MOD?アトマイザー?どこよりも詳しく紹介中!
ピントルの電子タバコ(VAPE / ベイプ)専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
タバコ依存度チェックテスト
タバコ依存度
チェック
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用アトマイザーの選び方
アトマイザー
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用バッテリー(MOD)の選び方
MOD
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)徹底比較
電子タバコ
徹底比較
電子タバコ(VAPE / ベイプ)の害と安全性
電子タバコ
害と安全性

電子タバコ(VAPE)に禁煙効果はあるの?

電子タバコ(VAPE)に禁煙効果はあるの?

このページに辿り着いたということは、おそらく禁煙に興味があるのだと思います。家族や恋人に反対されるから、将来も健康な体でいたいから、など理由は様々あるかと思います。

厚生労働相の統計では、男性の4人に1人、女性の3人に1人がタバコをやめたいと思っている、というデータがありますが、「思っている」だけで「実際にタバコをやめる」ことはやはり難しいですよね。

禁煙アイテムとして真っ先に思いつくのが電子タバコやニコチンパッチ、ガムなどでしょう。最近では、筆者の周りでも電子タバコ(VAPE)に乗り換えている人が多く、タバコを断ち切ることができた人もたくさんいます。そんな彼らが共通して望んでいたことは、ストレスなくタバコから離れたい!という想いでした。

ここでは、そんなタバコをやめることによって生じるストレスの原因を整理するとともに、電子タバコ(VAPE)の禁煙効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

電子タバコには禁煙効果がある?

どうしてもタバコがやめられないあなたへ

食事と同じように、タバコが生活の一部になり手放せない存在になっていることでしょう。しかし、健康にも良くないし何より周りに迷惑をかけているのが気がかりかと思います。

禁煙を志しても自信がない、あるいは過去に失敗したことがあるなど、どうしてもタバコがやめられない人にとって、電子タバコ(VAPE)の登場は救世主かもしれません。

結論からいうと、電子タバコ(VAPE)に禁煙効果はあります。

従来の電子タバコでは「ものたりない」と感じた人でも、第三世代電子タバコと呼ばれる「VAPE(ベイプ)」であれば、ボリューム感のある煙量による吸っている感や、豊富なリキッドとカスタマイズによる嗜好品としての充実度で、タバコよりもむしろベイプの方が美味しいし楽しいといった人が急増しています。

こんな事をいうと「ベイプをあなたに売りつけたい人」のように思われるかもしれませんので、このページではちゃんと「禁煙にベイプがなぜ役立つのか」について、禁煙が難しい理由から詳しく紹介していきます。

なぜ禁煙は難しいのか?

なぜタバコが吸いたくなるのか?

喫煙者が定期的にタバコが吸いたいという思うのは、ニコチン不足であるという脳からのメッセージです。例えば、息を止めていると苦しくなって酸素を求めて呼吸したくなるように、喫煙者もニコチンを求めてイライラしたり落ち着かなくなったりします。

このような喫煙欲求は、脳が「ニコチンは定期的に摂取されるもの」として誤認識していることが原因で生じます。特に厄介なのが、ニコチンは脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンとよく似ているという点です。

また、タバコを吸いたいと感じるタイミングがあることも、禁煙を難しくする要因となっています。

ニコチンとアセチルコリンの関係

脳内にはアセチルコリンという神経伝達物質が存在し、自律神経の調節に重要な働きを示します。アセチルコリンが不足すると自律神経が乱れ、不安感や抑うつ感などが生じます。

実はタバコに含まれるニコチンは、このアセチルコリンと非常に良く似た構造を持つ物質であり、アセチルコリンと同じように脳内で働きます。

タバコを吸うとアセチルコリンの代わりにニコチンが働くため、一時的に気分が良くなりまが、ニコチンはわずか30分で半減しますので、30分後にはアセチルコリン不足に伴う不安などの症状が出てきます。これが俗に言うニコチン依存症の正体です。

喫煙習慣はニコチンよりも厄介!? ~禁煙を難しくする最大の要因~

タバコが吸いたいという衝動は、本当にニコチンによるものでしょうか?もちろんニコチン不足も原因の1つではありますが、習慣的にタバコを吸う状況やタイミングがあると思います。例えば、

  • 喫煙所のそばを通ったとき
  • 友人がタバコを吸いに席を立ったとき
  • 嫌なことがあったとき
  • お酒やコーヒーを飲んだとき
  • 食事の後に

など、無意識にタバコと関連付けている状況に当てはまったときにタバコが吸いたいと感じてしまいます。公衆便所を見かけるとトイレに行きたくなるのと同じですね。

この喫煙習慣について禁煙に成功した人に話を聞くと、

  • ニコチン不足は数日我慢すれば慣れる(脳が元に戻る)。
  • タバコを吸いたいなと感じるのはニコチンよりも、むしろタバコと関連のある状況下に置かれたとき。

といった意見が大多数を占めています。つまり、禁煙できない原因はニコチンよりも喫煙習慣にあると言えます

タバコをやめられない理由を整理しよう

禁煙に失敗した経験のある方ならよく分かると思いますが、禁煙中にタバコを吸ってしまった人の最大の要因とはいったい何だと思いますか?最も多いのは、ニコチン不足ではなく、上述した無意識にタバコと関連付けている状況下に当てはまることです。

友達とお酒を飲んでラーメンを食べたことを想像してみてください。喫煙者であれば、そこにタバコが無いことのほうが不自然であると感じるでしょう。またその際に、もしタバコを吸ってはいけないと言われたとしたら…。愛煙家ならそう考えるだけで気が穏やかではないと思います。

これはニコチン不足による衝動ではなく、明らかに喫煙習慣によるものです。この喫煙習慣が長ければ長いほど、それが日常となるため、禁煙がよりストレスになり難しくなってしまうのです。

>>タバコ依存度チェックテストはコチラ

スポンサーリンク

電子タバコ(VAPE)の禁煙に効果がある理由

タバコから電子タバコ(VAPE)に乗り換えるメリット

ここまでお読み頂ければ、電子タバコで禁煙できる理由はすぐにご理解頂けるかと思います。結論から言うと、電子タバコで禁煙できるのは、喫煙習慣を変えなくて良いからなのです。

タバコを吸いたいと思ったら電子タバコを吸えばいいのです。この「吸っていい」という安心感があることが、精神的ストレスの軽減に繋がり、禁煙の成功をぐっとたぐり寄せてくれます。

ニコチンガムより電子タバコ(VAPE)の方が楽に禁煙できる

ニコチン不足による脳の欲求が収まるまでは我慢が必要です。これは禁煙を成功させるためには必ず乗り越えなければならない壁です。

よく禁煙補助のニコチンガムなどを噛むケースがありますが、あれはニコチンを体内に取り入れて脳を満足させているので、噛むのをやめれば基本的にまた脳はニコチンを要求します。つまり、それらは対症療法としての意味合いが強いのです。

逆に言うと、電子タバコの最大のメリットは、脳にニコチンを忘れさせる「だけ」でいいという点です。習慣は変えなくてよいのですから、完全な禁煙(断煙とでも言うべきでしょうか…)と比べるとストレスのかかり方が全く違います。

ニコチン不足さえも我慢出来ない時にも電子タバコは大活躍

ニコチン不足も耐えられない、煙も吸いたい、習慣も変えたくない、でもなるべく健康でいたい。

もはや禁煙とは何なのかと思いたくなりますが、そんなわがままな要望に唯一答えられるものとしては、電子タバコ(VAPE)でニコチン入りリキッド(通称、ニコリキ)を吸うことです。

ニコチン入りリキッドは薬事法で規制されており日本国内では入手できませんが、海外からの個人輸入では入手可能です。

>>ニコチン入りリキッドについて詳しくはコチラ

タバコから電子タバコ(VAPE)に乗り換えるメリット

タバコから電子タバコ(VAPE)に乗り換えるメリット

近年、喫煙者は肩身が狭いですよね…。しかし、タバコを吸うことによって周囲の非喫煙者に迷惑をかけてしまうのは極力避けたいところです。

それでは、タバコから電子タバコに乗り換えることによりどんなメリットがあるのでしょうか?以下でいくつかご紹介します。

喫煙習慣を変える必要がないためストレスがかからない

これまでご紹介してきたように、禁煙を志す上で最も苦痛なのが喫煙習慣を是正することです。

タバコを吸いたい状況やタイミングで電子タバコを吸えばいいだけなので、感じるストレスは殆ど無いに等しいです。

電子タバコは一般的な紙巻タバコよりも害が少ない

一般的な紙巻タバコにはニコチンの他に、タールや一酸化炭素、アンモニア、ヒ素、ペンゾピレンなどの発がん物質を含む有害物質が200種類以上も含まれています。

一方で、リキッド充填式の電子タバコ(VAPE)は、食品添加物でもあるプロピレングリコール、野菜由来のグリセリン、食用風味(添加物等)のたった3種類のみです!健康に悪影響を及ぼす化学物質は、紙巻タバコと比較すると圧倒的に少ないことがわかります。当然、周囲の人への悪い影響も少なくなります。

(※電子タバコの健康への安全性については、現在世界中で研究が進められている最中です)

>>電子タバコの有害性についての考察はコチラ

タバコ独特のにおいがしない(服や指が臭くならない)

吸っている本人は気づかなくても、タバコを吸った直後の人はすぐにわかりますよね。それが不快に感じる人も少なくありません。

電子タバコは従来のタバコ特有の嫌な臭いがしないだけでなく、フレーバー系の良い香りのリキッドも数多く販売されています。

また、タールなどが含まれていないことからも、室内で吸ったとしても部屋の壁をきれいに保つことができます。

タバコ代を1/3以下に抑えることができる

電子タバコ(VAPE)は初期費用とリキッド代を入れても、一般的な紙巻タバコと比べて、わずか1ヵ月ほどで元が取れてしまいます

その後はリキッド代と部品交換代しかかからないので、ランニングコストもおよそ1/3以下に抑えることができます

>>リキッドについて詳しくはコチラ

火災の心配が少ない

電子タバコの場合はライターなどの発火装置を必要としないため、従来のタバコのように床を焦がしたり火災の原因となるようなことは殆どありません。ただし、意図してやることは殆ど無いとは思いますが、必要以上の加熱(ドライバーン)には注意が必要です。

>>電子タバコ(VAPE)の仕組や構造

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
タバコ依存度チェックテスト
タバコ依存度
チェック
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用アトマイザーの選び方
アトマイザー
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用バッテリー(MOD)の選び方
MOD
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)徹底比較
電子タバコ
徹底比較
電子タバコ(VAPE / ベイプ)の害と安全性
電子タバコ
害と安全性