自分に合ったギターが見つかる
ピントルのギター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法

知っておきたいギターの歴史について

ギターの歴史

今や楽器全体の中でも非常にポピュラーな存在となったギターですが、そんなギターの歴史は、弓から始まり原型となったのはBC3700年以前。私たちが知る由もない頃から、ギターと言う楽器は生まれて成長し、今現在の形になっていったとされていますが、知っていましたか?今回はそんなギターの歴史を解りやすく紹介していきます

スポンサーリンク

ギターを含む弦楽器は弓から始まった

ギターを含む弦楽器は弓から始まった

弦楽器のルーツは弓である、というのは現在世界共通の見解です。弓似はった弦を共鳴させる為に、様々な事が繰り返された後、古代の壁画や彫刻等の資料からBC.3700年以前あたりに、ギターに類似する弦楽器が出来ていたとされています。

共鳴箱をならすのか、弦どうしを共鳴させるのか

この時期の弦楽器と言うのは大きく分けて二種類がありました。1つは、弦に木の実等の"共鳴箱"をつけて音を出すタイプの楽器(ピンナムタオ、セレベスの棒琴、グリンバオ、シタール、リュート)。

もう1つは、弦どうしを共鳴させて音を出すタイプの弦楽器(キタラ、ロッタ、クロッタ、ハープ、リラ、等)。ギターと言うのは、これら二つの要素を持ち合わせた楽器であり、BC.3000年頃には、原型となる"串状ネックリュート"が完成。

この画像は紀元前1400-1300あたりのヒッタイト時代、アラジャ・ヒュユク遺跡で見つかった最古のレリーフ

ギターの誕生

ギターの誕生

ギターの原型が完成し、ギリシャ時代には共鳴胴が板で組み立てられたり、接着されたブリッジを持つようになったり、弦楽器は大きく発展しました。しかしそこから1000年程、ギターの発展になるような新しい発見は無く、ヨーロッパへとギターの原型であるリュートが持ち込まれる711年まで、ギター自体の発展に関係する様な出来事は起きませんでした。

ヨーロッパにリュートが伝わる

ムーア人のイベリア半島占領によってリュートがヨーロッパへ伝わり、15世紀になると、パバーンやガリアルド等の舞曲で使用され、15-16世紀における最もポピュラーな楽器となったのです。しかしスペインへと伝わったリュートはそれほど支持されず、ビウエラと呼ばれる楽器へと変化していきました。

ビウエラからギターへ

中世におけるビウエラというのは弦楽器の形態全般を示す言葉で、その中の楽器がヨーロッパで発展し、スペインの舞踊に改良され、現在で言うギターへと進化をしていきました。ギターという言葉がこの世で最も早く登場した文献は、13世紀の"薔薇物語"における『ギターレ』だそうです。

スポンサーリンク

ルネッサンスギターとバロックギターの登場

ルネッサンスギターとバロックギターの登場

16世紀から18世紀にかけてのギターは、ほぼ全てが複弦でした。弦の数も4対だったものが、徐々に5対へと変化していき、4コースギターは"ルネッサンスギター"と呼ばれ、5コースギターは"バロックギター"という名前が付けられました。

6弦で丸いサウンドホールのギターが登場

密度の低い弦しか作れなったため低音用の弦が作れなかったのですが、1700年代後半に巻き弦と呼ばれる技術の発明で、ギターは大きく発展。高密度で重い弦のを作り出す技術により複弦である必要も無くなり、低音を担当する6弦目が加わって、6コース単音弦へと発展しました。

クラシックギターへの発展

クラシックギターへの発展

18世紀末から19世紀にかけてギターは3つの大きな進化を遂げました。ネックと独立した指板(フィンガーボード)が取り付けられるようになり、ここに金属製のフレットが打ち付けられて音色と耐久性が向上。

そして現代と同様のギア式弦巻きが取り付けられた事。さらにボディ内部におけるファンブレーシングの導入により、さらに音量のある楽器へと成長していったのです。

この間にギター奏者達の技術も向上し、偉大なギタリストも出現。"アルペジオ"などのテクニックがうまれたのもこの辺りです。

クラシックギターの完成

19世紀の後半になって、"アントニオ・デ・トーレス・フラド"が、コンサートホールでの演奏に耐えうる音量と音色を持ったギターを開発。これによりクラシックギターは完成し黄金期を迎える事となります。

彼は、ギターの限られた音量を増加させる為に力木構造を工夫し、トルナボスと呼ばれるサウンドホールに取り付ける金属の筒など、様々なアイデアを試行し、ギターの発展に対して力を注ぎました。

そして"フランシスコ・タルレガ"がトーレスのギターを愛用し、他の楽器の発展により人気がなくなっていたギターが再評価され、様々な奏者によって世界中にクラシックギターが広まっていきます

アコースティックギターへの発展

アコースティックギターへの発展

アントニオ・トーレスがクラシックギターを制作したと同時期に、あの有名な"C.F.マーチン"もギターの製作を開始しています。

>>マーチン(Martin)について詳しくはコチラ

マーチンと鉄弦ギター

ドイツで家具職人を営んでいたC.F.マーチンでしたが、ウィーンスタイルのギターを築いた"シュタウファー"に弟子入りし、アメリカに渡って師と同じくブリッジピンの小型ギターを制作。トーレスがクラシックギターを完成させたのと同時期の1850年に、現在でも有名な力木構造であるXブレイシングを完成させました。

この構造は鉄弦ギターとしての強度を得るのに都合の良い物でしたが、実際にマーチンが鉄弦ギターを制作し始めたのは1922年と言われており、アメリカで行われた1915年の万国博覧会によるハワイアンギターの流行や、1918年以降の鉄眼バンジョーによるブルースの発展といった時代に合わせ、徐々にスチール弦のギターを制作したと考えられています。

スチール弦の出現

ヨーロッパではガット弦のギターが発展していきましたが、アメリカではほぼ同時期にスチール弦が発展していきました。これは単に偶然だったとは言いづらく、文化によるものとされています。この時期のアメリカでは生活していく上で鉄線は必需品でした。

そのため生活と鉄線は密接な関係にあり、様々な場所に使われていて、1800年代のアメリカ黒人奴隷達が葉巻の箱に棒(ネック)をとりつけてワイヤーを張って演奏していた"シガーボックスギター"が原型となり、ギターの大音量化を目指してマンドリンのスチール弦に注目し、ラーソンブラザーズが開発したギターが最初と言われています。

アーチドトップギターの出現

1896年にヴァイオリンの制作をしていた"オーヴェル・H・ギブソン"がヴァイオリン制作に使用している削り出しの手法を利用して、表面を曲面にしたアーチドトップギターを制作しました。

>>ギブソン(Gibson)について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

エレクトリックギターの登場

エレクトリックギターの登場

世界で最初のエレキギターといえる"フライングパン"は1931年にリッケンバッカー社が生み出しましたが時期尚早すぎて一般には広まらず、マニアックな層にしか評価されませんでした。

ピックアップが搭載されたエレキギターが登場してからは、いままで音の弱い楽器とされていたギターが汚名を返上し、バンド演奏などでも主要な地位を占める楽器へと変わりました。

ソリッドギターの発展

ホロウボディにピックアップをつけた、今で言うフルアコにはアンプで増幅された音を楽器が拾ってしまいハウリングするという非常に大きな難点があり、ソリッドギターのアイデアが浮上しました。

ギターの内部にある空洞を無くして、一枚板でギターを作るアイデアは、1940年代初頭に既に存在し、1949年に一号機をレオ・フェンダーが制作。後にテレキャスターとして愛されるエスクワイヤーが発売されました。

>>テレキャスタータイプのギターについて詳しくはコチラ

エレキギターの未来

1950年代に様々なアイデアを汲み取りながら化学反応を繰り返し、1960年にはほぼ完成形となったエレクトリックギター。今後、ギターと言う楽器はどのように進化したり変化するのでしょう。

1960年以降と言うのは、プラスチックやグラスファイバーなど、木材以外の素材で作ったギターや、ヘッドの無いギターから、さらには特殊な形のボディなど様々な変化を行ってきましたが、どれも広く支持されるには至らず淘汰されてしまいました。

現在ではノイズを少なくしたり、弦のピッチを合いやすくしたり、さらにはギターを長持ちさせるための塗料が開発されたりと、様々な変化は起きていますが、さらに未来を考えて見ると、もっともっと多くのプレーヤー達が作り上げる楽器としての本当の使いやすさや表現力が具現化されたギターがあるでしょう。

今後エレキギターが向かう場所は、これからエレキギターを演奏し、そして奏者がギターに対して何を求めるかにかかっているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法