自分に合ったギターが見つかる
ピントルのギター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法

人気ブランド【テイラー(Taylor)】のギターについて

テイラー(Taylor)

ギターへの情熱とプレイヤー目線のギター作りが好評な人気ブランドのテイラー(Taylor)。高価なギターですが、それに見合ったハイクオリティな完成度で人気を獲得しています。そんな人気ブランドであるテイラー(Taylor)のギターについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ギター人気ブランド【テイラー(Taylor)】とは?

ギター人気ブランド【テイラー(Taylor)】の歴史

名実共にトップブランドへと成長した今人気のギターブランドであるテイラー(Taylor)は、ギターブランドの歴史としては比較的浅く、1974年にアメリカのカルフォルニア州で誕生。他のギターブランドと比べると新しいブランドですが、本国での人気は最高潮であり、マーチン(Martin)やギブソン(Gibson)と並び人気3大ギターブランドとして知られています。

>>人気ブランド【マーチン(Martin)】のギターについて

>>人気ブランド【ギブソン(Gibson)】のギターについて

2003年には独自開発した次世代のピックアップシステムであるExpression Systemによって、テイラー(Taylor)のギターは大音量や激しい演奏でも生音のニュアンスを失う事無く、アンプに繋いでも一切歪まないギターサウンドを生み出せると人気を獲得しました。ギタープレイヤー達が"使える"ギターを生み出す心意気が原動力のブランドなのです。

>>アコースティックギターの種類について

ギター人気ブランド【テイラー(Taylor)】の魅力

テイラー(Taylor)のギターが持つ最大の魅力は生のギター音にあると言えます。このギターブランドの社長が掲げる「今作ろうとしているギターは1年前より良い物か?」という自問ともいえるギター作りの基本に忠実な熱意に溢れるコンセプトが素晴らしく、様々な面で革新性を感じる事の出来る所がテイラー(Taylor)のギターの持つ魅力と言えます。

他のブランドには無い圧倒的なメンテナンスのし易さと、耐久性を重視したギターの作り、あえてボルトオンネックにしたギターや、NTネックシステム(ニューテクノロジーネック)による0.1mmから弦高やネックの角度を微調整できる機能を搭載したギターなど。

とにかく、現場でギターを使用する事を徹底的に追及した作りがブランドの人気を勝ち取り、生音へのコダワリを含めてギターの中級者や上級者から非常に高い支持を獲得しています。

>>初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方

【テイラー(Taylor)】で最も人気なギター

Taylor / 314ce NAT

テイラー(Taylor)の人気ギター【Taylor / 314ce NAT】とは

リーズナブルな価格と卓越した高品質で、どこの楽器屋も初心者にお勧めする300シリーズ。なかでもテイラー(Taylor)の314CEは扱い易いギターをエレアコ仕様にした人気のモデル。

ヘッドジョイントには、ネック折れのしにくいスカーフジョイント仕様になっていて、フレット部分の加工も他のギターとは別格の素材の良さが感じられる絶品ギターです。

スポンサーリンク

ギター人気ブランド【テイラー(Taylor)】の特徴

テイラー(Taylor)のギターには独特のモデルナンバー表記が用いられます。例えば【314CE-ES】と言うモデルがあったとしましょう。

1行目の『3』は以下で説明するテイラー(Taylor)ギターのシリーズごとの品番です。2行目の『1』は6弦か12弦かを意味していて"1"は6弦、"5"は12弦のギターを意味します。3行目の『4』はナンバーごとのギターのシェイプの形を表しています。

【テイラー(Taylor)】の人気ギター"300シリーズ"の特徴4行目の『C』はカッタウェイ(Cuta Way)モデルの意味で、ギターのツノを表しています。5行目の『E』はPU付きのエレクトロニクス(Electronics)つまりエレアコである事を表します。末尾の『ES』はギターの中でも最新のExpression Systemを搭載したモデルに付きます。

テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『3』なら300シリーズです。同ブランドの中でも、リーズナブルかつ明るく抜けの良いマホガニー材を使用する事で、テイラー(Taylor)の魅力を手軽に味わえる初心者にもおすすめのギターシリーズです。


>>Taylor/300シリーズのラインナップはコチラ

【テイラー(Taylor)】の人気ギター"400シリーズ"の特徴

テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『4』なら400シリーズです。ローズウッドに近いオヴァンコール材を使用し、深みのある中低音とハリのある高音を出し、高級ギターにも劣らない性能を低価格で実現したテイラー(Taylor)の人気ギターです。


>>Taylor/400シリーズのラインナップはコチラ

【テイラー(Taylor)】の人気ギター"500シリーズ"の特徴

テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『5』なら500シリーズです。バランスの取れたサウンドと、フィンガーピッカーも納得の生音感が魅力的なギターで、テイラー(Taylor)のシリーズの中でも最も代表的かつ人気の高い一級品です。


>>Taylor/500シリーズのラインナップはコチラ

【テイラー(Taylor)】の人気ギター"600シリーズ"の特徴

テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『6』なら600シリーズです。ステージでも映える美しいフレイムメイプルに、パンチの効いた音色が特徴のモデルで、プロにも愛用者の多いテイラー(Taylor)の高級シリーズの人気ギターです。

>>Taylor/600シリーズのラインナップはコチラ

【テイラー(Taylor)】の人気ギター"800シリーズ"の特徴

テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『8』なら800シリーズです。シトカ・スプールスにインディアン・ローズウッドを組み合わせた大人気ギターであり、コダワリ派の人をも唸らす幅広いジャンルに対応可能なテイラー(Taylor)の名作ギターです。


>>Taylor/800シリーズのラインナップはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法