【無理】優柔不断な人におすすめなクロスバイクランキング

優柔不断な人 クロスバイク

クロスバイクを買う決心はついたのに、数ある中から選ぶなんて無理!決めるのに1週間はかかりそう!

いえいえ、あなたが選んでいたら、決まる頃には寿命がきてしまいますよ。ですから、そんなあなたのお手伝いをするべく、優柔不断な人におすすめなクロスバイクランキングを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

優柔不断な人におすすめなクロスバイクランキング

  • 第3位:ANIMATO / VIENTO ホワイト
  • 第2位:LOUIS GARNEAU / 16’LGS-TR LITE E
  • 第1位:FUJI / STROLL 内装3段変速

3位:ANIMATO / VIENTO ホワイト

現在の価格はコチラ

クロスバイクを買った事を友達に報告する場合、例えばビアンキだったら定番のチェレステカラーと説明するとします。

自転車を知っている人だったらビアンキのチェレステね!なんて具合に会話もスムーズに運ぶ事でしょう。ところがチェレステカラーを知らなかったら?

「どんな色?」「えっと・・青緑」「えっ!アオミドロ?」「いや、青に緑を混ぜたような・・青に緑を混ぜて白でパステルカラーっぽく・・青と緑だったらどっちかって言うと青が強くて。うーんと、分かりやすく言えば水色に・・」

「分かりにくいわっ!」

説明下手な優柔不断のあなたにクロスバイクの色を説明するのは、もはやクララが立つより難しい事です。

アニマートより、真っ白のクロスバイクはいかがでしょうか?チェーンまで白にこだわっています。ここまで全体を白くしたクロスバイクも珍しいかと思いますが、どうでしょう。

真っ白いクロスバイクで、説明もしやすくなること間違いなしです!

2位:LOUIS GARNEAU / 16’LGS-TR LITE E

現在の価格はコチラ

黄色信号のジレンマ、みなさんも経験がおありですよね。特に優柔不断な方は何倍もジレンマを感じながら走行しているはず。

ルイガノより、強い制動力を誇る油圧式ディスクブレーキを搭載した、こちらのクロスバイクはどうでしょう?

油圧式ディスクブレーキは一般的なリムブレーキと比較し、同じ握力で何倍ものストッピングパワーが得られます。しかも、雨や泥などの影響を受けにくいのです。

ルイガノらしいお洒落な外観で、街乗りには持って来いですね。

信号が黄色に変わった瞬間、「おっ!間に合いそう♪あれ?ギリ間に合わないかも・・でも行こうと思えば行けるか!・・いや、信号無視になっちゃうんじゃないのこれ。ど、どうする俺!行くの!行かないの!」

という押し問答が毎回繰り広げられる優柔不断なあなた。やっぱり行けなーい!という時にも、この油圧式ディスクブレーキさえあれば、ピタッと止まることが可能です。

もう怖いもの無しですよ。

1位:FUJI / STROLL 内装3段変速

現在の価格はコチラ

今自分が選んでいるギアは正解なのか?実は15速より16速で走る方が適しているんじゃないのか。いや、16速より14速が正しいのかも・・・。

多いものでは30段の変速付きクロスバイクもありますが、優柔不断のあなたにとっては宝の持ち腐れでしかありません。それどころか常にあなたを惑わせ翻弄し、冷静な判断力を奪ってしまう魔性の女そのもの。

魔性の女ギア美の扱いにばかり気をとられていたら、とんでもない大事故に繋がるかも知れません。

日本が誇る自転車ブランド、フジより、内装3段変速を搭載しスタイリッシュなヨーロピアンテイストに仕上げたクロスバイクの登場です。

内装変速は停止した状態でのギアチェンジが可能であり、基本メンテナンスフリー、外装変速よりもトラブルが少ないです。

「軽・中・重」の3段変速なので、微妙なさじ加減は無理ですが、そのさじ加減で取り越し苦労をしてしまう優柔不断な方にはうってつけと言う訳ですね。

クロスバイクの事をもっと知りたい人は、ピントルのクロスバイク専門ページへ!
>>クロスバイク専門ページはコチラ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る