相性の良いマイクが見つかる!
ピントルのマイク専門ページ

よく読まれるページはコチラ
コンデンサー?ダイナミック?ボーカルマイクの選び方
ボーカルマイク
選び方
ダイナミックマイクのメリットやデメリットと使用用途
ダイナミックマイク
特徴
高品質!人気のダイナミックマイクのおすすめランキング
おすすめ
ダイナミックマイク
必見!人気のコンデンサーマイクのおすすめランキング
おすすめ
コンデンサーマイク
失敗しない!人気のマイクスタンドのおすすめランキング
おすすめ
マイクスタンド

必見!人気のコンデンサーマイクおすすめランキング

コンデンサーマイクというと高音質で値段が高く素人レベルには手が出せないイメージがありますよね。しかし最近は、お手頃価格のコンデンサーマイクがたくさん発売されています。

もちろん求めている音質のレベルや用途によって、価格帯はピンキリですが、モノによっては数千円で購入できるコンデンサーマイクがあります。しかもその品質は劣るどころか、コスパ的に考えて最強と評価されるほど優秀な事も。

ここでは、比較的購入しやすい価格のおすすめコンデンサーマイクをご紹介しています。高値の花だと諦めていたコンデンサーマイク購入の第一歩として、ぜひ役立ててください。

>>コンデンサーマイクについて詳しくはコチラ

>>ボーカルマイクの選び方について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第1位:SONY(ソニー) / ECM-PCV80U

現在の価格はコチラ

第1位は、みなさんご存知の世界的メーカーSONYから、ECM-PCV80Uがランクイン。

お手頃価格でありながら安定した音質を保つ優等生です。付属のAudio Boxを経由したUSB接続が可能なので、PCはもちろんプレイステーション4などのゲーム機器との相性も抜群。ニコ生配信やカラオケゲームなどで愛用するユーザーが多いようです。

性能と価格のバランスの良さが光るマイクです。コスパ、性能、人気を考慮したうえで文句なしのトップに輝きました。

第2位:パナソニック(Panasonic) / WX-4100B

現在の価格はコチラ

スピーチに特化した性能と故障の少なさから大きな信頼を得ており、軽量化にも成功しているおかげで、長時間使っていても手首への負担が少ないと評判のマイクです。

単3乾電池1本でおよそ10時間以上の連続使用が可能という自然にも経済的にも優しい設計です。また、別売りの専用充電池パックを使えばワイヤレスマイクとしても活用できます。

多くの学校や公共施設などで愛用されているロングセラー商品のひとつということで、第2位にランクインとしました。

スポンサーリンク

第3位:TOA(トーア) / WM-1220

現在の価格はコチラ

WM-1220はイベントのMC施設のアナウンスなどに多く選ばれているワイヤレスマイクです。

任意の周波数をスイッチひとつで設定でき、同じ会場内で多チャンネル使用をする際はチャンネルを切り替えるだけで混信をほぼ避けられます。また設定によっては最大30チャンネルまでの同時使用も可能です。

大きなイベントには欠かせない定番マイクということで第3位に選ばれました。

第4位:SONY(ソニー) / ECM-PCV40

現在の価格はコチラ

基本性能は第1位のECM-PCV80Uと同様で、PCやゲーム機に接続した使用に適しています。

マイク本体とケーブルのみという最低限の内容なので「そこそこの性能があればいい、余計な付属品はいらない!」という人が購入しているようです。

それなりの品質のマイクを安価で購入できるという点を考慮して、第4位にランクインです。

第5位:audio technica (オーディオテクニカ) / AT2035

現在の価格はコチラ

新開発のダブルウェーブダイアフラムを搭載し、シャープでありながら重量感のある音質が印象的なマイクです。レコーディングはもちろん自宅録音でも活躍します。

素直でナチュラルな音の録音が得意です。耐久性、音質、価格のバランスの良さが高く評価されています。

スポンサーリンク

第6位:MXL (エムエックスエル) / MXL770

現在の価格はコチラ

収音性が高く、素直で優しい音質が特徴のマイクです。

感度の調節ができるパッドスイッチで音割れを回避し、さらにローカットスイッチを使えばノイズカットも可能なので、ボーカリストからの支持を受けています。

高級感のある外観やわらかな音質、さらに経済的と言えるレベルの価格で人気を博していることから第6位にランクインです。

第7位:audio technica (オーディオテクニカ)  / AT4040

現在の価格はコチラ

大口径ダイアフラムを搭載した本格的なコンデンサーマイクです。レコーディングやライブなど様々なシーンで愛用されています。

クセのないフラットな録音に長けており、ナチュラルな音質を求めるユーザーからの人気を得ています。ボーカルだけでなくピアノやギターなどのアコースティックサウンドの録音にも最適です。

値段相応の性能が評判のマイクではありますが、それなりに高価格ではあるため第7位に選びました。

第8位:RODE (ロード) / NT1-A

現在の価格はコチラ

アマチュアからプロフェッショナルまで、多くの層に愛用されている定番マイクのひとつです。

ヌケ感のある音質が人気で、高音はやや刺激的なニュアンスを持ちます。ボーカルはもちろん楽器にも適しており、高級感のある外観も好評です。

「NT1シリーズじゃないと考えられない」というほど熱心なファンが存在する一方、ややクセのある音質は好みが別れるため第8位に選出しました。

スポンサーリンク

第9位:SAMSON (サムソン) / C05

現在の価格はコチラ

安価でありながらクッキリとしたノビの良い音質が好評のマイクです。ファンタム電源が使えて、なおかつコンデンサーマイクを試してみたいという人におすすめでしょう。

コスパは抜群ですが、ボディ部の塗装が経年とともにベタつくという残念な声もあるため、第9位に甘んじました。

第10位:audio technica (オーディオテクニカ) / ATM35

現在の価格はコチラ

ここまではボーカル用マイクのランクインが目立ったため、最後は趣向を変えて楽器用マイクからご紹介しましょう。

ATM35はサックスやトランペットのような管楽器の他、アコーディオンバイオリンなどにもおすすめできる楽器用マイクです。なかには三味線演奏時に愛用しているという人もいます。

用途が楽器メインと限られること、また当然ながら高価格であることから第10位としましたが、性能はピカイチなので楽器用マイクを探している方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
コンデンサー?ダイナミック?ボーカルマイクの選び方
ボーカルマイク
選び方
ダイナミックマイクのメリットやデメリットと使用用途
ダイナミックマイク
特徴
高品質!人気のダイナミックマイクのおすすめランキング
おすすめ
ダイナミックマイク
必見!人気のコンデンサーマイクのおすすめランキング
おすすめ
コンデンサーマイク
失敗しない!人気のマイクスタンドのおすすめランキング
おすすめ
マイクスタンド