【勝手に!】佐藤さんにおすすめなテントランキング

佐藤さん テント

「キャンプをしてみたいけど、テントの設営って大変でしょ?」と、不安でいっぱいの佐藤さんですが、誰でも最初は同じ気持ちでしたし、佐藤さんよりも不器用なキャンパーはたくさんいらっしゃいます。

そこで、超簡単に設営可能、キャンプデビュー直前の佐藤さんにおすすめなテントランキングをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐藤さんにおすすめなテントランキング

  • 第3位:DOPPELGANGER / T5-206
  • 第2位:FASTCAMP / Mega 5Persons
  • 第1位:Heimplanet / The Cave Tent

3位:DOPPELGANGER / T5-206

現在の価格はコチラ

骨組みとインナーシートが一体化している優れものです。袋から出した後は、広げて頂部にある連結部分を挟むように広げるだけで設営が可能です。

佐藤という苗字のごとく、テントの中でも最もベーシックなスタイルです。テント界の佐藤と言っても過言ではないこのテントでデビューしてみませんか?

構造が単純なため、無理に広げようとすると、骨組みが折れてしまい、せっかくのキャンプが台無しになってしまうので、無理な方向に広げないよう注意してください。

広げたら、インナーシート頂部にあるフックを、骨組みに引っかけるだけです。

窓部分が蚊帳になっているので、テント内部が丸見えですし、急な雨が降った場合は、テント内部がずぶ濡れになってしまいますので、必ずフライシートを付けてください。

真夏はテント内部が暑くなりがちですが、前後のドアも蚊帳にもなりますので、虫の心配もなく、開閉して温度調整が可能です。

2位:FASTCAMP / Mega 5Persons

現在の価格はコチラ

袋から出して放り投げるだけで設営完了してしまうテントです。

袋から出してたった2秒で設営完了も夢ではありませんが、周囲に人や物が無いか確認することが必要ですし、しっかりと押さえた状態で袋から取り出さないと、不意にテントが開いてしまい、痛い思いをする可能性がありますので注意してください。

キャンプ場に到着するや否や、みんながテント設営で四苦八苦しているところに、颯爽と現れて一瞬で設営を完了すれば、どこにでもいる佐藤からテント設営の佐藤へとクラスチェンジも可能です。

このテントは、全ての面をあけることが可能なので、開放的な空間を楽しむことも出来ます。キャノピーが前後面についているので、別売りポールを購入すれば、雨宿りの場所に困ることもありません。

着替え時や就寝時は、全ての面をフルクローズ状態に出来るので、プライバシーもしっかりと守ることが出来ます。タープテントとしての使用も可能で、ポール製のテントを購入した際には、タープテントとしても使っていけます。

慣れるまでは収納にとても時間がかかってしまうことも多いので、説明書をきちんと保管しておいてください。

1位:Heimplanet / The Cave Tent

現在の価格はコチラ

広げて空気を入れるだけで設営完了するタイプのテントです。別途フライシートを使う必要もありませんので、どんな場所でも手軽に設営できます。

設営だけではなく、撤収作業も空気を抜くだけでとても簡単ですし、空気を抜いている間に他の撤収作業が出来ますので、テントだけに時間を取ってしまうこともありません。

どうしても撤収に時間のない場合、ある程度の空気を抜いて、そのまま車に積み込んでしまえば、自宅でキャンプの余韻に浸りながら、ゆっくりと後片付けをすることも可能です。

そして何と言っても斬新なフォルムで、実験施設のような、宇宙船が降り立ったような雰囲気を醸し出してくれますし、自分のテントを見つけやすいのも特徴の一つです。

お前のテントは佐藤の名に恥じないぐらい普遍的で見つけづらいな!」なんて嫌味を言われることもありません。なんなら大きく「佐藤」とテントに書いておきましょう。

テントの事をもっと知りたい人は、ピントルのテント専門ページへ!
>>テント専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る