自分に合ったギターが見つかる
ピントルのギター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法

ギター初心者向けアンプの選び方

アンプの選び方

ギター初心者の方にとって、ギター選びの次に訪れるのが、どんなアンプを使うかという「アンプ選び」ということになるでしょう。ここでは、ギター初心者の方のためのアンプ選びについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ギター初心者がアンプを選ぶときのポイント

>>知っておきたい!ギターアンプの種類について

ギター初心者が注意するべきアンプの選び方

ギター初心者の方がエレクトリックギター(エレキ)を購入した際に必要になるのが、音を出すためのアンプです。もちろんアンプなしでも練習することは可能と言えますが、アンプをつないだ際の弾き心地であったり上達度合には大きな差があると言えます。

まずは手軽なものでも構わないので、ギターと同時にアンプを購入すべきでしょう。その時にまず気を付けなくてはいけないのが、主にどんな場所でアンプをつないでギターの練習をするのかという点です。

多くのギター初心者の場合は、自宅で小さめの音量でという方がほとんどでしょう。アンプには出力があるのですが、その場合には10W程度で十分と言えるでしょう。これはアンプの出力記載を見れば確認することができるので、購入の際には必ず確認するようにしてください。

まずはアンプを通じて音が出せればそれで良いという場合には、出力は小さめの方が、小さな音で良質な音を実感することが可能なので、小型で安価なアンプを選ぶようにすると良いでしょう。

ギター初心者が自分にあったアンプを選ぶ方法

アンプと一口にいっても様々な種類があり、ご自身にあったアンプを選ぶ必要があります。上記で紹介した、とにかく音が出ればそれで良いというタイプのアンプ以外にも、エフェクターやアンプモデリング機能が備わったものもおすすめです。

デジタル処理を利用することによって、プロのギタリストが出すような音や、有名なアンプの音を再現することができるようなタイプのものがあります。たとえ自宅で小音量で楽しんでいるとしても、多彩な表現力によって、弾いていて、聞いていて気持ちの良い音を体験することができます。

ある程度弾けるようになってきた時には非常におすすめと言えるでしょう。また真空管アンプに興味がある人は、小型の真空管アンプをその選択肢に入れてみるのも良いかもしれません。ギターテクニックが向上すればするほど、真空管の醍醐味を味わうことが可能です。

かならずしも最初から用意する必要はありませんが、そういったものがあるということを知っておくだけでも、ギターの楽しみを増やすことができる材料となるのでおすすめと言えるでしょう。

ギター初心者がアンプ選びに迷った時は

ギター初心者最初の一台におすすめアンプ


【VOX Pathfinder 10】の詳細はコチラ

【VOX Pathfinder 10】の特徴

自宅練習用に最適な10Wのアンプです。レコーディングやライブでも使用可能な出力は確保しており、様々な場面で対応が可能なアンプということが言えるでしょう。ギター初心者最初の一台目のアンプにおすすめです。

ギター初心者におすすめのモデリングアンプ


【VOX 真空管回路搭載 MAX30W ギター・アンプ Valvetronix VT-20+】の詳細はコチラ

【VOX 真空管回路搭載 MAX30W ギター・アンプ Valvetronix VT-20+】の特徴

真空管を搭載したタイプのアンプです。実に33種類のバリエーションを持ち、豊富なエフェクトを持ちます。有名ギタリストにのサウンドシュミレートが多数搭載されており、非常に人気の高いアンプということが言えるでしょう。

初心者の方であっても、これを用意しておきさえすれば、かなり長く使うことが出来ると言えるので、絶対にギターを長く続けるという方は、最初からこのアンプを用意しておけば、ギター上達にも大いに貢献してくれるアンプとなることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法