目的に合ったアイテムが見つかる!
ピントルのスピーカー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
徹底解説!スピーカー種類と上手な選び方
スピーカー
選び方
便利!Bluetoothスピーカーおすすめランキング
おすすめ
Bluetooth
高音質!USBスピーカーおすすめランキング
おすすめ
USBスピーカー
高音質!重低音スピーカーおすすめランキング
おすすめ
重低音スピーカー
高音質!PC用スピーカーおすすめランキング
おすすめ
PC用スピーカー

ホームシアター向けスピーカーおすすめランキング

ホームシアター向けスピーカーランキング

近年、映像技術の飛躍的な発展により、自宅に居ながら映画館で映像を見ているかのような環境を作ることができるホームシアターセットが人気となっています。しかしハイクオリティな映像コンテンツを楽しむためには、画質だけ良くても意味がありません。

映像と共に臨場感や迫力を生むものとして音響があり、ホームシアタースピーカーも人気となってきています。これからホームシアターを導入しようとされている方のためにも、こちらではホームシアター向けスピーカーおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

テレビ用(ホームシアター)スピーカーの選び方

テレビ用(ホームシアター)スピーカーの選び方

テレビ用のスピーカーと言うと必要なの?と思われる方もいると思います。実際に、テレビそのものから音声は流れますし、十分な音量を得られるので必要ないと思われるのが普通かもしれません。

確かにごく普通にテレビを楽しむのであればそれでも十分だと思います。しかし大迫力の映画を楽しむとき、スポーツ観戦を行うとき、もっと高音質で迫力のある音であればもっと楽しめるのではないでしょうか。

そんな時にあると良いのがホームシアタースピーカーなのです。つまりホームシアター用のスピーカーとはテレビに標準で付けられているスピーカーでは物足りない場合、それを補い良くするためにあるスピーカーなのです。

後述しますが、このホームシアタースピーカーを選ぶ上で基準のメインとなるのは形状です。

使用する室内環境や用途によって形状を選ぶことがポイントになるので、それを念頭に置いた上で、選び方のポイントを読んでいただけると良いです。

>>スピーカーの種類と選び方について詳しくはコチラ

PC用スピーカーで代用するという選択はアリ?

さて、ここで出てくるのがホームシアター用スピーカーをわざわざ新たに購入しなくてもPC用スピーカーでは代用できないのか、という点です。

あるいは購入する際にホームシアター用ではなくPC用を選んではダメなのか、という意見もあるでしょう。

基本的にホームシアター(テレビ用)スピーカーと言うとサラウンド再生を可能としているものを指します。

しかし使用する際にこのサラウンド再生にこだわりが無いのであれば、必ずしもテレビ用に限る必要はなく、PCと兼用でPC用スピーカーを使用するというのも有りになります。

要はどのような目的やこだわりでスピーカーを使用するかに尽きますので、そのあたりも考えながら選んでいただくといいでしょう。

>>PC用スピーカーおすすめランキングはコチラ

テレビ用スピーカーの形状の種

テレビ用スピーカーの形状の種

先述したように、ホームシアタースピーカーを選ぶ際には形状が基準のメインとなってきます。その種類をここからご紹介していきたいと思います。

  • サウンドバー
  • オーディオベース
  • 2.1chホームシアター
  • シアターコンポーネント

これらは室内環境で設置のしやすさが変わりますが、設置することで臨場感も変化していきます。どれも特徴が違いますので、それぞれ見ていきたいと思います。

サウンドバー

サウンドバーは名前の通り、薄く細長いバーの形状をしており、テレビの前に置くことで画面の邪魔をすることなく増設できるスピーカーになります。

とにかく設置しやすいというメリットがあり、ケーブルなども少ないため接続もしやすくなっています。

また商品によっては低音用のサブウーハーが別で付いていますが、こちらはブックシェルフ型となっていることが多いので、テレビ台の横などに床に置いて設置することになりますが、基本的には自由に配置できます。

バーチャルサラウンドとなっているので、広がりのある空間を演出するかのような音が楽しめるのも特徴です。

オプションのサラウンドスピーカーがある場合は、4.1chサラウンドへの発展が可能となっているのもメリットです。

とりあえず設置しやすいものを購入して、物足りない場合は後で増設したいと言う方にはおすすめの形状になります。

オーディオベース

上記のサウンドバーほどではありませんが、こちらも設置性と接続のしやすさに優れています

形状はブルーレイレコーダーのような台座型で、テレビの下に置くことで設置できます。また接続ケーブルも少ないので、短時間での接続が出来るのもポイントです。

さらにバーチャルサラウンドなので、広がりのある音が楽しめるのもサウンドバーと同様となっています。

ただ異なる点としては拡張性がないため、後々増設することができません。そのため、設置性に優れたホームシアタースピーカーをお求めの方におすすめです。

2.1chホームシアター

小型フロントスピーカーと低音用のサブウーハーがセットになったホームシアタースピーカーになります。

それぞれは分離しており、フロントスピーカーが2つ、サブウーハーが1つとなっていますが、商品によってはフロントスピーカーがバータイプとなっており分離しないものもあります。

そもそも2.1chや先ほど出てきた4.1chはスピーカーの組み合わせを表します。整数値が全音域用のスピーカーの数、小数点以下がサブウーハーの数になります。

この場合は全音域用のフロントスピーカーが2つ、低音用のサブウーハーが1つなので合致しています。

オプションのセンタースピーカーやサラウンドスピーカーがある場合は、増設することによりリアル5.1chに拡張することができるのもメリットです。

設置の自由度が高いため、聞く場所や方向に合わせて細かく調節することができ、バーチャルサラウンドによって広がりのある音を部屋に合わせた最適なサウンドで楽しめます。

シアターコンポーネント

複数本のスピーカーを使用し、迫力のあるサウンドを楽しめるのがこちらのシアターコーポネントです。

座る場所の斜め後ろにもスピーカーを配置するため、配線などに気を配る必要こそありますが、一度設置してしまえばまるで音に包まれているかのような臨場感が味わえます。

複数本のスピーカーを使用しているので、DVDやブルーレイの5.1chサウンドをリアルに体感できる高性能な形状です。

また映像入力や対応フォーマットも豊富に用意されているので、様々な機器との接続が可能なのもメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

テレビ用おすすめのスピーカーランキング:TOP10

テレビ用おすすめのスピーカーランキング:TOP10

それではテレビ用のおすすめスピーカーについてもご紹介しておきましょう。人気や評価などをもとにランキング形式にしてありますので、気になる方はこちらも参考にしてみてください。

>>スピーカーのメーカー比較はコチラ

第1位:パナソニック(Panasonic) / シアターバー SC-HTB175

サウンドバータイプなので設置しやすく、接続のしやすさでも優れているのがこちらの商品です。

シアターバーにしては価格は抑えられているのに2.1chを実現し、セリフを聴き取りやすく再生する「明瞭ボイス」とデュアルドライブサブウーハーによる透明感のある重低音など、音楽や映画における音声もしっかりと聞き取れます。

視聴方向に対して音が出力されるなどスペックとしても高く、お値段以上の品質を持っているとしておすすめの第1位になりました。

現在の価格はコチラ

第2位:ヤマハ(YAMAHA) / YAS-107

5.1ch DolbyDigitalを可能とするワンボディのサウンドバーがこちらになります。バーチャル3DサラウンドであるDTS Virtual:Xに対応し、高音質を実現しています。

またテレビの前に置いても邪魔にならない53mmのスリムなボディも魅力的であり、Bluetooth接続も可能なのでスマホなどの音楽も流せるマルチな商品です。

価格としては第1位より高いですが、これだけ高機能であればコストパフォーマンスも良い商品として第2位になりました。

現在の価格はコチラ

第3位:オンキヨー(ONKYO) / BASE-V60

価格は高めですが、2.1chを構築するホームシアタースピーカーです。サウンドバーに加え、スピーカー2基にウーハー1つを加え、低音までしっかりと強化したセットになっています。

どれもコンパクトにまとまっているため設置性にも優れており、テレビやブルーレイの音楽であってもこれさえあれば全て賄えます。

4K映像にも対応するなど品質としても高い商品として第3位にランクインしました。

現在の価格はコチラ

第4位:ヤマハ(YAMAHA) / YHT-903JP

再びヤマハからトールボーイスピーカーを採用し5.1ch DolbyDigitalを実現したホームシアタースピーカーです。

こちらも4K映像に対応するほどの高性能であり、入力端子も多彩でHDMI端子も当然採用しています。

音質としてはハイレゾ音源にも対応し、5.1chを最大限活かせるセットとなっています。スタイリッシュなデザインも相まって高級感のあるスピーカーとしておすすめです。

現在の価格はコチラ

第5位:ボーズ(Bose) / Solo 5 TV sound system

ボーズから販売しているスリムなサウンドバーです。当然テレビ用に設計されておりスピーチが聞き取りやすくなるダイアログモードを搭載することで、映画のセリフやバラエティなどのトークなども明瞭に聞き取れます。

リモコンはユニバーサル設計になっているので、スピーカーだけでなくテレビやレコーダーまとめて操作できるのも便利です。

サウンドバーとしてはこちらも価格相当の品質が得られる商品としておすすめです。

現在の価格はコチラ

第6位:パナソニック(Panasonic) / DY-SP1

価格は抑えられているのに2.1chスピーカーを構成するのがこちらの商品です。出力としては20Wでやや弱めですが、設置もしやすくハイレゾと4K/HDRパススルーに対応しており高音質を演出してくれます。

Bluetooth接続やHDMI端子での接続が可能なので、便利かつノイズの少ない接続が出来るのもポイントです。

パナソニック製のディーガとの相性が良いため、パナソニックのテレビやレコーダーをご使用の方には特におすすめです。

現在の価格はコチラ

第7位:ソニー(SONY) / HT-RT5

ソニーから販売されているリアル5.1chシステムを採用したワイヤレス接続が可能なシアターコーポネントです。

4Kコンテンツをそのまま4K対応テレビへ伝送できる性能を持ち、自動音場補正機能であるD.C.A.C.DXを搭載するなど高性能な商品です。

サラウンドの最大出力は310Wでウーハー自体も140Wと大出力となっているのもポイントです。価格としては高いですが、品質を求めるのであればおすすめの商品です。

>>ソニーのスピーカーについて詳しくはコチラ

現在の価格はコチラ

第8位:ソニー(SONY) / HT-MT500

同じくソニーから販売されている2.1chホームシアタースピーカーです。バースピーカーとサブウーハーを小型化することで設置性を高め、ハイレゾ対応のサウンドバーでさらに音質を高めています。

サブウーハーは縦横ともに置けるので、状況に応じて設置できるのも魅力です。Bluetoothでの伝送も可能となっているので高性能なスピーカーとしてもおすすめの一品です。

>>ソニーのスピーカーについて詳しくはコチラ

現在の価格はコチラ

第9位:パイオニア(Pioneer) / S-HS100

5.1chサラウンドスピーカーの中ではリーズナブルなのがこちらの商品です。音のタイミングのずれを改善するフェイズコントロールを搭載し、映像とのズレによるストレスを起こさせない設計です。

またパワードサブウーハーと高性能デジタルアンプによって豊かな低音が響き渡るハイパワースピーカーとしても魅力的な商品です。

現在の価格はコチラ

第10位:ソニー(SONY) / HT-ST9

こちらは7.1ch DolbyDigitalを実現した高性能スピーカーです。4Kパススルー対応で4Kテレビとシンプルな接続が可能なサウンドバーに加え、ハイレゾ音源にも対応することで、高音質な音を楽しめます。

またBluetooth経由では従来の3倍もの情報量を伝送できる高音質コーデックも採用するなど、音質においてのこだわりがすごい商品として第10位になりました。

>>ソニーのスピーカーについて詳しくはコチラ

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
徹底解説!スピーカー種類と上手な選び方
スピーカー
選び方
便利!Bluetoothスピーカーおすすめランキング
おすすめ
Bluetooth
高音質!USBスピーカーおすすめランキング
おすすめ
USBスピーカー
高音質!重低音スピーカーおすすめランキング
おすすめ
重低音スピーカー
高音質!PC用スピーカーおすすめランキング
おすすめ
PC用スピーカー