音作りから初心者向け機種の紹介まで
ピントルのシンセサイザー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
入門用におすすめな初心者向けシンセサイザー3選
初心者向け
シンセサイザー
ライブ用におすすめなシンセサイザー3選
ライブ向け
シンセサイザー
無料で使えるシンセサイザーおすすめフリーソフト
おすすめ
フリーソフト
初心者向けシンセサイザーの選び方
初心者向け
選び方
【初心者必見】入門用デジタルシンセサイザーの選び方
デジタルシンセ
選び方

【初心者必見】入門用デジタルシンセサイザーの選び方

【初心者必見】入門用デジタルシンセサイザーの選び方

シンセサイザーを買おうと思った場合にまず第一選択となるのが、このデジタルシンセサイザーでしょう。

しかし、いざシンセサイザーを買おうと思った時にどんな点に気をつければ良いのでしょうか。そんな初心者の方向けのデジタルシンセサイザーの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

初心者向けデジタルシンセサイザー入門機の選び方

初心者向けデジタルシンセサイザー入門機の選び方

>>【入門編】デジタルシンセサイザーとは?

初心者がデジタルシンセサイザーを選ぶときのポイント

初心者の方が気をつけるべきデジタルシンセサイザーの選び方ですが、まずはどのような目的でデジタルシンセサイザーを使うかという点です。

デジタルシンセサイザーは言いかえれば楽器です。もしも自宅以外でも使う可能性(ライブハウスやスタジオなど)があるのであれば、気軽に持ち運びができないような重量のものを選ばないようにしましょう。

>>ライブ用におすすめなシンセサイザー3選

それに伴う鍵盤数も、デジタルシンセサイザーの選び方で考えるべきポイントとなります。鍵盤数は主に、61、76、88鍵の三種類となっており、当然ですが、鍵盤数が多い方が大きく重くなる傾向にあると言えます。

そして、もう一つ気をつけたい選び方のポイントは鍵盤のタッチです。ピアノと同じようなタッチを求めるのか、それともスプリング式の軽さを求めるのか、この二つはかなり大きな違いがあるのでシンセサイザーの選び方の項目に入れるべきでしょう。

入門用デジタルシンセサイザーの初心者に必要な機能

デジタルシンセサイザーの選び方に、機能面を考慮する方はもちろん多いはずです。

では、初心者の方にとってデジタルシンセサイザーを使う上で必要な機能とはなんでしょうか。これに関しては、すべての人に共通した絶対にコレという機能はないと言えます。というよりも、すべての人に必要な機能は、今のシンセサイザーには搭載されているものが多いので、特別これが必要というものを外さないようにする選び方が重要になってくると言えるでしょう。

例えば、バンド演奏でデジタルシンセサイザーを使うことを考えているのであれば、レイヤー機能やスプリット機能を使って、異なる音色の演奏を混ぜたいという方もいるはずです。

こういった機能ですら、一般的なシンセサイザーであれば搭載されているので、購入の際に、絶対に外せない機能をチェックしておくことを忘れないようにしておきましょう。

>>シンセサイザーの構造についてはコチラ

初心者向け入門用デジタルシンセサイザーならコレ!

【低予算】初心者向けデジタルシンセサイザー

現在の価格はコチラ
【カシオ ハイグレードキーボードCTK-7200】が初心者におすすめな理由

これ一台あれば、初心者の方が出来る範囲での音楽制作、演奏は十分可能でしょう。820の内蔵音色によって様々な音を楽しむことができます。エフェクター機能も十分で初心者の方にはバッチリの一台です。

お値段も手ごろなのでおすすめです。

>>カシオ(CASIO)のシンセサイザーを徹底解説

【おすすめ】初心者向けデジタルシンセサイザー

現在の価格はコチラ
【Roland JUNO-Gi キーボード入門セット】が初心者におすすめな理由

入門者、初心者の方でも満足の1000種類以上の音色が内蔵された、ライブでも使えるデジタルシンセサイザーです。

コチラは入門セットということでスタンドやアンプ、フットスイッチなどがセットになっているので、初心者の方にはおすすめのデジタルシンセサイザーです。

>>ローランド(Roland)のシンセサイザーを徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
入門用におすすめな初心者向けシンセサイザー3選
初心者向け
シンセサイザー
ライブ用におすすめなシンセサイザー3選
ライブ向け
シンセサイザー
無料で使えるシンセサイザーおすすめフリーソフト
おすすめ
フリーソフト
初心者向けシンセサイザーの選び方
初心者向け
選び方
【初心者必見】入門用デジタルシンセサイザーの選び方
デジタルシンセ
選び方