りのある上向きのバストが得られます。

そしてもう1つ効果があります。それがバストアップ効果です。大胸筋そのものはバストにはなりませんが、バストの土台になるのです。先程の上向きになる効果だけでなく、胸部の血流が良くなるため、バストに栄養素が行渡るためバストアップに繋がるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
縄跳びのコツや練習方法と縄の選び方
縄跳び
上達のコツ
子供用縄跳びのおすすめランキング
子供用
縄跳び
大人用縄跳びのおすすめランキング
大人用
縄跳び
重い縄跳びおすすめランキング
トレーニング
縄跳び
エア縄跳びおすすめランキング
ダイエット
縄跳び