マラソン上級者ランナーから初心者まで
ピントルのランニングシューズ専門ページ

>> ランニングシューズに人気や比較が一目瞭然 <<
ランニングシューズのメーカー別特徴比較一覧 メーカー別
特徴比較一覧
最新ランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 最新版
人気ランキング
メンズ向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 メンズ向け
人気ランキング
レディース向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 レディース向け
人気ランキング
ジュニア向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 ジュニア向け
人気ランキング

ランニングシューズの寿命と買い替え時について

寿命と買い替え時期

普通の運動靴と違い走ることに特化している靴が文字通りランニングシューズです。走ることに特化しているからこそランニングシューズの性能は寿命と強く結びついており、ただ履ければいいだけではランニングシューズとして機能していないことになってしまいます。消耗したまま使用し続けていると思わぬトラブルに見舞われてしまう可能性もあります。

ランニングシューズの寿命を見極め、正しい買い替え時期を知ることで走ることにおいて最高のパフォーマンスを実現できます。ここではランニングシューズの寿命と買い替え時期について解説していきます。

スポンサーリンク

ランニングシューズの寿命を知る

ランニングシューズの寿命を知る

一般的にランニングシューズの寿命は

  • トレーニングシューズ:800km~1000km
  • トレーニング兼レースシューズ:500km~700km
  • レーシングシューズ:300km

と言われています。

数字で出ている分劣化の目安としやすいのでトレーニングを行う際には大体の距離を測っておくのもいいかもしれません。トレーニングシューズで1日3km走る場合、大体1年くらいかななど大雑把ではありますが買い替えの時期の目安にもなります。

しかしその人の体重・走り方・頻度・手入れ具合に個人差がある為一概に走行距離で寿命を判断するのは難しいです。あくまで目安ということになります。

ではどういったことで劣化するのか、寿命はなにで判断できるかを代表的な見分け方を取り上げて説明していきたいと思います。

経年劣化

使用による劣化はもちろんですが単純な経年による劣化が挙げれます。

まったく履かずに保管していたとしてもソールに使われているウレタンゴムなどの素材はどうしても経年劣化するものとなっています。そういった意味ではランニングシューズはある程度消耗品と捉えた方がいいかもしれません。

しかし使用と経年による劣化は手入れをすることで軽減することができるので、使用した後やまったく使用していなかったとしても定期的にメンテナンスを欠かさないようにすることがランニングシューズの性能を長く保つ為の秘訣になります。

>>お手入れ方法について詳しくはコチラ

インナーソールのクッション性で寿命をチェック

足への衝撃を軽減する役割のあるクッション性に富んだ部分がインナーソールです。かかとなどの負担がかかりやすい部分のクッション性がなくなってきたら買い替え時期のサインです。

インナーソールはシューズとは別で自分で選んで使うことができるので、自分の癖やインナーソールのクッション性などで自分好みのインナーソールを選べば体への負担やランニングシューズ自体への負担も軽減することができます。

アウトソールの減り具合で寿命をチェック

クッション性がある柔らかいミッドソールを守る為にあるのがアウトソールです。アウトソールが擦り減ってミッドソールが見えてきたら一般的には買い替えのタイミングと言われています。他にはかかと部分が1mm擦り減るだけでも走るときの体勢が数度傾き、体への負担が増えることによって思わぬアクシデントにも繋がります。

定期的にアウトソールをチェックし減り具合を把握することで、ある程度劣化具合を把握し不慮のアクシデントを回避しつつ買い替えのタイミングを計ることができます。

ミッドソールのクッション性で寿命をチェック

買い替えたばかりの頃と比べるとクッション性が明らかに違うことは使用していればわかることだと思います。履き心地や走っているときのクッション性が変わったと感じたらそれは劣化のサインです。

履いてチェックももちろんですが、指で押してみたりミッドソールのクッション性のチェックをするのも劣化を把握する為に必要なことだといえます。ミッドソールは使った後は24時間~48時間程休ませると機能が回復すると言われているので、何足かで履き回したりするなどのケアをするとランニングシューズを長持ちさせることができます。

>>ランニングシューズを長持ちさせるお手入れ方法はコチラ

ランニングシューズの買い替え時期

ランニングシューズの買い替え時期

ランニングシューズの買い替え時期は、寿命による劣化はもちろん、その人の環境の変化や心境の変化など様々なタイミングで訪れます。ここでは、劣化による寿命でのランニングシューズ買い替え時期を中心に紹介します。

アウトソールが磨り減った時

1番わかりやすい買い替え時期はアウトソールが磨り減ってミッドソールが見えてきたときでしょう。アウトソールがあまりに磨り減ってしまうと走る時の体勢にも大きく関わりアクシデントにも繋がります。そこまで磨り減ってしまっていると直接ミッドソールの劣化にも繋がっていることになるので、見た目でわかりやすく買い替え時期の判断がしやすいポイントになります。

ミッドソールのクッション性がなくなってきたと感じた時

ミッドソールのクッション性です。買ったときに比べ明らかにクッション性が失われていたり、履き心地が変わったと感じたらそれは劣化しているというサインです。見た目では判断できない部分になるので、まだ履ける!とは思っていてもランニングシューズとしての機能が失われていることになります。体への負担も大きくなるのでクッション性がなくなったと思った場合も買い換えるようにしましょう。

単純に壊れてしまった時

壊れてしまってはどうにもなりません。まさに買い替え時期であるといえます。気に入っていたランニングシューズであれば同じシューズや性能が似ているシューズを選んだり、履き潰してしまうくらいランナーとしての経験を積んだのなら一つ上のレベルのランニングシューズを選ぶいい機会かもしれません。

目標を達成・設定した時

大会に出場し完走した・大会にエントリーした・目標を設定した・目標を達成したなど転機ともいえる機会も買い替え時期といえます。気分を一新しモチベーションを上げる為にも買い換えるにはいいタイミングです。まだ使えるランニングシューズなら使い回すことによって両方のランニングシューズを長持ちさせることができるので一石二鳥かもしれません。

気分転換に買い替え

ランニングシューズの買い替え時期はなにも劣化した時だけではありません。髪型や服装を変えた時のようにランニングシューズを変えると気分が違う人も多いと思います。モチベーションにも繋がることにもなり、走ることにモチベーションは必要なファクターです。

まだ使えるランニングシューズだったなら新しいシューズと使いまわすことで長持ちさせることができるので無駄にはなりません。気分に合わせるというのも立派な買い替え時期なのです。

>>買い替えでお悩みの方はメーカー一覧をチェック

>>プロが教えるランニングシューズの選び方はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> ランニングシューズに人気や比較が一目瞭然 <<
ランニングシューズのメーカー別特徴比較一覧 メーカー別
特徴比較一覧
最新ランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 最新版
人気ランキング
メンズ向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 メンズ向け
人気ランキング
レディース向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 レディース向け
人気ランキング
ジュニア向けランニングシューズ人気ランキング:ベスト10 ジュニア向け
人気ランキング