初心者の為の戦略や戦術を大公開
ピントルのフットサル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
フットサルで覚えておきたい戦術を詳しく解説
必見!
戦術解説
フットサルチーム戦術基本編
チーム戦術
基本編
フットサルチーム戦術応用編
チーム戦術
応用編
フットサル戦術でオフェンスの基本的な動き方
基本の動き
オフェンス編
フットサル戦術でディフェンスの基本的な動き方
基本の動き
ディフェンス編

フットサル戦術の初心者向け基本フォーメーション

フットサル戦術初心者向け基本フォーメーション

フットサルではサッカーに比べ選手の動きが流動的であるものの、フォーメーションは存在します。どんな能力の選手がいるのか、チームによって機能しやすいフォーメーションを選ぶべきでしょう。ここでは、フットサルで主に使われるフォーメーションについて紹介していきます。

スポンサーリンク

フットサル基本戦術の初心者向けフォーメーション

ポジションについて⇒【ピヴォ(トップ)、アラ(サイド)、フィクソ(バック)】

>>ポジションの解説についてはコチラへ

フットサル基本戦術:1-2-1フォーメーション

1-2-1フォーメーション

ダイヤモンド型と呼ばれる、フットサルでも基本的なフォーメーションの一つです。各ポジションがバランスよく配置される形となっており、役割も比較的明確です。初心者と経験者の混合フットサルチームなどの場合には最も使いやすいフォーメーションでしょう。

フットサル経験者が二人の場合には、フィクソとピヴォに経験者を、初心者をアラに配置すると良いでしょう。攻撃の際には、フィクソが起点となる動きになるパターンが多くなるでしょう。ピヴォにボールを預ける形や、ピヴォが作ったスペースを生かした戦術となります。

アラはスペースを探し、走り込む動きが重要となるので、運動量が必要です。守備の際にもアラが自陣まで戻り、フィクソと共に守備をします。ピヴォは相手のフィクソにしっかりとプレッシャーを与えましょう。

フットサル基本戦術:2-2フォーメーション

2-2フォーメーション

ボックス型と呼ばれるフォーメーションとなっています。前線に二人、守備が二人という配置になっていて、攻守の役割分担がはっきりしています。そのため、フットサル初心者の方でも比較的扱いやすく、理解しやすいフォーメーションと言えるでしょう。

1-2-1フォーメーションに比べると攻撃的なフォーメーションとなっており、特に、前線二人にフットサル経験が豊富な選手が入れば、よりゴールを奪いやすくなります。フットサル経験者が二人だけの場合には、守備が脆くなってしまうので、前線二人に経験者を置くのは諸刃の戦術となるので、一人ずつ配置するのが良いでしょう。

攻撃の際には、積極的なポジションチェンジを取り入れることでより多彩な攻撃が可能となります。ヘドントの動きなどを取り入れることでマークを外し、チャンスを作り出しましょう。

>>『ヘドントの動き』についての解説はコチラ

フットサルに関するその他の基本戦術
>>オフェンスの基本的な動き方

>>ディフェンスの基本的な動き方

>>フットサルにおける基本的なパス回しの仕方

>>フットサルで重要な個人の動き方

 

フットサル基本戦術の上級者向けフォーメーション

フットサル基本戦術:3-1フォーメーション

3-1フォーメーション

チームに絶対的な核となるプレーヤーがいる時に有効なフォーメーションです。

ピヴォの位置に、キープ力や競り合いに強くボールを納めることができなければ機能しません。このポジションは、フットサル経験があるというよりも、上級者というレベルが必要でしょう。攻撃時においては当然このピヴォを中心に組み立てていくこととなります。

ピヴォにボールを預け、サイドの選手が上がり攻撃を仕掛けていきます。この際に、ピヴォが簡単にボールを奪われてしまうと一気に数的不利を作りやすいので注意しましょう。

守備に関しては、基本的に3人でしっかりと引いて守ることになります。一旦引いて守りを固め、ピヴォを中心に攻撃していくという形になるので、一人の絶対的なプレーヤーが必要となり、初心者だけのチームでは使いにくいと言えるでしょう。

フットサル基本戦術:4-0フォーメーション

4-0フォーメーション

2-2フォーメーションをよりコンパクトにした形になっています。全員攻撃全員守備を基本として戦術となるので運動量が必要です。攻撃時は、前方に空いたスペースを有効に活用することができ、選手が入れ替わりでスペースを使うため相手ディフェンスはマークをずらされやすく、非常に守りにくい攻撃をすることが可能となっています。

反面守備時にはスペースを突かれやすいフォーメーションとも言えるので、豊富な運動量と、高い個人技や競り合いに強い選手が必要となります。このフォーメーションを最大限活かすためには、クアトロ、偽ピヴォといった動きを有効に使う必要があるでしょう。

>>『クアトロ』、『偽ピヴォ』の解説はコチラ

フットサルに関するその他の基本戦術
>>オフェンスの基本的な動き方

>>ディフェンスの基本的な動き方

>>フットサルにおける基本的なパス回しの仕方

>>フットサルで重要な個人の動き方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
フットサルで覚えておきたい戦術を詳しく解説
必見!
戦術解説
フットサルチーム戦術基本編
チーム戦術
基本編
フットサルチーム戦術応用編
チーム戦術
応用編
フットサル戦術でオフェンスの基本的な動き方
基本の動き
オフェンス編
フットサル戦術でディフェンスの基本的な動き方
基本の動き
ディフェンス編