マラソン上級者ランナーから初心者まで
ピントルのランニングシューズ専門ページ

>> ランニングシューズに人気や比較が一目瞭然 <<
ランニングシューズのメーカー別特徴比較一覧 メーカー別
特徴比較一覧
最新ランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 最新版
人気ランキング
メンズ向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 メンズ向け
人気ランキング
レディース向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 レディース向け
人気ランキング
ジュニア向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 ジュニア向け
人気ランキング

おすすめの超軽量ランニングシューズまとめ

超軽量ランニングシューズ

ランニングシューズで気になるのはやっぱり軽さ!まるで履いていることを忘れてしまうような超軽量ランニングシューズを探しているランナーは多いのではないでしょうか?そこで今回は有名メーカーの主力ランニングシューズの重量を比較しつつ、1番軽いランニングシューズがどれなのか調査しましたので紹介していきます。

一般的に軽いシューズの方が走りやすいと思われがちですが、ビギナーランナーの場合だと軽すぎるランニングシューズが原因で腰や脚を痛めてしまうこともあるため選ぶ時には注意しましょう。

スポンサーリンク

今、1番軽いランニングシューズはミズノのウェーブユニバース

最軽量ランニングシューズ
現在の価格はコチラ

一般的に言われる「超軽量ランニングシューズ」というのは、片足の重量が概ね150g~200g前後となっています。そんな中で片足重量がたったの100gしかない超軽量ランニングシューズとして2007年に登場したのがこのウェーブユニバースであり、鶏の卵2個分しかない軽さ、スーパーのお肉ならたったの98円!という衝撃の軽さを誇ります。

そんな他を圧倒するような超軽量のランニングシューズですが、実はこのウェーブユニバース、日本国内では現在販売を行っておらず、手に入れるには並行輸入を行っているお店で買うしかありません。 とにかく軽さを重視したランニングシューズがほしい!という人におすすめです。

>>ミズノのランニングシューズについて詳しくはコチラ

超軽量ランニングシューズの重量比較

今回は、ランニングシューズの主要メーカー6社から、軽量性が注目されているランニングシューズを中心にピックアップして重量を比較してみました。

メーカーが公式に表記している重量ではく実測値にて比較しているものも含まれますので、あくまで比較表は参考までに止めていただけたら幸いです。

メーカー シューズ名 重量(実測値) 参考サイズ(片足)
ミズノ WAVE SPACER GL-J4 約190g 27.0cm
WAVE SPACER DYNA 2 約185g 27.0cm
WAVE AMULET 5 約200g 27.0cm
ニューバランス RC1300 約165g 27.5cm
RC1100 約185g 27.5cm
RC700 約190g 27.5cm
アシックス TARTHER ZEAL TS3 約175g 26.5cm
SORTIEMAGIC RP 約155g 26.5cm
SORTIE JAPAN 約170g 26.0cm
プーマ FAAS 200 R 約175g 26.5cm
アディダス adizero takumi sen 約170g 27.0cm
adizero takumi ren 約195g 27.0cm
adizero Feather RK 2 約185g 27.0cm
ナイキ LUNARSPEED AXL 約215g 26.0cm
Flyknit Racer 約160g 26.0cm

おすすめ超軽量ランニングシューズ厳選3種

今、日本国内で一般的に販売されているランニングシューズの中から、特に超軽量ランニングシューズと呼ぶにふさわしい傑作を厳選して3種類紹介していきます。

ソーティマジックRP(アシックス)
現在の価格はコチラ

一般向けに販売されているランニングシューズの中でも、圧倒的な軽さを誇る超軽量ランニングシューズといえばアシックスのソーティマジックでしょう。特にサブ3を目指すランナーなら、この軽さは30キロ地点からの大きな武器となります。

軽量性を重視したランニングシューズの場合、クッション性やフィット感が義勢となってしまいがちですが、アシックスのソーティマジックRPにはマラソン用に新しく設計した足型を使用しており抜群のフィット性を発揮します。

また、反発力に優れたアシックスの定番素材であるSpEVAと、軽量性に優れたSolyteを使用した2ピース構造のミッドソール担っているため、高速走行時における着地衝撃をしっかりと緩和してくれます。 まさに、超軽量ランニングシューズでタイムの向上を狙うランナーにおすすめの1足といえるでしょう。

>>サブ3を目指す人におすすめなランニングシューズはコチラ

>>アシックスのランニングシューズについて詳しくはコチラ

フライニットレーサー(ナイキ)
現在の価格はコチラ

ランを必要とする様々なスポーツのフィードバックから、まるで靴下のように足にフィットするシューズとして、シームレスに編み上げられたニット構造のランニングシューズを作り上げたナイキ。この構造はフィット感だけでなく軽量性にも大きな影響を与えており、ランニングシューズの中でもトップレベルの軽さを手に入れました。

他のランニングシューズと比較すると、どこかローテク感のある見た目であり、特にアウトソールなどはハイテクなランニングシューズを見慣れたランナーからすれば不安にすら感じるかもしれません。しかし見た目とは裏腹に、ビックリするほどスピードに乗れるランニングシューズとなっています。

>>ナイキのランニングシューズについて詳しくはコチラ

RC1300(ニューバランス)
現在の価格はコチラ

自己ベストを更新するためだけに開発されたニューバランスのRC1300。圧倒的な軽量性はもちろんのこと、効率的なスピード走行を可能にした4mmドロップの靴型と、あらゆる路面でしっかりとグリップするダイナライド、そして反発性を兼ね備えた超軽量のクッショニングシステムなど、ランナーの気持ちを高ぶらせる至極のシューズです。

エネルギーを消費することなく走行速度を上昇させられる、超軽量ランニングシューズでありながらも上級者ランナーたちのシビアな要求に対し即座に反応する、まさに勝つための走りを強力にアシストしてくれる逸品です。

>>ニューバランスのランニングシューズについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

軽量ランニングシューズの注意点

ランニングシューズにおける「軽さ」というのは、フルマラソン30キロ地点から如実に感じるランニングシューズの重量に対して大きな影響を与えます、もあと少しだけシューズが軽ければ!と思うランナーのために開発されているのです。

しかしビギナーの場合「軽い=走るのが楽」だと考えてしまいがち、実際のところ走りやすさと軽さは相反する性質になっており、走りやすさのために必要なフィット感やクッション性といった性能を犠牲にして軽量なランニングシューズは生み出されています。

そのため、ランニングのための筋力がついていないビギナーが超軽量なランニングシューズを使うと、ランニング中の衝撃をシューズが和らげてくれないので、腰痛や股関節痛、膝の故障などの原因となってしまう可能性もあります。 もちろんランニング上級者であれば軽量性は記録の更新に大きな後押しとなってくれます、しかしビギナーの場合はランニングシューズの軽量性よりも、まずは自分にあった選び方で最適なランニングシューズを見つけるのがおすすめです。

>>初心者におすすめなランニングシューズの選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> ランニングシューズに人気や比較が一目瞭然 <<
ランニングシューズのメーカー別特徴比較一覧 メーカー別
特徴比較一覧
最新ランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 最新版
人気ランキング
メンズ向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 メンズ向け
人気ランキング
レディース向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 レディース向け
人気ランキング
ジュニア向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 ジュニア向け
人気ランキング