MOD?アトマイザー?どこよりも詳しく紹介中!
ピントルの電子タバコ(VAPE / ベイプ)専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
タバコ依存度チェックテスト
タバコ依存度
チェック
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用アトマイザーの選び方
アトマイザー
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用バッテリー(MOD)の選び方
MOD
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)徹底比較
電子タバコ
徹底比較
電子タバコ(VAPE / ベイプ)の害と安全性
電子タバコ
害と安全性

電子タバコのアトマイザーおすすめランキング

電子タバコ(VAPE / ベイプ)のアトマイザーおすすめランキング

ここ数年で非常に人気が高まり、多くのメーカーから多種多様な商品が展開されている電子タバコ(VAPE / ベイプ)。アトマイザーとMODをメーカーに関わらず自由に組み替えることが出来るのはベイプの大きな魅力ですが、選択肢が多すぎて迷われる方も多いと思います。そこで、評判・人気共に高いおすすめのアトマイザーをランキング形式でご紹介しますので、アトマイザー選びの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

第1位:Aspire『atlantis2』

現在の価格はコチラ

アトマイザーのおすすめランキング第1位は「Aspireのatlantis2」です。 爆煙ベイプの代名詞となったアトマイザー「アトランティス」の後継機であり、現状最強の爆煙アトマイザーと称されています。

満足度の高い爆煙が最大の魅力ですが、コイルの抵抗値は0.3Ωと0.5Ωの2種類が付属しているので好みや気分で簡単に変えることが可能です。優れた爆煙を生み出すコイルヘッドにはオーガニックコットンが使用されています。

ステンレス製で耐久力にも優れており、あらゆる面で非常に優れたアトマイザーです。世界的にも非常に人気が高く、万人におすすめできる優秀なアトマイザーです。煙量を重視するなら特におすすめのアトマイザーです。

>>アスパイア(Aspire)のベイプについて

第2位:Joyetech『Delta2』

現在の価格はコチラ

アトマイザーのおすすめランキング第2位は「JoyetechのDelta2」です。このアトマイザーなしでは今のジョイテックは語れないほど、絶大な人気と性能を誇っているアトマイザーです。サブオームなので十分に電圧を活かすことができますし、エアフローが一般的なアトマイザーよりも大きい為、爆煙を楽しむことができるアトマイザーとして高い評価を得ています。

リキッドの流入量を調節できるためドライヒットを防止するのはもちろん、供給過多による「じゅるる」という現象も軽減できます。さらに、コイルユニットのサイズは申し分なく、がっつり爆煙を楽しむことから、ベストな味わいを求めて微調節して楽しむことまで幅広く満足出来る逸品です。アトマイザー選びの選択肢に是非入れてほしい機種です。

>>ジョイテック(Joyetech)のベイプについて

スポンサーリンク

第3位:KangerTech『SUBTANK』

現在の価格はコチラ

アトマイザーのおすすめランキング第3位は「KangerTechのSUBTANK Plus」です。「Subtank」をバージョンアップさせたアトマイザーであり、Subtankの優れた機能はそのままに、同じ大きさでタンク容量を7mlに大幅アップさせたアトマイザーです。

0.5Ωの爆煙から1.2Ωの味重視セッティングまで幅広く活用できるだけでなく、日本産のオーガニックコットンコイル(OCC)を使用しているため、グラスファイバー系ウィック特有の石鹸くささが苦手だという人でも、リキッドの味わいをダイレクトに感じられる秀逸なアトマイザーです。煙の量や味ともに申し分なく、リキッドの交換が煩わしい人には特におすすめのアトマイザーです。

>>カンガーテック(KangerTech)のベイプについて

第4位:SMOK『VCT PRO』

現在の価格はコチラ

アトマイザーのおすすめランキング第4位は「SMOKのVCT PRO」です。抵抗値は0.2Ωと0.6Ωがセットとなっており、対応のMODが必要となります。このアトマイザーの特徴は、「低抵抗のコイルの快適性」を求めている点です。

通常は低抵抗であればあるほど、煙量は増して味は落ちます。しかし、このスモックのアトマイザーは爆煙はそのままに味の劣化を抑えています。スモックならではの技術力によって「放熱冷却システム」や「バーチカルデュアルコイル」が組み込まれ、低抵抗の爆煙ながらも美味しい吸い口を実現させたおすすめのアトマイザーです。

>>スモック(SMOK)のベイプについて

第5位:Eleaf『GS-TANK』

現在の価格はコチラ

アトマイザーのおすすめランキング第5位は「EleafのGS-TANK」です。リキッドの味や香り重視の方におすすめのアトマイザーです。抵抗値は0.15Ωと低抵抗ですが、煙量よりも味の出やすさを重視したアトマイザーです。超爆煙を期待すると少し物足りないかもしれません。

最大の魅力は、コスパ良さです。基本的な性能は押さえながらも、上位モデルの半額程度で購入できるコスパの良さから高い人気を得ているアトマイザーです。あえて問題点をあげるなら、熱を持ちやすいので注意が必要な点です。コスパでアトマイザーを選ぶなら特におすすめです。

>>イーリーフ(Eleaf)のベイプについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
タバコ依存度チェックテスト
タバコ依存度
チェック
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用アトマイザーの選び方
アトマイザー
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)用バッテリー(MOD)の選び方
MOD
選び方
電子タバコ(VAPE / ベイプ)徹底比較
電子タバコ
徹底比較
電子タバコ(VAPE / ベイプ)の害と安全性
電子タバコ
害と安全性