自分に合ったギターが見つかる
ピントルのギター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法

ギター初心者向けシールドの選び方

シールドの選び方

ギターのシールドというのは、ギターとアンプやエフェクターといった機材を繋ぐケーブルで、非常に多くのブランドから様々な種類が販売されていてギター初心者は迷ってしまいがち。そこで今回は、ギター初心者向けシールドの選び方について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ギター初心者がシールドを選ぶときのポイント

ギターに使用されるシールドの本質といえば、ギターから他の機器へ信号を伝える電線であり、理想的なギターシールドというのはギターの弦の振動を拾ったピックアップからの電気信号を全く劣化させる事なくアンプエフェクターに伝える事が出来るシールドと言えるでしょう。

電気配線で最もクオリティが高いものとして想像し易いのは電信柱の電線かもしれませんが、あれですら熱としてエネルギーを消費していて、完全な状態で送電するのは不可能なように、ギターの音色の劣化も、完全に防ぐ事のできるシールドというのは存在しないのです。

そのため、ギターシールドでは線の太さや金属の種類など様々な要素で個性が出てきます。

ギター初心者が注意するべきシールドの選び方

ギターシールドを選ぶ際に覚えておきたい音楽の原理とも言える注意点としては、『高音は損失されて消滅しやすく、低音は保存されたまま伝わり易い」と言う事です。例えば大音量で音楽をかけている車が道を走っていたとしても聞こえるには低音域です。

このように音には伝わり方の性質があり、それはシールドに置いても同じ事が言えます。そのため、安価な物であれば音が霞んでしまうため、ある程度の品質のシールドが必要です。

ギターシールドの本数の選び方

ギター初心者がシールドを選ぶ際に注意しなければいけないポイントは本数です。ギターからアンプへと直接シールドを接続するのであれば、シールドは一本で良いですが、エフェクターなどの機器を間に挟む場合は、その数だけシールドの本数が必要となります。今は必要なくとも、おいおい必要本数が増えるため計画的に考えなければ出費がかさみます。

ギターシールドの長さの選び方

音に影響のでやすいギターシールドを初心者が選ぶ時に失敗してしまいがちなポイントは、自宅での練習用だからといって3m程度のシールドを買ってしまい後で後悔するパターンです。もちろん、部屋の中で練習するだけであれば3mあれば十分で何不自由なく演奏ができます。

しかしちょっとしたライブ等に出る際は、最低でも5m以上はシールドの長さが必要となり、いつもと違うシールドで音の質感が変わってしまって違和感を感じる事にも繋がります。また、長いシールドは音の劣化も激しくなる為、あまり安物は選ばないのも大切です。

ギターシールドの端子の選び方

ギターシールド

ギターのシールドには末端の接続端末に様々な形が存在しています。定番は、シールドの末端が真っすぐになったS型端子直角に折れたL型端子です。シールドの価格はS型端子の方が低価格で、L型端子の方が数百円程度高価になります。

しかしS型端子には負担がかかり易いため断線しやすいという特徴がある事に注意です。そのため、アンプ側のシールド端子はL型にしておくと言うのが正しい選び方です。

ギター初心者が自分にあったシールドを選ぶ方法

ギターやアンプへの投資は惜しまないのに、シールドは安価な物を選ぶ人が多く居ます。しかし、シールドによって失われた音は、アンプやエフェクターで増幅ができません。低品位のシールドの場合、絶縁が不十分なのでギターの音に張りがなくなってしまうのです。

しかし例外的に、重低音を重視した音作りが必要なジャンルでのギター演奏の場合は、意図的に高音をカットすることで低音を強調させられるシールドを選ぶ事もあります。ですが、初心者の場合はまず、高音がカットされない高品位のシールドを選びましょう。

>>初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方

>>ギター初心者向けアンプの選び方

>>ギター初心者向けエフェクターの選び方

ギター初心者がシールド選びに迷った時は

ギター初心者におすすめの国産シールド【CANARE】

【CANARE:PROFESSIONAL CABLE】

>>CANARE/PROFESSIONAL CABLEの現在の価格はコチラ

【CANARE:PROFESSIONAL CABLE】の特徴

国内のプロフェッショナル向けオーディオ機器のブランドCANAREのシールドで、高品質ながらリーズナブルな価格が人気で初心者ギタリストの定番となっています。非常に耐久性が高く、多くのギタリストが愛用している名門国産シールドです。

コダワリのあるギター初心者におすすめのシールド【EX-Pro】

【EX-Pro:FA】

>>EX-Pro/FAの現在の価格はコチラ

【EX-Pro:FA】の特徴

ワイヤレスシールドで人気を獲得したブランドで様々な研究開発しています。そこで培ったノウハウを有線のシールドに施す事で、今やトップブランドへと成長。なかでもFAタイプと呼ばれる超高級仕様のギターシールドは是非使って頂きたい逸品。

実用重視なギター初心者におすすめのシールド【Providence】

【Providence:S101】

>>Providence/S101の現在の価格はコチラ

【Providence:S101】の特徴

独自の実用性とアイディアを軸に様々な研究開発を行っているシールドの人気ブランドで、他のシールドと比べるとノイズが非常に少なく、リアルで迫力のあるサウンドが特徴。高級仕様であるS101が特に人気で、初心者からの支持も厚い定番シールドです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初心者向けエレクトリックギター(エレキ)の選び方
エレキギター
選び方
初心者向けアコースティックギター(アコギ)の選び方
アコギ
選び方
日頃から行いたいギターの手入れメンテナンスについて
覚えておきたい
メンテナンス
ギターのストラップの付け方
ストラップ
付け方
ギターの保管方法について
知っておきたい
保管方法