MOD?アトマイザー?どこよりも詳しく紹介中!
ピントルの電子タバコ(VAPE / ベイプ)専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
タバコ依存度チェックテスト
タバコ依存度
チェック
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用アトマイザーの選び方
アトマイザー
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用バッテリー(MOD)の選び方
MOD
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)徹底比較
電子タバコ
徹底比較
電子タバコ(VAPE / ベイプ)の害と安全性
電子タバコ
害と安全性

電子タバコのスターターセットおすすめランキング

電子タバコ(VAPE / ベイプ)のスターターセットおすすめランキング

ここ数年で急速に普及した電子タバコ(VAPE / ベイプ)。人気の上昇に伴って数多くのメーカーから多様な種類のベイプが展開されています。性能も価格もピンキリですので、どれを選べばよいか迷われる方も多いと思います。そこで、一式がセットになったおすすめのスターターキットをランキング形式でご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

第1位:KangerTech『SUBOX miniスターターキット』

現在の価格はコチラ

スターターキットのおすすめ第1位はカンガーテックの「SUボックスミニ スターターキット」です。初心者に特におすすめのベイプであり、「これを買っておけば間違いない」と言える数少ないベイプの1つです。

アトマイザーの抵抗値は0.3Ωであり、もちろんサブオームです。このアトマイザーによって優れた爆煙機能が期待できます。また、拡張性の高さも魅力です。「手巻きコイル対応」や「バッテリが外付けの為交換が可能」など、ベイプにどっぷりハマっても買い換えることなく、出来ることが多い電子タバコです。

バッテリーは取り外し可能なタイプですので、劣化しても本体を交換することなくバッテリーの交換が可能です。使用するバッテリーは「IMR18650電池」であり、仕様に当たっては別売りのこの電池とリキッドがあればすぐに電子タバコ生活を始められます。

デメリットを強いて挙げるのであれば、最近の主流である「温度管理」が出来ない点です。しかし、それを補って余りある性能と拡張性を有した、おすすめのベイプスターターキットです。

>>18650バッテリーを探すならコチラ

>>カンガーテック(KangerTech)のベイプについて

第2位:Eleaf『TC40WとGS-tankスターターキット』

現在の価格はコチラ

スターターキットのおすすめ第2位はイーリーフの「TC40WとGS-tankスターターキット」です。 非常に評価が高いTC40WとGSタンクというアトマイザーが組み合わせてあるので、すぐに爆煙を楽しむことができる電子タバコになっています。

抵抗値が0.15Ωと非常に低く、初心者でもすぐに爆煙を楽しむことができるスターターキットです。バッテリー容量も2600mAhですので、余裕で1日もつ安心の量です。出力も1Wから40Wmade調節できるので自分好みにカスタマイズすることが出来ます。

最初はこの組み合わせて電子タバコを楽しみ、慣れてきたら自分好みのアトマイザーに付け替えることもできます。MODとして非常に優秀なので、目的に応じて様々た対応していくことができ、それによって長く使っていくことができるコストパフォーマンスが非常に魅力的なおすすめのスターターキットです。

一万円以下で購入できるスターターキットとして特に一押しの商品なので、これから電子タバコを始めたいと考えている人はぜひぜひ選択肢に入れてみてください。

>>イーリーフ(Eleaf)のベイプについて

スポンサーリンク

第3位:Aspire『Atlantisスターターセット』

現在の価格はコチラ

スターターキットのおすすめ第3位はアスパイアの「Atlantisスターターセット」です。アスパイアのアトランティスは「爆煙ベイプ」の代名詞となったアトマイザーであり、優れた爆煙機能を持ちながらもリキッドの香りや味を損なわない高品質な点が魅力です。

非常に高い人気を獲得しているアトマイザーがセットになったこちらのスターターキットは非常におすすめです。もちろんサブオームであり、抵抗値は0.5Ωです。MODも定評のあるCFが採用されており、バッテリーは2000mAhの大容量です。

カーボン製の質感やデザインも魅力の1つです。非常に総合力に優れたおすすめのベイプスターターキットです。

>>アスパイア(Aspire)のベイプについて

第4位:Joyetech『eVic-VTC Miniスターターセット』

現在の価格はコチラ 

スターターキットのおすすめ第4位はジョイテックの「eVic-VTC Miniスターターセット」です。eVic-VTCシリーズの特徴である「優れた温度管理」はそのままに、バッテリーを交換式のIMR18650電池を採用することで小型化に成功したベイプです。

アトマイザーの抵抗値は「0.2Ω」と「0.25Ω」の2種類が付属しており、優れた爆煙機能を楽しむなら「0.2Ω」、タバコのような吸い込んだ時の抵抗を感じたいなら「0.25Ω」と、使い分けられます。

温度管理機能やバイパスモードなどの機能性が高い点も魅力であり、非常に使い勝手の良いベイプです。汎用性の高さも魅力であり、初心者にもおすすめです。バッテリーは別売りですので、別途購入が必要なので注意が必要です。

>>18650バッテリーを探すならコチラ

>>ジョイテック(Joyetech)のベイプについて

第5位:INNOKIN『itaste MVP v2.0とiClear 16Dスターターキット』

現在の価格はコチラ

スターターキットのおすすめ第5位はイノキンの「itaste MVP v2.0とiClear 16Dのスターターキット」です。可愛いデザインが特徴的なベイプであり、かの「レオナルド・ディカプリオ」も使用していると言われているシリーズのベイプです。

「可変電圧機能」や「バッテリー保護機能」など基本的な性能は押さえており、入門用として非常におすすめの電子タバコです。「爆煙」を売りにしたベイプのような煙量は得られませんが、爆煙にこだわらないのであれば十分な機能を有しています。値段も安いので、とりあえずベイプが欲しいという方や、デザイン重視の方には特におすすめです。

アトマイザーの抵抗値は2.1Ωであり、煙量よりもリキッドの味わいや香りを重視した作りとなっています。バッテリー容量は2600mAhと大容量であり、余裕で1日過ごすことが可能です。

>>イノキン(INNOKIN)のベイプについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
タバコ依存度チェックテスト
タバコ依存度
チェック
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用アトマイザーの選び方
アトマイザー
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用バッテリー(MOD)の選び方
MOD
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)徹底比較
電子タバコ
徹底比較
電子タバコ(VAPE / ベイプ)の害と安全性
電子タバコ
害と安全性