目的に合ったアイテムが見つかる!
ピントルのスピーカー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
徹底解説!スピーカー種類と上手な選び方
スピーカー
選び方
便利!Bluetoothスピーカーおすすめランキング
おすすめ
Bluetooth
高音質!USBスピーカーおすすめランキング
おすすめ
USBスピーカー
高音質!重低音スピーカーおすすめランキング
おすすめ
重低音スピーカー
高音質!PC用スピーカーおすすめランキング
おすすめ
PC用スピーカー

ビーツの音質や評価とおすすめスピーカー

ビーツ

スピーカーを購入するときには音質やスペックを気にされることが多いと思いますが、人の目に触れる以上、デザインにもこだわりたいところです。実際、据え置きであれポータブルであれ、デザインにこだわった商品はいくつも市場に出回っています。

デザインも性能も良いスピーカーとなると選ぶのは大変ですが、メーカーに目を向ければ、そのような商品を選びやすくなります。こちらではそんなスピーカーを製造するビーツの音質や評価とおすすめスピーカーをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ビーツ(Beats)とは?

ビーツ(Beats)とは?

まずはビーツと言うメーカーについて簡単にですが触れておきましょう。ビーツとは正式名称をビーツ・エレクトロニクスというアメリカ合衆国にあるオーディオ機器のブランドになります。

カリフォルニア州に本社を置くメーカーであり、年間総売り上げが15億ドルに達した年もあります。

このブランドは2008年に創業者であるラッパー及びヒップホッププロデューサーのアンドレ“ドクター・ドレー”ヤングとインタースコープ=ゲフィン=A&Mレコード会長のジミー・アイオヴィーンによって設立されてました。

しかし2014年にAppleに買収されたことで、ブランドのみが現在残る形となっています。

後述するスピーカーやヘッドホンのブランドに関してはビーツバイドクタードレー(Beats by Dr. Dre)となっており、特にヘッドホンでは有名なブランドとして名を馳せています。

>>スピーカーのメーカー比較はコチラ

>>スピーカーの種類と選び方について詳しくはコチラ

ビーツのスピーカーの特徴

ビーツのスピーカーの特徴

ビーツはAppleに買収されたこともあり、その商品数は限りなく少なくなっています

取り扱っているのはBluetooth対応スピーカーのみとなっていますが、それでも一部で根強い人気です。

元々ビーツの商品はデザイン的にも洗練されており、おしゃれなポータブルスピーカーという特徴がありますが、最新の商品はさらに細部がブラッシュアップされています。

コーデックはシンプルにSBCとAAC対応していますが、少し前の商品ならapt-Xにも対応するなど、幅広く接続できるのも特徴です。

他にもNFC機能を省略し、Lightning端子を採用するなどApple製品との親和性を高めていますが、型落ちの商品であればNFC機能も付いているという事にもなります。

ただデザインもあり、全体的にシンプルにまとめているという印象です。

ビーツのスピーカーの音の傾向

音の傾向としては低音域が強い音楽であっても、高音域までしっかり聞くことができ、ボリュームが変わっても、低音域と高音域のバランスが崩れることがないまとまりのある音になっているようです。

これは2WAYアクティブクロスオーバーを採用し、従来の1ドライバーでのBluetoothの弱点を補って透明感のある低音と高音を実現しているとのことです。

またユニットにはネオジウムマグネットを使用し、さらに開発には様々なアーティストのアドバイスを受けていることで、この音を生み出しています。

ただ従来品はここまでの性能はないものの、それでも音としてはきれいな音質を楽しむことができます

ビーツのスピーカーの口コミや評価

ビーツは商品数は少ないですが、ファンは多く、購入した方の多くはその出来に満足されているようです。

悪い評価もほとんど見られませんが、惜しい点があったため、そのあたりを中心にそれぞれの意見をご紹介していきます。

良い口コミや評価

まず評価として挙がっていたのはやはりデザインです。シンプルではあるものの、流麗なボディラインでありながら、そこからは想像できないほどパワフルな音が出るという意見も見られました。

バッテリーの持ちも非常に良く使いやすいこともあり、購入して損はないとまで言われるほどの商品でした。

悪い口コミや評価

ポータブルスピーカーとしては室内での持ち運びはそれほど問題ないのですが、外に持ち出すにはやや大きめなのが難だという事です。

またソファや畳などに置くと音が籠って聞き取り辛くなるという声もありましたが、これは置く場所に留意すれば回避できる点だと言うことでした。

ビーツのスピーカーはどんな人におすすめ?

ビーツのスピーカーは最新のものだとApple製品に対応しているため、iPhoneなどで音楽を聴く方にはおすすめの商品です。

またそれ以前のものもデザイン性に優れていることから、音質とデザインを重視する方にもおすすめできます。

スポンサーリンク

ビーツのスピーカーおすすめランキング:TOP3

ビーツのスピーカーおすすめランキング:TOP3

そんなビーツのスピーカーですが、具体的な商品が気になる方もいらっしゃると思います。そこでここからはビーツのスピーカーのおすすめランキングをご紹介していきます。

第1位:ワイヤレススピーカー Pill 2.0

ビーツの中でも人気で評価も高いのがこちらになります。まるで筒のようなデザインではありますが、その設計や機能、音質、どれを取っても高い水準で作られています。

最高音質を実現するために独自で開発したスピーカー・モジュールを採用し、NFC機能とapt-Xに対応することでスピーディーな接続が可能になっています。

またUSB接続によるスマホの充電も可能であり、ペアリングしていれば通話も可能とかなり便利なスピーカーとなっています。

現在の価格はコチラ

第2位:bluetoothスピーカー beatbox portable BT SP BBP

こちらはビーツのスピーカーの中でも少し異色なデザインの商品です。スピーカーの接続にはNFC機能を搭載し、SBC、AAC、Apt-Xのコーデックに対応することで、iPhoneやAndroidとの接続が可能となっています。

外観は耐久性の高い素材を使用し、ウーファーと2つの高域用2インチドライバーを搭載することで迫力のある正確なサウンドを大音量で楽しむことができます。

価格こそ高めですが、耐久力もありコストパフォーマンスも良いことからおすすめの商品です。

現在の価格はコチラ

第3位:Bluetoothスピーカー Pill+

2WAYタイプで、ステレオアクティブ・クロスオーバーシステムを搭載したBluetoothスピーカーです。

ツイーターとウーハーの分離にはレコーディングスタジオで使用される音響機器と同じメカニクスを採用することで高いレベルの音質を実現しています。

専用アプリを使うことで、同じ機器2台を使用してでのステレオ再生や複数端末からの再生も可能と高機能であり、それでも価格としては高すぎないことから第3位にランクインしました。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
徹底解説!スピーカー種類と上手な選び方
スピーカー
選び方
便利!Bluetoothスピーカーおすすめランキング
おすすめ
Bluetooth
高音質!USBスピーカーおすすめランキング
おすすめ
USBスピーカー
高音質!重低音スピーカーおすすめランキング
おすすめ
重低音スピーカー
高音質!PC用スピーカーおすすめランキング
おすすめ
PC用スピーカー